FC2ブログ

欧米のマンションは「永遠の資産」



[1175-20200609]
欧米のマンションは「永遠の資産」

欧米の場合、マンションは「永遠の資産」という発想が前提にあり、パリ、ロンドン、ニューヨークなどでは50年前に建ったマンションが今でも高い値段で売買されています。同じ地域でも新築マンションのほうが高いとは限らない。たとえば、マンハッタンのセントラルパークに面したエリアのマンションは大半が築50年以上だが、1戸2億~5億円から値下がりする気配がない。「永遠の資産」だから、欧米のマンションは室内を大改装するのが当たり前で外観は古くても部屋の中は非常にモダンでピカピカになっています。日本もマンションに対する考え方を変える必要がありますね。築年数の経過に伴う銀行融資の担保評価の減少が日本ではマンションが永遠の資産にならない原因です。スクラップアンドビルド一辺倒からリノベーションへシフト転換しなければなりません。


The apartments of Europe and America are everlasting assets.

In the case of Europe and America, in an idea that apartments are everlasting assets, apartments built 50 years ago are still bought and sold at a high price in Paris, London, New York. A new apartment may not be more expensive in the same area either. For example, in the apartments of the area facing Central Park of Manhattan most of more than 50 years old, there is no sign dropping in one price from 200 million to 500 million yen. Because it is everlasting asset, in the European and American apartment, it is natural to redecorate the room very much. Even if the appearance is old, it is very modern and shiny in the room. It is necessary for Japan to change the way of thinking for the apartment. The decrease in security evaluation of the bank loan with the progress of the age is the cause that apartments don't become everlasting assets in Japan. We have to shift from scrap and build complete devotion to a renovation.


DSC_0606.jpg
大阪中之島 Osaka Nakanoshima
20200515撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック