FC2ブログ

不動産トレンド1146-1150



[1150-20190717]
壁面走行ロボットによる外壁点検システム
壁面走行ロボットによる外壁点検システムは、点検ロボットが打診やカメラ撮影などでタイルの剥離やクラックなどを診断する。劣化位置などのデータを劣化状況図といった方法でパソコンに表示する。計測データは改修履歴とともに蓄積でき、長期的な建物の維持管理計画に活用できる。


20190717-1.jpg
北京大学 【中国】



[1149-20190716]
地域の幸福度
地域の幸福度や住みやすさは、経済規模、所得水準、雇用状況、歳出規模等経済的な魅力だけではなく、自然環境、地域のつながり・絆、教育、文化・教養、安心・安全等非経済的な魅力の両面から評価される。


Local level of well-being
Local level of well-being making life pleasant is evaluated not only by the economic charm that is to say economic scale , income level, job situation, annual expenditure scale and so on but also by non-economic charm that is to say natural environments, local connection, bond, education, culture, relief, security and so on both.


20190716-1.jpg
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE) 【UK】



[1148-20190613]
固定電話を持つことのリスク
どの家庭にも必ず1台はあった固定電話が、今や危険な存在となりつつある。携帯電話へのシフトが進み、若年層の間では固定電話を持たない人が増えてきたことで、固定電話に加入していることは高齢者であることと同義になりつつある。固定電話の加入者は、強引な勧誘の電話や振り込め詐欺などの格好のターゲットとなっている。

☞迷惑な話ですが留守録をうまく活用するしかないですね。



[1147-20190613]
3極化する不動産トレンド
これからの不動産トレンドは大きく3極化するという予測があります。マンションの価値を維持または上昇する物件は、上位10~15%のみ。徐々に価値を下げるものが70%、無価値またはマイナス価値になるものが15~20%となるという予測です。物件が駅に近ければ近いほど、不動産価値の下落は抑えられ逆に駅から遠い物件は、速いスピードでとことん弱くなっていくとういう警鐘もあります。

Real estate trend becoming 3 poles
There is a prediction to greatly become 3 poles in real estate trend in the future. In regard to the value of apartment, it's in 10-15% higher to maintain or rise, in 70% to lower the price steadily and in 15-20% to become valueless or negative value.
If an article is near the station, the fall of the real estate value is suppressed so as to be near. On the contrary, there is the alarm bell that the far-off article from the station falls earlier and becomes weak thoroughly.


.20190613-1.jpg
トロント大学 【カナダ】



[1146-20190613]
大規模修繕に関して
"大規模修繕"という言葉に惑わされ、本来かかる金額以上の高い工事費を支払う必要はない。実際に行われている工事は、ひび割れ補修やタイルの張り替え、外壁の塗り替えや防水工事など、建物の表面的な工事で、決して建物の寿命自体を大きく延ばすような工事ではありません。不要不急な工事を仕分けし優先順位を付けて、よりコストパフォーマンスの高い工事を行う事が重要である。無駄な工事は、不動産管理上のキャッシュフローを圧迫するというリスクにつながる。

About large-scale repair

Being confused by the word"large-scale repair", you do not have to pay high construction costs more than such an amount of money to originally take. Construction carried out is not at all actually the construction that greatly postpones life itself of the building by crazing repair and the washing and stretching of the tile, the superficial construction of the building including a complete change of the outer wall and the waterproofing construction. Assorting the non-pivot and non-rapid constructions and prioritizing them, it is important to perform more cost-effective construction. This is because the useless construction leads to a risk to suppress cashflow in the real estate management.


20190613.jpg
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) 【USA】

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック