FC2ブログ

岡山の神社仏閣



志呂神社 (しろ)

20130526-6.jpg

京尾の御供は県無形民俗 社伝によれば和銅6(713)年、弓削の郷27ヶ村の総氏神として祀られたという古社。総欅造りの本殿は、細部まで入念な彫刻が施された神社建築。秋の大祭には、京尾地区の氏子から供献花される神饌(しんせん)行事で「京尾御供」と呼ぶ。米の粉で作る「フト」、「マガリ」と、餅で作る「丁銀」、それに米飯、柚子、箸が7台の三宝に盛られて供えられる。「御供」は県の重要無形文化財に指定されている。

所在地:岡山市建部町下神目1834


最上稲荷 (さいじょういなり)

20130526-7.jpg

桓武天皇が報恩大師のため堂宇建立を発願、建立され最上稲荷の基となった。日本三大稲荷をされる。

所在地:岡山市北区高松稲荷712


安養寺

20130526-8.jpg

南北朝時代の建武の兵乱により数十の伽藍は灰燼に帰したが,毘沙門堂だけが残った。このとき残った木造毘沙門天立像や木造吉祥天立像などは国指定重文となっている。裏山の経塚から出土した瓦経や土製宝塔も国指定重文である。

所在地:岡山県倉敷市浅原1573


本山寺

20130527-3.jpg

本堂・三重塔・舎利塔・建武2年の在銘の宝篋印塔は国重文
霊廟・長屋・仁王門・応永6年在銘の宝篋印塔は県重文
本山寺は天台宗に属し、役の小角の開基した霊場といわれ、この本堂は南北朝初期の優れた堂建築の代表的なもの。1350(観応元)年に建立され、石積の基壇の上に南面して立ち、総体的には木割が太く、屋根の曲線が軽快で力感を備えた風格を示している。本山寺に、久米南町誕生時の漆間時国(うるまときくに)夫妻が参籠し、願いかなって勢至丸(法然上人)が生まれたことで有名である。

所在地:岡山県久米郡美咲町定宗403


静円寺多宝塔

20130527-6.jpg

県重文
小型の塔であるが,多宝塔としては県下で2番目に古いものである。三間多宝塔で本瓦葺。初層の頭長押から下は寛永年間(1624~44)、それ以外は1690(元禄3)年に再建されたものである。

所在地:岡山県瀬戸内市邑久町本庄


テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック