FC2ブログ

不動産トレンド771-775&近代建築物(秋田県)

[775-20110727]
緑のカーテン
都市緑化機構は、夏の節電対策として注目されている「緑のカーテン」を普及させようと、その魅力や育成法などを紹介する「エコモニター講座」を開催しております。緑のカーテンは、つる性の植物で建物の壁や窓を覆い、夏の強い日差しをさえぎることで、室内の温度上昇が緩和される。冷房の使用を減らすこともできるため、節電対策としての効果も期待されています。私は毎夏クーラーなしで過ごしておりますが(夏には強いが冬には弱い・・・)、個人的には、この夏からゴーヤで緑のカーテンを育て扇風機・水打ち・水浴びと風鈴で暑いですが結構健康的に過ごしております。熱中症もいけませんが、冷房で体を冷やしすぎるのも健康によろしくありません。
20110723.jpg
◆旧千屋小学校本堂分校
K761


[774-20110727]
東京都港区で高層マンション・ビル建築、木材利用を義務付け
東京都港区は区内の大規模施設に一定量の木材の利用を義務付ける制度を10月に始める。高層マンションやオフィスビル、公共施設が対象。木材利用を促すと同時に二酸化炭素(CO2)削減につなげる意図があるようです。
10月1日以降に建築申請を提出する建物が対象。延べ床面積5千平方メートル以上の建物について、1平方メートルにつき0.001立方メートルの木材を建物の構造、内装、家具などに使うよう求めるようです。新建材ではなく天然の木材で内装を仕上げると波動的にも健康にもよろしいでしょうね。
◆旧大島商会店舗
K762


[773-20110727]
特定地域制度

優良な民間都市開発事業に税制優遇などを集中的に実施する、特定都市再生緊急整備地域(特定地域)制度を盛り込んだ都市再生特別措置改正法が、7月25日に施行されます。大都市の国際競争力強化が目的。国土交通省によると特定地域は多くて10地域程度指定する方針のようです。
都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域の一覧

Specific area system

The Act on Amendment of Special Measures for Urban Renewal, which includes a special urban regeneration emergency development area (specific area) system that intensively implements tax incentives for excellent private city development projects, will come into effect on July 25. The purpose is to strengthen the international competitiveness of large cities. According to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, it seems that the policy is to specify at most 10 specific areas.
List of emergency development areas for urban regeneration and emergency development areas for specific urban regeneration


◆池田市私設図書館
K763


[772-20110727]
PFI(Private Finance Initiative)法とは
国や地方公共団体の財政事情が年々、厳しくなる中、高度成長期に集中整備されたインフラが老朽化、それら社会資本を維持・更新する上で民間資本を有効活用することが不可欠となっています。こうした背景から今年5月にPFI法の改正案が国会で成立しました。PFI事業の適用範囲を拡大し、事業運営を民間に包括的に委ねる「コンセッション方式」の活用を可能にしたことが改正のポイントです。
従来、公共事業に民間資金を導入する手法には「第三セクター方式」があるが、これは官民が共同出資し、経営に自治体も加わる。これに対して、PFIでは建設から運営までを民間企業に任せるとともに、予想外の事態により負担が増加する場合の負担処理についても、事前にリスク分担を官民できちんと決める点が大きな違い。「第三セクター方式」の問題点である“官民のもたれあい”による税金の無駄使いをなくすことを、大きな目標としています。
◆十和田ホテル本館
K764


[771-20110727]
M&Aによる買手の期待
M&Aによる買手が期待できるおもな効果は下記7点が挙げられます。
①市場シェアの拡大
②事業の多角化
③新技術・人材の獲得
④販路の獲得
⑤国際化の推進
⑥特定資産の取得
⑦宣伝効果の実現(※プロ野球球団の買収など)
◆能代市議会議事堂
K765

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック