FC2ブログ

不動産トレンド756-760&近代建築(秋田県)

[760-20110711]
これからの不動産会社はどうあるべきか?

これからの不動産会社は、地域密着型の賃貸及び売買の仲介から、リフォームや空家再生に伴う再開発事業まで幅広いサービスを提供することが求められます。更に各種社会文化的なイベントを企画し、地域貢献に力を入れる必要があります。乱開発に基づく利益至上主義の不動産会社は淘汰されていくでしょう。

What should a real estate company do in the future?

Future real estate companies will be required to provide a wide range of services, from community-based rental and sales brokerage to redevelopment projects associated with remodeling and vacant house regeneration. Furthermore, it is necessary to plan various socio-cultural events and focus on contributing to the local community. Profit-oriented real estate companies based on overdevelopment will be weeded out.

◆日本聖公会能代キリスト教会
K746


[759-20110711]
再生利用で中古物件を大切に流通させる
巷では“新築持ち家至上主義”は終わった。これからは“シェア”の時代などと言われますが、確かにこの大不況に加え、大震災と原発事故のもたらしたものは、想定外の想定外です。このままこの頼りない国政が続くと国の借金も1000兆円を越すのも時間の問題。汗水たらして蓄えてきた国民の個人資産も泡と消える日が訪れる日が来ないとは限りません。こらからの不動産業界は野球にたとえると10-9の打ち合いで勝つのではなく、守って守って守り抜いてヒット1本の1-0で勝つことを念頭に事業継続していかなければなりません。つまり、再生利用で中古物件を大切に流通させることです。
◆日本聖公会秋田聖救主教会
K747


[758-20110711]
関西州は副都心として活気溢れるものにならなければなりません
総務省の住民基本台帳人口移動情報によると東京都への人口流入が鈍化しているようです。大学や企業の本社が集中することで20代の若者は別としても、この度の大震災と原発事故で一極集中に対するリスクが現実となったことが要因で今後この動きは加速すると予測されます。そのような状況下、少なくとも大阪府を中心とする関西州は副都心として活気溢れるものにならなければなりません。日本を救う為にも・・・。
◆天使館
K748


[757-20110711]
太陽光発電に関する提言①
日本には景観的によろしくない電柱(電線・電話)が等間隔で道路に立っておりますが、ここに太陽光発電パネルを貼り付けるなりなんなりして活用はできないものでしょうか?塵も積もれば山となりませんかね。地中埋設の時代はまだ先なんでしょうから。高速道路高架や新幹線高架への設置もどんどん実施してもらいたいですね。なにも休耕地を借上げるなど効率のみを優先させるのではなく・・・。本体コストは民間企業が切磋琢磨すればどんどん安くなりますよ。
◆毛馬内カトリック教会
K749


[756-20110711]
埋蔵電力
使われていない既存発電所や企業が緊急時に備えて保有する自家発電設備にことを「埋蔵電力」というようです。原発40~50基分に相当する約6000万キロワットあると推定されますが、今すぐに使える量に関しましては不安があります。調査では180万キロワットという数値が報道されました。それよりも、将来を見据えて代替エネルギー政策を一歩一歩推し進めようではありませんか。国民は少々のことは我慢しても地に根の生えたものを期待しているはずです。難しいことかもしれませんが、電力にまつわる旧利権も新利権も根絶しなければなりません。それを実現させるのが政治ではありませんか・・・。
◆北鹿ハリスト正教会聖堂
K750

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック