FC2ブログ

不動産トレンド591-595&近代建築物(西日本編)

[595-20110204]
地図混乱地域とは

登記所の公図と現況が著しく異なっている地域のことを「地図混乱地域」と言われています。1960年代以降に悪質な不動産業者が傾斜地の山林をずさんな地番分筆登記などで住宅地として造成して売り出したことが地図混乱の発端だったとされている。地権者不明の土地、所在地不明の地番、複数の地番が重なり合う土地などが多数あることが表面化しました。同地番に何棟もの家が建っていたり、悪質な業者が道路の所有権を主張して道路を封鎖するなどのトラブルもこれまで絶えなかった。宅地内に造成された生活道路は市道として認定してもらえず、古い下水管の漏水で土砂が流出し道路の陥没が頻発し、その復旧費用は住民が負担しなければならないという最悪の状態になっている。道路陥没・崖崩れなども放置されたままで大変危険な状態になっています。不動産取引に際しては、公図と現況調査の上、地積更正登記に基づく取引をするべきす。

What is a map confusion area?

Areas where the current situation is significantly different from the official map of the registry office are called "map confusion areas". It is said that the beginning of the map confusion was that a malicious real estate agent created and sold a forest on a slope as a residential area by registering a sloppy lot number after the 1960s. It has surfaced that there are many lands with unknown landowners, lot numbers with unknown locations, and lots with overlapping lot numbers. There have been constant troubles such as many houses being built on the same lot number and malicious vendors claiming ownership of the road and blocking the road. The living road constructed in the residential land is not certified as a city road, and the worst condition is that the residents have to bear the restoration cost due to the frequent outflow of earth and sand due to the leakage of the old drainage pipe and the frequent collapse of the road. It has become. Road collapses and landslides are left unattended and are in a very dangerous state. When dealing with real estate, the transaction should be based on the land area renewal registration after the official map and the current situation survey.

◆西本ビルヂング
K144西本ビルヂング


[594-20110214]
地図混乱の主な発生要因とは
①土地改良事業や区画整理事業などによる登記手続の過程で起きるケース。
②がけ崩れなどの自然災害による地形変化を土地所有者が登記手続をせずに後々問題となるケース。
③旧軍用地として強制買収された民有地が、戦後に境界不明のまま返還され問題となったケース
④高度成長期を中心に急な宅地造成にともない、登記手続をしなかったために発生したケース。
⑤作成された公図自体が適切ではなく現地の位置や形状を反映していなかった為に発生したケース。
※④と⑤は、充分に調査しリスクマネジメントしなければなりません。
◆中央電気倶楽部(大阪市)
K149中央電気倶楽部


[593-20110214]
地積更正とは

実際に測量した土地の面積(実測面積)と登記簿の面積(公簿面積)が異なる場合に、登記簿の内容を実測面積に更正する手続きのことを土地地積更正登記といいます。公簿面積取引よりも実測面積がはるかに大きい地域が、古文書調べるとあります。(縄伸びとも言います。)ただ、現在の公簿面積より増えてしまう場合は、固定資産税も増税することもありますのでご注意下さい。又、地積更正登記は境界確定測量が終わっていないと出来ません。

What is land area correction?

When the area of the land actually surveyed (actually measured area) and the area of the register (publicly registered area) are different, the procedure for correcting the contents of the register to the actually measured area is called land and land area correction registration. According to the old documents, there is an area where the measured area is much larger than the public book area transaction. (It is also called rope growth.) However, please note that the property tax may also be increased if the area is larger than the current public register area. In addition, land area renewal registration cannot be done until the boundary definite survey has been completed.

land area correction ☞ Acreage of a plot of land rebirth
boundary definite survey ☞ Border decision surveying


◆中之島公会堂(大阪市)
K151中之島公会堂


[592-20110214]
電気自動車の充電設備付き分譲マンション
東海地方で電気自動車(EV)の充電設備を備えた分譲マンションの販売が本格化してきました。将来的なEVの拡大・普及を見込んだ環境対応ですが、既存マンションでは入居者の同意が必要の為、今後はマ新築ンションの「標準装備」となる可能性があります。某新築分譲マンションでは、全部で181ある駐車スペースのうち、25カ所にEV用の専用電源を設置し、敷地の一角にはより短時間で充電可能な急速充電器も1台設置しました。
◆大阪屋ニュー新町ビル
K153大阪屋ニュー新町ビル


[591-20110214]
路面電車復活
東京都は環境負荷の少ない次世代型路面電車(LRT)を将来、銀座など都心部に走らせることを計画しています。区によると、現在工事中の環状2号線・銀座―晴海間などに、2016年度、路線バスが優先的に走る高速輸送システムを導入。その後、早ければ20年頃までにこれをLRTに入れ替えることを目指すようです。
◆大川内医院(大阪市天王寺区)
K156大川内医院


テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック