FC2ブログ

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その9

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その9
Amit Sengupta

ウクライナ人はロシア語を話すので、ロシア連邦に賛成票を投じ、2014 年 3 月 16 日にクリミアの独立が宣言されました。 当然のことながら、ウクライナの観点から見ると、彼らはそれを非難し、国際法違反であるとさえ考えています。国連も同様の見解を持っており、ウクライナを支持しています。 しかしその後、ロシア政府はそれを擁護し、クリミアの人々がロシアに賛成票を投じた適切な国民投票があったと言います。 それは人々の自己決定の原則と呼ばれます。 自己決定は、人々の権利とも呼ばれます。 とにかく重要なのは、2014 年 3 月にロシアがクリミア半島を占領したということです。2014 年はウクライナの歴史において重要な年であり、それには 3 つの理由があります。 ユーロメイデン運動は終焉を迎えました。 新しい大統領が選出され、ウクライナはクリミアを失いました。



ロシアがクリミアを支配した2014年3月、ロシアの大統領はウラジミールプーチンでした。 彼がしたことは、あなたがそれを非政治的な動きと呼ぶことができるか、彼がしたことは何であれ、クリミアと南東ウクライナのロシア市民とロシア語話者の権利をすぐに保護することについて公に話したことです。彼の発言の後、ウクライナの東部と南東部のロシア民族グループはつながりを感じました。 ウクライナではすでに危機が進行しており、その最中にウクライナのこれらのロシア人はロシア大統領の声明に強く結びついていました。 彼らは、誰かが自分たちのことを話していると感じ、それがウクライナの東部地域に民族的分裂を引き起こしました。 これらの地域はドネツクとルハンスキです。 この地図を見てほしい。 暴力は、この地域の分離主義勢力とウクライナ軍の間で始まった。 これらの地域がロシアと国境を接しているのを見ると、明らかにこれらの分離主義勢力はロシアに支援されています。

ロシアは関与を否定していますが、より大きな国家の支援がなければ、少数派グループは独自の軍隊を編成して自国の軍隊に反対することはできないことに同意する必要があります。ちなみにドネツクとルハンスカはドンバス地方とも呼ばれています。 ここには 2 つの空港があり、1 つはドネツクに、もう 1 つはルハンスクにあり、これらはもちろん国際空港ですが、反乱軍の支配下にあるため、現在は公式に閉鎖されています。 少し前に、大国の少数民族グループの支援がなければ軍隊を組織することはできないと言いました。 ロシアは軍事装備を供給し、ドンバス地域に存在する反乱グループを訓練してきました。 多くのメディア報道は、ロシアは、反乱軍がこれらの 2 つの空港で使用した地対空ミサイル システムなどの重装備も供給したとさえ言っています。


Russia – Ukraine conflict / crisis Explained | Everything in detail | Geopolitics
Amit Sengup

ukraine are russian speaking so they voted in favor of russian federation and 16th march 2014 was declared as crimea's independence. naturally if you look at it from ukraine's point of view they condemn it and even consider to be a violation of international law. the united nation also has similar view and it is in favor of ukraine. but then the russian government defends it and says that there was a proper referendum where the people of crimea has voted in favor of russia. it is called the principle of self-determination of peoples. self-determination is also called the right of people. anyhow the point is that russia took over crimean peninsula in march 2014. so 2014 is an important year in the history of ukrainefor three reasons. the euro maiden movement came to an end. new president was elected and ukraine lost crimea.

now in march 2014 when russia took control of crimea vladimir putin was the president of russia. so what he did was you can call it apolitical move or whatever what he did was he publicly spoke about protecting the rights of russian citizens and russian speakers in crimea and southeast ukraine immediately. after his statement the russian ethnic group in the eastern and southeastern regions of ukraine felt connected. there was already a crisis going on in ukraine and in the middle of that these russian people in ukraine strongly connected to the russian president's statement. they felt that somebody istalking about them and that created an ethnic division in the eastern regions of ukraine. and these regions are donetsk and luhanski. i want you tolook at this map. the violence startedhere between the separatist forces in the region and the ukrainian military. if you see these regions are bordered by russia so obviously these separatist forces are being backed by russia.

although russia denies its involvement but then we have to agree that without the support of a bigger nation minolity groups cannot form their own armed forces and go against their own country's military. by the way donetsk and luhanskarealso called the donbass region. there are two airports here one is in donetsk andthe other one is luhansk and these are international airports of course now they are officially closed because they are under the control of rebel forces. moments back i told you that without the support ofbig nation minority groups cannot form their armed forces. russia hasbeen supplying militaryequipment and training the rebel groups that exist in the dhonbas region. many media reports even say that russia has also supplied heavy military equipment like surface-to-airmissile system that were used by rebel forces at these two airports


19:15/34:30

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック