FC2ブログ

淀城

淀城
京都市伏見区
2022.07.16撮影ポイント

淀城は、山城国久世郡淀(現・京都府京都市伏見区淀本町)にあった日本の城である。現在は本丸の石垣と堀の一部が残っている。江戸時代には久松松平家、戸田氏、稲葉氏など譜代大名が居城した。安土桃山時代、豊臣秀吉が、側室茶々の産所として築かせた淀城は桂川と宇治川(旧河道)の合流点に挟まれた納所、鶴松死後に拾丸誕生後養子となっていた豊臣秀次が謀反の疑いを掛けられた際、廃城とされた。江戸時代に、木幡山にあった徳川氏の伏見城の廃城により、その代わりとして江戸幕府が松平定綱に命じて新たに築かせた。以降は、山城国唯一の大名家の居城として明治に至った。

DSC_6628.jpg

DSC_6630.jpg



DSC_6627.jpg

DSC_6629.jpg

DSC_6631.jpg

DSC_6633.jpg

DSC_6634.jpg

DSC_6635.jpg

テーマ : 史跡・神社・仏閣 - ジャンル : 写真

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック