FC2ブログ

オバマ大統領、広島での献花式に参加 その6

オバマ大統領、広島での献花式に参加 その6
The Obama White House

私の国の物語は簡単な言葉から始まりました。 すべての人は平等に創造されており、私たちの創造主によって、生命、自由、幸福の追求を含む、奪うことのできない権利が与えられています。 私たち自身の国境内でさえ、私たち自身の市民の間でさえ、理想は決して容易ではないことを認識しています. しかし、その話に忠実であり続けることは、努力する価値があります。 それは目指すべき理想であり、大陸を越え、海を越えて広がる理想です。 すべての人間の還元不可能な価値、すべての命は貴重であるという主張、私たちは単一の人類家族の一員であるという急進的かつ必要な概念は、私たち全員が語らなければならない物語です。 それが私たちが広島に来る理由です。



愛する人たちのことを考えることができるように、子供たちの朝の最初の笑顔、配偶者からの台所のテーブルでの優しいタッチ、親の慰めの抱擁など、私たちはそれらのことを考え、それらの同じ貴重な瞬間を知ることができます. 71年前にここで行われました。 亡くなった人たちは私たちのようです。 普通の人はこれを理解していると思います。

彼らはこれ以上の戦争を望んでいません。 彼らはむしろ、科学の驚異が生命を排除するのではなく、生命を改善することに焦点を当てていることを望んでいます。 国が下した選択、指導者が下した選択がこの単純な知恵を反映するとき、広島の教訓は終わりです。 世界はここで永遠に変わりました。 しかし、今日、この街の子供たちは平和に一日を過ごすでしょう。 なんと貴重なことでしょう。 それは保護する価値があり、すべての子供に適用されます。 それが私たちが選択できる未来であり、広島と長崎が核戦争の夜明けとしてではなく、私たち自身の道徳的目覚めの始まりとして知られる未来です。

おわり


President Obama Participates in a Wreath Laying Ceremony in Hiroshima, Japan

my own nation's story began with simple words. all men are created equal, and endowed by our creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness. realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. but staying true to that story is worth the effort. it is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents, and across oceans. the irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion thatwe are partof a single human family that isthe story that we all must tell. that is why we come to hiroshima.

so thatwe might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent, we can think of those things and know that those same precious moments took place here seventy-one years ago. those who died they are like us. ordinary people understand this, i think.

they do not want more war. they would rather that wonders of science be focused on improving life, and not eliminating it. when the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom then the lesson of hiroshima is done. the world was forever changed here. but today, the children of this city will go through their day in peace. what a precious thing that is. it is worth protecting, and then extending to every child. that is the future we can choose, a future in which hiroshima and nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.


20:06/27:50

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック