FC2ブログ

オバマ大統領、広島での献花式に参加 その2

オバマ大統領、広島での献花式に参加 その2
The Obama White House

数年間で、約 6,000 万人の人々が、私たちと変わらない男性、女性、子供たちが死亡し、撃たれ、殴打され、行進し、爆撃され、投獄され、飢え、ガス処刑されました。 世界中には、この戦争を記録した多くの場所があり、勇気と英雄の物語を語る記念碑、言葉では言い表せないほどの堕落を反映した墓と空虚があります。



しかし、これらの空に昇るきのこ雲のイメージの中で、私たちは人類の核となる矛盾を最もはっきりと思い起こさせます。それは、私たちを種としてマークする火花そのもの、私たちの思考、想像力、言語、道具作り、私たちの 自然から自分を切り離し、それを自分の意志に曲げる能力。 それらはまた、比類のない破壊の能力を私たちに与えます。

物質的な進歩や社会の革新によって、この真実が見えなくなることがどれほどあるでしょうか? より高い大義の名の下に暴力を正当化することをどれほど簡単に学べるでしょうか? すべての偉大な宗教は、愛と平和と正義への道を約束していますが、信仰を殺人のライセンスとして主張する信者を免れている宗教はありません。


President Obama Participates in a Wreath Laying Ceremony in Hiroshima, Japan

in the span of a few years, some 60 million people would die, men, women, children no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death. there are many sites around the world that chronicle this war, memorials that tell stories of courage and herorism, graves and empty that echo of unspeakable depravity.

yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction, how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imajination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will. those very things also give us the capacity for unmatched destruction

how often does material advancement or social innovation blind us to this truth? how easily we learn to justify violence in the name of some higher cause? every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness, and yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith as a license to kill.


8:40/27:50

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック