FC2ブログ

オバマ大統領、広島での献花式に参加 その1

オバマ大統領、広島での献花式に参加 その1
The Obama White House

71 年前、雲ひとつない明るい朝、空から死が降ってきて、世界が変わった。 閃光と火の壁が都市を破壊し、人類がそれ自体を破壊する手段を持っていることを示しました。 なぜ私たちはこの場所、広島に来るのですか? それほど遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力について考えるようになります。 私たちは、10万人以上の日本人男性、女性、子供、数千人の韓国人、捕虜になった12人のアメリカ人を含む死者を悼むために来ます. 彼らの魂は私たちに語りかけます。 彼らは私たちに内面を見つめ、私たちが誰であるか、そして私たちが何になるかを検討するように求めています. 広島を際立たせているのは戦争の事実ではありません。 人工物は、暴力的な紛争が最初の人間に現れたことを教えてくれます。



私たちの初期の祖先は、火打ち石から刃を、木から槍を作ることを学んだので、これらの道具を狩猟のためだけでなく、自分たちの種に対して使用しました。 すべての大陸で、文明の歴史は戦争に満ちています。その原因は、穀物の不足や金への飢え、国家主義の熱意や宗教的熱意によるものです。 帝国は興亡した。 人々は征服され、解放されました。 そしてそれぞれの節目で、罪のない人々が無数の犠牲者を出し、彼らの名前は時とともに忘れ去られました。

広島と長崎で残忍な終焉を迎えた世界大戦は、最も裕福で最も強力な国々の間で戦われました。 彼らの文明は、世界に素晴らしい都市と素晴らしい芸術をもたらしました。 彼らの思想家は、正義と調和と真実の先進的な考えを持っていました。 それでも、戦争は、最も単純な部族間の紛争を引き起こした支配または征服に対する同じ基本的な本能から生じ、古いパターンは新しい能力によって増幅され、新しい制約はありませんでした.


President Obama Participates in a Wreath Laying Ceremony in Hiroshima, Japan

seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. a flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself. why do we come to this place, hiroshima? we come to ponder a terrible force unleashed in a not so distant past. we come to mourn the dead, including over 100,000 in japanese men, women and children, thousands of koreans, a dozen americans held prisoner. their souls speak to us. they ask us to look inward, to take stock of who we are, and what we might become. it is not the fact of war that sets hiroshima apart. artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man.

our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from woods, used these tools not just for hunting, but against their own kind. on every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. empires have risen and fallen. peoples have been subjugated and liberated. and at each juncture, innocents have suffered, a countless toll, their names forgotten by time.

the world war that reached its brutal end in hiroshima and nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. their civilizations had given the world geat cities and magnificent art. their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth. and yet, the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, and old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.


6:33/27:50

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック