FC2ブログ

安倍晋三首相による米国議会合同会議での演説 その2

安倍晋三首相による米国議会合同会議での演説 その2
安倍晋三元首相の追悼
Prime Minister's Office of Japan

そんなに、私が国会議員のメンバーに選出された後、私の党の古い番人の何人かは、ねえ、あなたはとても生意気です、安倍だと言うでしょう。 私の姓はエイブではありません。 一部のアメリカ人は時々私にそれを呼びますが、私は腹を立てません。 それは、ご列席の皆様、近代化を始めて以来、日本人はゲティスバーグの演説でその有名な行に民主主義の基盤を見出してきたからです。 農民大工の息子が大統領になることができます。 そのような国が存在したという事実は、19世紀後半の日本人を民主主義に目覚めさせました。 日本にとって、アメリカとの出会いは民主主義との出会いでもありました。 それは150年以上前のことであり、私たちに成熟した歴史を一緒に与えてくれました。 ここに来る前、私は第二次世界大戦記念碑にいました。 それは私を聖域として印象づけた平和で穏やかな場所でした。 噴水で水が割れる音で空気が満たされていました。 片隅に自由の壁が立っています。



4,000個以上の金の星が壁に輝いています。 それぞれの星が100人の戦死した兵士の命を表していると聞いて、私は驚いて息を呑んだ。 私はそれらの金の星が自由を守るための犠牲の誇り高い象徴であると信じています。 しかし、それらの金の星には、そうでなければ幸せな生活を送っていたであろう若いアメリカ人の家族に対する痛み、悲しみ、そして愛もあります。 真珠湾、バターンコレヒドール、珊瑚海。 記念碑に刻まれた戦いは私の頭をよぎり、私はそれらの若いアメリカ人の失われた夢と失われた未来を振り返りました。 歴史は無情です。 行われたことを元に戻すことはできません。 深い悔い改めを胸に、しばらく静かな祈りの中で立っていました。 親愛なる友人たち、日本と日本人を代表して、第二次世界大戦中に失われたすべてのアメリカ人の魂に、心からの敬意を表します。

皆様。 今日のギャラリーにはローレンス スノーデンがおられます。 70年前の2月、部隊の指揮官として硫黄島に上陸しました。 近年、スノーデンは、日本と米国が硫黄島で共同で開催する追悼式に頻繁に参加しています。 彼は言いました、そして私も引用します。 私たちは勝利を祝うために硫黄島に行きません、厳粛な目的のために、両側で命を落とした人々に敬意を表します。 スノーデンの隣には、私の内閣の元メンバーである国会議員の新藤義孝が座っています。 彼の祖父である栗林忠道将軍は、今日でもその勇気を覚えており、硫黄島の戦いで日本軍守備隊の指揮官を務めていました。 歴史の奇跡ではないにしても、これを何と呼ぶべきでしょうか? 激しく戦っていた敵は、魂で結ばれた友達になりました。


Address to a Joint Meeting of the U.S. Congress by Prime Minister Shinzo Abe
Mourning for former Prime Minister Shinzo Abe
Prime Minister's Office of Japan

so much so, after i got elected as a member of the house, some of the old guard in my party would say, hey, you're so cheeky, abe. as for my family name, it is not eighb. some americans do call me that every now and then but i don't take offense. that's because, ladies and gentlemen, the japanese ever since they started modernization have seen the very foundation for democracy in that famous line in the gettysburg address. the son of a farmer-carpenter can become the president. the fact that such a country existed woke up the japanese of the late 19th century to democracy. for japan, our encounter with america was also our encounter with democracy. and that was more than 150 years ago, giving us a mature history together. before coming over here, i was at the world war 2 memorial. it was a place of peace and calm that struck me as a sanctuary. the air was filled with the sound of water breaking in the fountains. in one corner stands the freedom wall.

more than 4,000 gold stars shine on the wall. i gasped with surprise to hear that each star represents the lives of 100 fallen soldiers. i believe those gold stars are a proud symbol of the sacrifices in defending freedom. but in those gold stars, we also find the pain, sorrow and love for family of young americans who otherwise would have lived happy lives. pearl harbor, bataan corregidor, coral sea. the battles engraved at the memorial crossed my mind, and i reflected upon the lost dreams and lost futures of those young americans. history is harsh. what is done cannot be undone. with deep repentance in my heart, i stood there in silent prayers for some time. my dear friends, on behalf of japan and the japanese people, i offer with profound respect my eternal condolences to the souls of all american people that were lost during world war 2.

ladies and gentlemen. in the gallery today is Lt gen. Lawrence Snowden. seventy years ago in february, he landed on ioto, or the island of iwo jima as a captain in command of a company. in recent years, general snowden has often participated in the memorial services held jointly by japan and the u.s on ioto. he said and i quote. we didn't and don't go to iwo jima to celebrate victory, but for the solemn purpse to pay tribute to and honor those who lost their lives on both sides. next to general snowden sits diet member yoshitaka shindo who is a former member of my cabinet. his grandfather, general tadamichi kuribayashi, whose valor we remember even today was the commander of the japanese garrison during the battle of iwo jima. what should we call this, if not a miracle of history? enemies that had fought each other so fiercely have become friends bonded in spirit.


15:16 / 45:58

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック