FC2ブログ

ウクライナ当局は戦争の目的地を観光名所に変えるlABCNL その1

ウクライナ当局は戦争の目的地を観光名所に変えるlABCNL その1
ABC News

悲劇的な過去は、戦争で荒廃したウクライナの悲劇的な現在に突然進化しました。 私たち全員がユニークな経験でロシアの暴力的な侵略の影響を理解するのを助けるために働いている地上で、私たちのabcウクライナのプロデューサーによって書かれたそれらの強力で詩的な言葉。 空襲サイレンと進行中の戦争の真っ只中にあるウクライナ当局は、ロシアのミサイルに襲われた場所を観光客の観光名所に変えています。 ツアーに参加したユリア・ドロスがキーウ・ウクライナから参加しました。 ジュリア、この戦争はあなたにとって個人的なものです。 すべての視聴者のためにこれらの物語を書いて制作するだけでなく、あなたは戦争の中で生き、あなたの父はこの戦争で戦うために参加することさえどのようなものか教えてください。

ええキャラ、その通りです。 外国の通信員が行き来する特権を持っていて、彼らがこの物語をすることを選ぶ間、この物語をすることとそれをすることと生きることとの間には違いがあります。 私たちはこの物語をやっているだけでなく、生きています。 ですから、戦争の最初の数日間に父が召集され、家族が地下に隠れなければならなかったので、家族のことを心配していたので、仕事に集中することができません。 なぜなら、戦いは私たちの家に非常に近く、私がそこにいる間、撮影して仕事をしていたからです。 家族が無事かどうかも心配でした。 一方、人々に会うとき、物語を撮影するときに人々にインタビューするとき、彼らの物語はあなたの物語であり、彼らが感じるものであり、それはあなたの共通の痛みであり、それがあなたが共有するものであるため、あなたはさらに共感します。 そのため、この物語の中に住んでいると、この物語を実行するのが非常に難しい場合があります。

さて、あなたが今日私たちに持ってきたこの話はとても注目に値します。 あなたと他のウクライナ人がこのツアーに参加し、あなたは第二次世界大戦の史跡から、私たち全員が今カバーしている戦争の光景まで歩いて行きました。 どんな感じだったのか教えてください。

さて私の最初の感情は痛みでした。 ツアーは実際に第二次世界大戦中のユダヤ人とジプシーの大量殺戮の場所であるあなたの記念碑をボビーで始め、それから私たちはこの初日に打たれたテレビ塔に行くので、私は悲劇的な過去のために私が見たものを本当に残念に思いました。 全面戦争なので、最初の感情はただの痛みです。 あなたはこの街が持っている白鳥を気の毒に思います。しかし、それから突然私は一人ではありません。私はグループにいます。そして私はそれらの人々の感情も見ています。 それで、彼らがこれにどのように反応するか、彼らがこれをどのように反映しているかを見て、私は一人ではないように感じます。そうです、私たちは苦しんでいます。 しかし、私たちは耐え、それに対処することができます。この話は、私がここで非常に頻繁に聞いている言葉である弾力性についても語っています。 それは、人々が自分の傷を見せることを恐れないが、それを見せているときですが、彼らはこれを非常に誇りに思っており、私たちはまだ戦っています。


Ukrainian authorities turn war destinations into tourist attractions l ABCNL

the tragic past suddenly evolving into the tragic present in war-torn ukraine. those powerful and poetic words written by our abc ukrainian producer on the ground who is working to help all of us understand the impact of russia's violent invasion with a unique experience. ukrainian authorities in the midst of air raid sirens and the ongoing war are turning places hit by russian missiles into tourist tourist attractions. yulia drost who joined the tour joins me now from keeve ukraine. so juria this war is personal for you. tell me what it's like not only to write and produce these stories for us for all our viewers but you live them and your father even enlisted to fight in this war.

yeah cara, you're absolutely right. there is a difference between just doing this story and doing and living it like while foreign correspondents have a privilege to come and go and they choose to do this story. we are not only doing but also living this story. so on one hand you cannot really focus on doing your job because i was worried about my family because my father was called up to fight in the first days of war and my family was had to hide in the basement. because the fighting was very close to our house and while i was out there filming and doing my job. i was also worried about my family whether they safe or not. and on the other hand when you meet people when you interview people when you film the story you become even more empathetic because their story is your story and what they feel to and that's your common pain and but that's what you share. that's why sometimes it can be really hard to do this story when you live in it.

well my firstemotion was pain. i was really sorry for what i saw for our tragic past because the tour actually starts bobby your memorial that's the place of mass murder of jews and gypsies during world war 2 and then we go to a tv tower that was hit in day one of this all-out war so the first emotion is just pain. you feel sorry for the swans that this city has but then suddenly i'm not alone i'm in the group and i'm also watching the emotions of those people. so how they react to this to what they see how they reflect on this and i feel like i'm not alone so yes we're suffering. but we withstood and we can deal with that and this story is also about resillience that's the word that i've been hearing here very very often. that'swhen people are not afraid to show their wounds but they are showing it but with they are very proud of this and they say we will stood we can deal with that we can go on we are still fighting.


3:34 / 5:27

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック