FC2ブログ

人口減少と賃貸市場

[1424-20220708]
人口減少と賃貸市場

詳細

人口減少とは言うものの、つまり死亡している人の多くは高齢者であり、彼ら高齢者のほとんどは持ち家だという点です。では、高齢者の死後、その物件が賃貸市場に流れ込んで供給増を招く可能性についてですが、これもかなり低い。いまの高齢者の世代はまだまだ戸建て志向ですが、戸建ては地方郊外にあり、首都圏でも駅から離れていますから、賃貸物件としては人気がない部類に入る。一方、毎年80万人以上の新生児が誕生し、彼らが成長して進学・就職などで家を出ると、住む場所が必要ですから賃貸需要が発生します。大学も企業も大都市圏に集中しており、つまり求人も大都市圏に偏るため、進学にしても就職にしても都市部に出てくることになる。そして、未婚や晩婚の増加で単身世帯が増え、単身者の賃貸需要は今後も右肩上がりになるだろうという推測が成り立つ。人口減少そのものは都心部における賃貸市場には大きな影響がない。


DSC_4514.jpg
大阪梅田
2021.12.15撮影

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック