FC2ブログ

不動産トレンド351-360&近代建築物(日本の大学編)

[360-20101111]
在宅医療システム構築に関して
東大と千葉県柏市が在宅医療システム(24時間往診ネットワーク)構築に乗り出す背景には、約20年後、年間160万人が死亡する「多死時代」に、大都市圏では医療需要が急増し、病院だけでは対応しきれないとの危機感がある。現在、開業医の多くは外来主体で、往診や在宅での看(み)取りは進んでいない。結果として、2009年の死亡場所は、医療機関の81%に対し、自宅は12%に過ぎない。
◆東京大学
K179東京大学2


[359-20101111]
首都圏の新築投資ワンルームマンション市場に関して
2010年に首都圏で発売された新築の投資用ワンルームマンション市場の調査の結果、賃料を価格で割った利回りは4.30%と前年比0.1ポイント下落し、8年連続で前年水準を下回った。08年のリーマン・ショック以降、賃料水準が低下していることが影響しています。
◆京都大学
K214京都大学工学部建築学教室本館


[358-20101111]
カーシェア賃貸マンションに関して
東京都で某賃貸マンションにカーシェア車両が導入され入居者に利用を促す事例が発表されました。
◆東京藝術大学
K289東京藝術大学


[357-20101111]
伊丹空港を副首都にする構想に関して
伊丹空港を大地震やテロに備え、首都の代替機能を持つ副首都にする構想が浮上している。立地的に新幹線や高速道路などの交通網が整っており、新たな開発の必要がなく国会や官公庁のほか、商業施設や住宅などからなる副首都の構想が既に披露されている。行政ゾーン以外は海外からの投資を活用して建設できると目論んでいます。
◆北海道大学
K296北海道大学


[356-20101111]
過熱蒸気を利用したVOC汚染土壌の浄化技術に関して
VOC(揮発性有機化合物)汚染土壌の浄化システムが開発された。過熱蒸気の特性を利用してダイオキシン類やPCBなどの汚染土壌を安全に浄化でき低コスト・低負荷型の浄化技術です。
◆東北大学
K333東北大学


[355-20101110]
介護や孤独死に関して
マンションと老人ホームを隣接させ、親と子・孫が相互交流する体制を構築することが問題の解決の鍵になります。
◆九州大学
K342九州大学


[354-20101110]
管理費ゼロの分譲マンションに関して

事例としては、マンションの1階部分に設ける店舗部分の床面積を、区分所有者に共有持分として所有してもらう分譲マンションがあります。この部分から上がる賃料収入を、管理組合がマンション全体の管理費として充当する付加価値をつけた方式です。
☞テナント賃料が下がったり、テナントが入らない場合のリスクがあります。

Regarding condominiums with zero management costs

An example is a condominium for sale where the floor area of the store on the first floor of the condominium is owned by the sectional owner as a co-ownership. This is a method of adding value that the management association allocates the rent income from this part as the management cost of the entire condominium.
☞ There is a risk that the tenant rent will drop or the tenant will not enter.

◆神戸大学
K364神戸大学


[353-20101110]
バルコニー側に梁の無い工法に関して
バルコニー側に梁の無い自由で開放的な空間を実現できる工法が開発された。これは一般的な耐震構造を用いながら、梁の無い住空間を実現するもので、15階程度までの中廊下型集合住宅やホテルを対象としています。
◆熊本大学
K372熊本大学


[352-20101110]
集合住宅の太陽光発電に関して
集合住宅の太陽光発電は、電力を共用部分だけで使用するのが一般的だったが、発電パネルでつくる電力を各戸に配分するしくみが開発され入居者は戸建住宅と同じように余剰電力を売電できる。
◆岡山大学
K389岡山大学


[351-20101110]
土地活用モデル大賞に関して
城崎温泉の店舗集合施設「木屋町小路」が、今年度の土地活用モデル大賞(財団法人都市みらい推進機構主催)の国土交通大臣賞と、グッドデザイン賞(財団法人日本産業デザイン振興会主催)をダブル受賞した。ホテル跡地約1050平方メートルを旧城崎町が取得し、豊岡市が木造1部2階建て延べ700平方メートルの施設を整備して08年7月にオープンした。1店あたりのスペースは30~40平方メートルと小規模だが、テナント料は月8万円前後と安く耳かき専門店や飲む酢の店、せんべい店など、これまでの温泉街にはなかった業種の10店が並んでいる。
◆信州大学
K392信州大学

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック