FC2ブログ

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その6

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その6
Amit Sengupta

ウクライナの人口の大部分は彼を嫌い始めました。 野党の政党と国民は、この男がロシア連邦と同様にウクライナを運営しようとしていると考え始めました。 ソビエトロシアの指導者たちが同じような措置を講じているのを見たら、ウラジーミル・プチンも同様の規定を作り、大統領の任期制限を引き上げたことにも注意しなければならないからです。 プロイセンとして知られていたドイツでも、この種の措置はプロイセン国家元首であるビスマルクによって行われ、彼らにとってはかなりうまくいきました。 ですから、ヴィクトル・ヤヌコビッチでさえ、自分自身により多くの力を割り当てることで逃げることができるという印象を受けました。 そのため、彼は望む限り大統領であり続け、その後数年間、彼は多くの汚職罪に直面していました。



多くのメディアの報道によると、彼の近親者は2012年末までに大統領職に就いたときに多くの恩恵を受けました。彼の支持率と人気は他の何よりも低下しました。 彼のイメージを保存するために、彼はそれをダメージコントロールと呼ぶことができるいくつかのことをしなければなりませんでした。彼がしたことは2013年の初めの数ヶ月でした。彼と彼の大臣は完全に欧州連合連合協定に署名することに賛成しました。 そして、ウクライナ国民からの重要な支援がありました。 ヤヌコビッチと彼の政府はこの取引を完全に推進しており、国民がこの政策を愛しているかどうかは明らかです。 そうすれば、どんな政府もそれを実現する前に大声で政策を推進するでしょう。 政治家が彼らの承認率を上げることができるように、それはまさにヤヌコビッチと彼の政府がしたことです。

彼らは欧州連合連合協定について多くのことを話し、ウクライナ国民の間で大規模な誇大宣伝を生み出しました。そして、この欧州連合はウクライナの経済改革だけでなく機会でもあるので、国民でさえヤヌコビッチを完全に信頼していました。しかし、ウクライナ国民はこれを文明の選択と見なしていました。彼らは古いソビエトロシア文化から離れて、ヨーロッパ文化のようなより現代的なものに移行したかったのです。私はウクライナの誰もがそれを望んでいたと言っているわけではありませんが、ウクライナ国民の大多数はこの概念を持っています。とにかく、ヤヌコビッチと彼の政府はすべての誇大宣伝を作成し、ウクライナ国民は完全に支持していました。そして2013年11月21日、政府は約束に戻り、欧州連合ウクライナ連合協定の署名を一時停止しました。それは、ヤヌコビッチが彼自身の約束に戻ったことを意味し、それはウクライナに市民の不安を引き起こしました。最初は暴動に変わり、次に市民的不服従になり、後に運動に変わったのは抗議でした。これはユーロマイダン運動とも呼ばれていました。この運動の目的は、ヴィクトル・ヤヌコビッチ大統領を解任することでした。


Russia – Ukraine conflict / crisis Explained | Everything in detail | Geopolitics
Amit Sengupta

a large portion of ukrainian population started disliking him. opposition political parties and public started thinking this guy is trying to run ukraine similar to russian federation. because if you see the same kind of steps have been taken by leaders in soviet russia then you also must be aware that vladimir putin had also made similar provisions and increased his presidential term limits. even in germany when it was known as prussia this kind of steps were taken by bismark who was the head of the state of prusia and it worked pretty fine for them. so even viktor yanukovich was under the impression that even he could get away by allocating more powers to himself. so that he remains the president for as long as he wanted then in the following years he was facing o lot of corruption charges.

many media reports claimed that his immediate family members benefited a lot during his presidency by the end of 2012. his approval ratings and popularity fell like anything. to save his image he had to do few things you can call it damage control.what he did was in early months of 2013. he and his ministers ware totally in favor of signing the european union association agreement. and there was a significant support from the ukrainian public. yanukovych and his gorvernment fully promoted this deal and it is obvious right if the public loves the policy. then any government will take loud and promote the policy before making it happen. so that the politician can increase their approval ratings that is exactly what yanukovych and his government did.

they spoke so much about the european union association agreement and created a massive hype among the ukrainian public. and even the public had full faith in yanukovich because this european union association dea it is an opportunity for not just ukraine's economic reform. but the ukrainian public saw this as a civilizational choice. they wanted to get away from the old soviet-russian culture and move towards something more modern like european culture. i'm not saying everyone in ukraine wanted that but vast majority of the ukrainian public has this notion. so anyhow yanukovych and his government created all the hype and the ukrainian public was in full support. and on 21st november 2013 the government went back on its promise and suspended the signing of european union ukraine association agreement. that means yanukovych went back on his own promises and that created a civil unrest in ukraine. initially it was a protest that turned into riots then civil disobedience and later into a movement. and this was also called the euromaidan movement. and the purpose of this movement was to remove president viktor yanukovich


13:38/34:30

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック