FC2ブログ

マイアミコンドミニアム崩壊:NIST調査アップデート11/8 NCST その6

マイアミコンドミニアム崩壊:NIST調査アップデート11/8 NCST その6
jeffostroff

それで、副主任研究員が立ち上がって、nist の作業の一部を紹介しました。 このコンドミニアム崩壊の研究は、需要と容量の分析です。 彼らが見ようとしているのは、コンクリートの荷重要求と、それらの荷重要求を処理するためのコンクリートの容量でした。そこで彼らはここで分析します。 失敗の目撃証言のビデオを見ると、失敗データの分析を見ることができます。 彼らはがれきを分析し、何とか観察し、証拠を持っていることと、ここで起こっていること、そして需要と容量になると彼らが考えていることとの一致を探します。 そのため、彼らは分析する必要があり、nist がこの要求を分析するときは、死荷重を調べなければならないことを分析する必要があります。活荷重、風、熱、収縮、爆発や車両の衝突などの異常な条件を調べる必要があります。



何百万人もの人々が車がガレージの柱にぶつかったと言っているのを聞いたことがありますが、それは非常にありそうもないことですが、振動がどんなにばかげていても、すべてを分析する必要があります。容量側の需要が低いため、ここで元の設計を確認する必要があります。

彼らは建設されたままの構造を見なければならず、それはあなたが得る間取り図とはしばしば異なり、材料やすべての構成を見なければなりません.彼らは時間の経過とともに行われた変更を確認する必要があり、最後に劣化を確認する必要があります。これは、モロビドの 2018 年の以前のエンジニアリング レポートでさえ多く見られました。材料と疲労、およびこれらすべてを確認する必要があるため、彼は次のことを示しています。ここでさまざまなプロジェクトを覚えています。6 つのプロジェクトがあることを示したので、彼は主な 4 つをここで示し、それらがどのように連携しているかを示しています。次に、証拠の保存とリモート センシングです。すべてがどのように連携しているかを示しています。人々は、nistがマイアミでのこの建物の失敗を分析し、このコンドミニアムがどのように崩壊したかを伝えるために何をしようとしているのかについての私たちの最初の鳥瞰図です。


Miami Condo Collapse: NIST Investigation Update 11/8 NCST

so then the associate lead investigator got up and presented some of so part of the nist work on. the study of this condo collapse is the analysis right here analysis of demand and capacity. so what they're going to look at was the load demands of the concrete and the capacity of the concrete to handle those load demands so they're going to analyze over here. you can see analyze of the failure data they're going to look at videos of the failure eyewitness accounts. they're going to analyze the debris the observation blah blah blah and seek a match between what they have the evidence and what's going on over here and what they're thinking is going to be the demand and the capacity. so they'll have to analyze and when they analyze that when nist analyzes this demand they have to look at dead loads they have to look at live loads wind thermal and shrinkage extroaordinary conditions like a blast or a vehicle impact

you've heard a million people say hey maybe a car hit a column down in the garage and that isjust so unlikely but they still have to analyze everything no matter how preposterous it is vibrations they have to look at that too and that's analysis of the low demand on the capacity side they have to look at the original design here .

they have to look at the construction as constructed which is often different from the floor plans that you get and they have to look at the configuration of the materials and everything. they have to look at modifications made over time and then lastly they got to look at deterioration which we saw a lot of in even previous engineering reports from 2018 from morobido right you have to look at material and fatigue and all of this stuff so he's showing here the different projects remember i showed you there were six projects so he's showing you the main four here and how they all kind of work together here and then the evidence preservation and the remote sensing so he's showing how everything is working together so this right here folks is our first bird's eye view of what it is that nist intends to do to analyze this building failure in miami and tell us how this condominium collapsed


15:28/23:40

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック