FC2ブログ

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その5

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その5
Amit Sengupta

アメリカでもヤヌコビッチの政策に注意を払っていて、米国は彼の政策に賛成していませんでした。 これは物事が面白くなるところです。 この米国は常にウクライナに関心を持っていたことを理解する必要があります。 1991年にウクライナが分離されたとき、米国はすぐにウクライナを認識し、完全な支援を拡大しました。 1994年に、ウクライナとロシアがウクライナのソビエト核兵器システムの廃止について合意に達し、ウクライナの安全と安全を確保するのを支援したのは米国でした。



1986年のチェルノブイリ核災害を覚えているなら、それはウクライナで起こった。 アメリカは、メルトダウン後のチェルノブイリでの核廃棄物の浄化においてウクライナを助けました。 米国や他の多くの国は、状況を管理するために莫大な金額を寄付しました。 1991年にソビエト連邦を去った後、インドでさえ次の年にとにかく寄付しました。 ウクライナは米国によって不拡散条約に追加され、1997年にnatoとウクライナのパートナーシップが発展し始めました。 ウクライナがnatoの一部になったと言っているのではありません。 私はパートナーシップが発展していたと言っています。

2003年、ウクライナは何千人もの軍隊をイラクに配備し、米国によるイラクの侵攻を支援しました。 つまり、米国は常にウクライナに関心を持っており、同様にウクライナも米国への全面的な支援を拡大しました。一方、ロシアは常に米国と欧州連合のウクライナへの干渉に反対していました。 ビクトール・ヤヌコビッチ大統領がロシアと取引を行い、クリミアの海軍基地のリースを延長したとき、米国とウクライナ国民はそれをまったく支持していませんでした。 2010年10月の数か月後、ヤヌコビッチはウクライナの憲法を改正し、2004年以前に存在していた特定の条項を復活させました。 基本的に彼は大統領の解任に関するウクライナ憲法の第111条を変更した。 今、これは一般の人々の間で否定的な認識を生み出しました。 ウクライナの人口の大部分が彼を嫌い始めました。


Russia – Ukraine conflict / crisis Explained | Everything in detail | Geopolitics
Amit Sengupta

even in america was paying attention to yanukovych's policies and the united states was not in favor of his policies. this is where things get interesting. you have to understand this united states always had interest in ukraine. when ukraine got separated in 1991 united states quickly recognized ukraine and extended full support. in 1994 it was united states who helped ukraine and russia come to an agreement on the elimination of soviet nuclear weapon systems in ukraine and ensured security and safety for ukraine.

if you remember the chernobyl nuclear disaster in 1986, it happened in ukraine. america did help ukraine in cleaning up the nuclear waste at chernobyl after the meltdown. u.s and many other countries had donated huge amount of money in controlling the situation. even india had donated anyhow after leaving soviet union in 1991 in the following years. ukraine was added to non-proliferation treaty by united states and in 1997. nato and ukraine partnershipstarted developing. i'm not saying ukraine became part of nato. i'm saying the partnership was developing.

in 2003 ukraine had deployed thousands of troops in iraq and supported the invasion of iraq by united states. so you see united states always had interest in ukraine and likewise ukraine also extended its full support to united states and on the other hand russia was always against united states and european union's interference in ukraine. now coming back to 2010. when president victor yanukovych made a deal with the russians and extended their lease of the naval base in crimea, united states and the ukrainian public were not at all in favor of it. after few months that is in october 2010 yanukovych amended the ukrainian constitution and brought back certain provisions that existed before2004. basically he changed article 111 of the ukrainian constitution which is regarding president's removal. now this created a negative perception among the public. a large portion of the ukrainian population started disliking him.


11:08/34:30

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック