FC2ブログ

不動産トレンド271-280&近代建築物(日本の大学編)

[280-20101020]
オフィスビルの3つの鉄則
①立地の優位性
②整備された情報通信インフラ
③快適なビル設備
◆東京藝術大学
K286東京藝術大学


[279-20101020]
長期優良住宅とは
長期にわたり住宅を使用することにより、住宅の解体等に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境負荷の低減を図りつつ、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。税の特例措置もあることを認識しましょう。
認定基準には下記の項目があります。
・劣化対策・耐震性・維持管理と更新の容易性・可変性・バリアフリー性
・省エネルギー性 ・居住環境・住戸面積・維持保全計画
◆文化学院
K284文化学院


[278-20101020]
住宅性能表示制度とは
住宅性能表示制度とは国土交通大臣が指定した第三者機関が、住宅の設計段階と完成段階で共通の基準に基づいて客観的に評価を行い、「設計住宅性能評価書」と「建設住宅性能評価書」を交付し、住宅の性能を証明する制度です。内容を充分把握し検証しましょう。
◆立教大学
K281立教大学


[277-20101019]
商業施設としてGMS業態の見通し
一般的にはGMS業態は苦戦していると言われていますが、あくまで施設毎に異なるというのが実情です。競合環境や消費者ニーズの変化に対応できなかった施設は非常に苦しい状況である一方で、地域一番店として消費者の支持を受け続けている施設も存在します。今後、GMS各社は不採算店舗の一部を閉鎖する一方で、堅調な店舗については追加投資をするなど、施設間でメリハリを付けた戦略を打ち出してくると予想されます
※GMS(General Merchandise Store:総合スーパー)
◆明治学院大学
K280明治学院


[276-20101019]
日本の小売業界の見通し
少子高齢化が進む中、今後消費構造も大きく変化することが予想されます。消費構造の変化をいち早く捉え、消費者ニーズに対応した商品施策及びMD展開をとることがこれまで以上に求められてきます。足元の環境としては、所得環境の悪化により消費動向は弱含んでおり、一段と節約志向が高まっています。その中でも消費者ニーズを捉えたアウトレットモール等は堅調に維持しており、厳しい環境下においては、より施設間の優勝劣敗が鮮明になるものと考えられます。
※MD(マーチャンダイジング)戦略は、生活者のさまざまなライフスタイルに合わせた、専門店レベルの品ぞろえが基本です。メインターゲットであるファミリー層を見据えつつも、幅広い年齢層・性別・ライフスタイルを視野に入れ、日常生活に密着した文化的な商品や情報などを提供する戦略。
◆青山学院大学
K275青山学院大学


[275-20101019]
不動産売買マーケットの現状と今後の見通し
平成20年秋の金融危機に端を発する信用収縮により、不動産売買マーケットに流入する資金が停滞し、その結果不動産売買マーケットもほとんど機能してきませんでした。一方で相次ぐ政府等の支援策により、REITが破綻を回避できる仕組みが構築されたことで、徐々にではありますが、REITが不動産マーケットに登場する機会も増えてきています。依然大変厳しい状況下ですがREITによる不動産売買の活性化により、その影響がマーケット全体にもよい方向へ波及していくことを期待したい。
◆千葉大学
K274千葉大学


[274-20101019]
海外不動産への投資リスク
カントリーリスク、不動産制度の違い等様々なリスクがあります。
◆東京工業大学
K273東京工業大学


[273-20101019]
レジデンスへの投資留意点

・シングル向けに関して
原則として投資対象エリアは、首都圏の都市部と政令指定都市の中心部が良い。1戸当たりの専有面積が20㎡以上で、かつ40戸以上が良い。物件迄の距離は最寄り駅から徒歩5分以内が良い。
・DINKS向けに関して
原則として投資対象エリアは、首都圏の都市部と政令指定都市の中心部が良い。戸数は20戸以上が良い。物件迄の距離は最寄り駅から徒歩10分以内が良い。
・ファミリー向けに関して
原則として投資対象エリアは、首都圏の都市部と政令指定都市の中心部及びその周辺地域が良い。戸数は20戸以上が良い。物件迄の距離は最寄駅から徒歩15分以内が良い。
・ハイグレード向けに関して
賃貸用住居 立地、建物グレード、賃料水準等に留意しながら、安定した収益を見込むことができるものに限定するのが良い。原則として投資対象エリアは東京都心6区及びその周辺区部が良い。戸数は10戸以上が良い。


Points to keep in mind when investing in a residence

・ For singles
As a general rule, the investment target area should be the urban area of ​​the metropolitan area and the center of the ordinance-designated city. It is recommended that the occupied area per unit is 20 m2 or more and 40 units or more. The distance to the property should be within a 5-minute walk from the nearest station.
・ For DINKS
As a general rule, the investment target area should be the urban area of ​​the metropolitan area and the center of the ordinance-designated city. The number of units should be 20 or more. The distance to the property should be within a 10-minute walk from the nearest station.
・ For families
As a general rule, the investment target area should be the urban area of ​​the metropolitan area, the center of the ordinance-designated city, and the surrounding area. The number of units should be 20 or more. The distance to the property should be within a 15-minute walk from the nearest station.
・ For high grade
It is better to limit to those that can expect stable profits while paying attention to the location of housing for rent, building grade, rent level, etc. As a general rule, the investment target area is good in the central 6 wards of Tokyo and the surrounding wards. The number of units should be 10 or more.


◆学習院大学
K269学習院大学


[272-20101019]
ホテルへの投資留意点
・賃貸借契約に関して
原則として、リース方式(賃貸借直営方式)により運用する形態のもの。特に、オペレーター(ホテルの経営責任者及び運営責任者)との賃貸借契約の残存契約期間が5年以上で、かつ、賃料の固定部分の収入がポートフォリオの収益に貢献できるもの。
・規模に関して
個別の立地特性による地域性や機能又は業態毎の標準的な規模をベースとし、地域の将来性を考慮の上で、適正規模を判断。但し、原則として客室数100以上。
・種類に関して
アップスケール/多機能型タイプ、ミッドスケール/複合型タイプ及びエコノミー/宿泊特化型タイプを対象。
・その他
立地特性及びマーケット動向(商圏・競合状況、宿泊目的・種別・人数・料金・稼働率等)、オペレーターの業績、決算内容等信用状況、賃料水準、賃貸借期間、敷金金額、中途解約条件内容、代替テナントの可能性等を総合的に検証しましょう。
◆拓殖大学
K268拓殖大学


[271-20101019]
オフィスビルへの投資留意点
内外装のグレード感、天井高、設備仕様(電気容量、空調方式、通信回線数、セキュリティー等)等のビルの仕様が、当該ビジネスエリアの中で充分な競争力を持っており、かつ投資対象不動産毎に、個別の立地特性による地域性、代替テナント確保の容易性、地域の将来性等を総合的に検討しましょう。
◆駒澤大学
K267駒沢大学

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック