FC2ブログ

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その15

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その15

その一部は、一部の発行者による不誠実な取引でした。 発行者自身の何人かは、これらの住宅ローンがとても安全であることを疑っていました。 私は何を気にしますか? これが起こったことです。 複雑な一連の手順になりました。 誰かが住宅ローンを始めます。 それは私が住宅所有者と話すことを意味します。 その後、住宅ローンを組成した後、ファニーやフレディ、または民間の住宅ローン証券会社などの投資家に販売します。 民間の住宅ローン証券会社が住宅ローンのサービサーを見つけた場合、それはオリジネーターである可能性があり、その後、住宅ローンのサービスを提供します。 住宅ローンにサービスを提供するとはどういう意味ですか?



たとえば、支払いを逃した場合は、電話をかけることを意味します。 または、住宅ローンについて質問がある場合は、誰かに電話する必要があります。 だから住宅ローンサービサーはそれをします。 それは別の実体です。 次に、cmoオリジネーターがあり、次にcdoオリジネーターがあります。 非常に複雑なシステムになっています。 そして、すべてが崩壊しました。 ですから、見ようとする多くの改革がありました。この種の崩壊を防ぐために何ができるでしょうか。 何人かの人々は言うでしょう、全部を終わらせましょう。 1778年に戻りましょう。住宅ローンの証券化業者を持たないようにしましょう。 しかし、それはとられたステップではありません。 私たちは進歩していると思います。 しかし、私はヨーロッパと米国の両方で行われた1つの重要な変更について少し言及して結論を出したいと思います。ヨーロッパ議会は、住宅ローンのオリジネーターに住宅ローンの残高の5%を維持することを要求または奨励する新しい指令を可決しました。 独自のポートフォリオ。

つまり、住宅ローンを組成した場合、住宅ローンの95%を投資家に売却できますが、5%を維持する必要があります。そのため、この5%の制限は、後に米国のドッドフランク法に組み込まれました。したがって、同じ要件があります。そしてこれは、危機を引き起こした道徳的危険の問題を減らし、住宅ローンの証券化プロセスを維持することになっています。だからアイデアはこれです。そして私は知っている、私は人々が私に言うのを聞いた。 住宅ローン創設者は時々皮肉になりました。彼らは私がこの家族が住宅ローンを記入するのを手伝っていると大丈夫だと思った。私は何を気にしますか?この家族は、これを返済するつもりはないようです。しかし、私は何を気にしますか?記入します。私は他の誰かに住宅ローンを売ります、そして私はここから出ています。実際、いくつかの住宅ローンブローカーで、それはいくつかのケースで悪化しました。家族が家を買いたがって来るでしょう、そして住宅ローンブローカーはとにかくあなたの年収入はいくらですかと言うでしょう。そして彼らは彼に収入を告げるでしょう。そして彼は、あなたはその収入で30万ドルの家を買おうとしていると言うでしょう?私はこれができるかどうかわかりません。しかし、彼は言うでしょう。ちょっと待って。これについてもう一度考えてください。それは本当にあなたの収入ですか?あなたは私にあなたの収入は年間40,000ドルだと言いました。本気ですか?年間5万ドルと言ってみませんか。または年間60,000ドルと言います。そして夫婦は信じられない思いで彼を見て、ノーと言いました。たったの$40,000です。彼は、まあ、それについて考えて言うでしょう。あなたは他の情報源を持っていますね?誰もがこれをします、あなたは知っています。だから、わかりました、私たちは60,000ドルを持っています。彼は大丈夫だと言います。そして彼らは、まあ、住宅ローンブローカーが私にこれをする許可を与えたと思いました。彼は損失を被るつもりはないので、彼は気にしません。したがって、新しい法律はそのようなことを思いとどまらせることになっています。そして、引き締めようとしている新しい法律がたくさんあります。たとえば、米国の住宅ローンブローカーは現在、免許を取得する必要があります。それはちょうど5年前のことでした、あなたは元詐欺師であり、刑務所から出たばかりであり、そしてあなたは住宅ローンブローカーとしてビジネスを始めることができました。もうできません。ですから、世界中で起こっていることは、私たちがこの経験から学んだということですが、私たちは住宅ローンの証券化のこの基本的なシステムを保持しています。プロの住宅ローン貸し手。基礎産業は維持されています。そして私たちは、おそらく私たちがより良いシステムを持っていることを望んでおり、考えています。それではこれで終了にします。再び月曜日にお会いしましょう。


10. Real Estate

part of it was bad faith dealings by some of the issuers. some of the issuers themselves dooubted that these mortgages were so safe. what do i care? this is what happened. it's gotten to be complicated set of steps. somebody originates the mortgage. that means i talk to the homeowner. then after they've originated the mortgage, they sell it to an investor, like fannie or freddie or some private mortgage securitizer. and the private mortgage securitizer finds a morgage servicer, it may be the originator ,who will then service the mortgage. what does it mean to service the mortgage?

it means to call you on the phone if you've missed your payment for example. or if you have questions about the mortgage, there should be someone you call. so the mortgageservicer does that. that's a separate entity. and then we have the cmo originator, then we have the cdo originator. it's gotten to be a very complicated system. and then whole thing collapsed. so there'been a lot of reform to try to see, what can we do to prevent this kind of collapse? some people would say, let's end the whole thing. let's go back to 1778. let's not have mortgage securitizers. but that's not the steps that have been taken. i think that we are making progress. but i want to just conclude with just a little reference to one important change that was made in both europe and the united states.the european parliament passed a new directive that requires, or incentivizes mortgage originators to keep 5% of the mortgage balance in their own portfolio.

that means if you originate mortgage you can sell off 95% of the mortgage to investors, but you have to keep 5%. so this 5% limit was then later incorporated into the dodd-frank act in the united states. so we again have the same requirement. and this is supposed to reduce the moral hazard problem that created the crisis and retain the mortgage securitization process. so the idea is this. and i know, i heard people tell me. morgage originators sometimes got cynical. they thought ok i'm helping this family fill out a mortgage. what do i care? this family doesn't look like they're not going to pay this back. but what do i care? i'll fill it out. i'll sell the mortgage to someone else, and i'm out of here. in fact it got bad in some cases, with some mortgage brokers. a family would come wanting to buy a house, and the mortgage broker would say, what is your income anyway? and they would tell him the income. and he'd say, you're trying to buy a $300,000 house on that income? i don't know if i can do this. but then he'd say. wait a minute. think about this again. is that really your income? you told me your income is $40,000 a year. are you sure? why don't we say $50,000 thousand a year. or say $60,000 a year. and the couple would look at him in disbelief and say no. we only have $40,000. he would say, well, think about it. you have other sources, don't you? everybody does this, you know. so, ok, we have $60,000. he says fine. and they thought, well, the mortgage broker gave me permission to do this. and he doesn't care, because he's not going take the loss. so the new law is supposed to discourage that kind of thing. and there's lots of new laws that are trying to tighten up. for example, mortgage brokers in the united states now have to be licenced. it used to be just five years ago, you could be an ex-con, fresh out of jail, and you could take up a business as mortgage broker. you can't anymore. so, what's happening all over the world is that we've learned from this experience, but we're retaining this basic system of mortgage securitization. mortgage lenders that are professional. the basic industry has been retained. and we're hoping and thinking that maybe we have a better system. so i'll stop there, and i'll see you on monday.


1:08:43/1:08:43

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック