FC2ブログ

不動産トレンド241-250&近代建築物(大阪編)

[250-20101013]
不動産の流動性、取引コスト等に関するリスク
不動産をめぐる権利関係の調査、賃貸借契約に関する調査、修繕履歴の調査、不動産鑑定士による鑑定や関係者との交渉等、売却及び取得に多くの時間と費用を要します。特に、不動産が共有物件又は区分所有物件である場合、土地と建物が別人の所有に属する場合等権利関係の態様によっては、取得又は売却により多くの時間と費用を要することがあり、場合によっては取得又は売却ができない可能性があります。
◆大阪市の愛日小学校
K142愛日小学校


[249-20101012]
不動産投資に関して
「成長力のある地域」における「競争力のある物件」に投資しましょう。「低リスク安定リターン」を基本としましょう。
◆大阪市の朝日新聞ビル
K141朝日新聞ビル


[248-20101012]
地震PML(予想最大損失率)値とは
地震PML(予想最大損失率)値は20%未満を原則とし、20%以上の物件については耐震補強工事の実施等を取得の条件とすること。地震保険の付保については、ポートフォリオ全体のPML値を基準に、災害による影響と損害保険料とを比較して付保の判断を行います。なお、PML値が高い個別物件があれば、個々に地震保険の付保を検討します。
◆大阪市のダイビル
K140ダイビル


[247-20101012]
プレミア投資法人(以下「PIC」)とは
PICは、人口や産業の集積度が高く経済の基盤が強固な東京経済圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県を指します。)に投資地域を特化し、オフィス及びレジデンスを主な用途とする不動産に分散投資しています。オフィス、レジデンスが持つそれぞれの特性を組み合わせることで、ポートフォリオの中長期的に安定した収益の確保を目指したREITです。
◆堺市の旧堺灯台
K138旧堺灯台


[246-20101012]
リートにおける商品設計及び関係者に関するリスク12項目
1. 投資口の商品性に関するリスク
2. 収入及び費用、キャッシュ・フローの変動に関するリスク
3. ローン・トゥ・バリュー・レシオに関するリスク
4. 借入及び投資法人債に関するリスク
5. 投資法人の倒産リスク
6. 本投資法人の登録が取消されるリスク
7. 本投資法人以外の関係者への依存に関するリスク
8. 役員の職務遂行に関するリスク
9. インサイダー取引規制等が存在しないことによるリスク
10. 本資産運用会社に関するリスク
11. プロパティ・マネジメント業務受託者に関するリスク
12. 本投資法人の運営に関与する法人の利益相反等に関するリスク
◆大阪市の造幣局「泉布観」
K135造幣局「泉布観」


[245-20101012]
リートにおける税務リスク10項目
1. 利益の配当等の損金算入に関する課税の特例の適用に関する一般的なリスク
2. 過大な税負担の発生により90%超支払配当要件が満たされないリスク
3. 税務調査等による更正処分のため、追加的な税金が発生するリスク及び
  90%超支払配当要件が満たされないリスク
4. 同族会社に該当するリスク
5. 不動産の取得に伴う軽減措置の適用が受けられないリスク
6. 税制変更に関するリスク
7. 投資口を保有する投資主について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
8. 減損会計の適用に関するリスク
9. 資金不足により利益の配当等が行われないことに関するリスク
10. 納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク
◆帝塚山の旧大阪女子大(大阪府大)
K128旧大阪女子大


[244-20101012]
リートにおける不動産リスク20項目
1. 不動産の流動性、取引コスト、フォワード・コミットメント等に関するリスク
2. 物件取得の競争に関するリスク
3. 不動産の欠陥・瑕疵に関するリスク
4. 不動産に関する権利関係の複雑性及び不動産登記に公信力なきことに由来するリスク
5. 共有物件に関するリスク
6. 区分所有物件に関するリスク
7. 借地物件に関するリスク
8. 開発物件に関するリスク
9. 鑑定評価額及び建物状況評価に関するリスク
10. 賃料収入の減少に関するリスク
11. マスターリースに関するリスク
12. わが国における不動産の賃貸借契約に関するリスク
13. テナントの建物使用態様に関するリスク
14. 不動産の運用費用の増加に関するリスク
15. 偶然不測の事故・自然災害に関するリスク
16. 不動産の偏在に関するリスク
17. テナント集中に関するリスク
18. 不動産に関する所有者責任等に関するリスク
19. 法令の変更に関するリスク
20. 有害物質に関するリスク
◆大阪中央郵便局
K127大阪中央郵便局


[243-20101012]
投資口と分配金に関して
投資法人は株式会社でいえば株式に相当する投資口を発行します。また、投資法人は分配可能利益の90%超を投資家に配当するなど一定の要件を満たすことで分配金を損金として処理することができ、実質的に法人税の負担を軽減することができます。つまり、税制上のメリットを受けることができるため、一般の株式と比べて高い分配金が期待できる。
◆西区の旧太平ビル
K125旧太平ビル


[242-20101012]
会社型の不動産投資信託とは
不動産投資信託には、会社型と契約型の2つの形態がある。会社型の不動産投資信託は、投資法人という法人を設立し、投資法人が投資家に対する投資口の発行により集めた資金を不動産等に投資するしくみとなっています。この投資法人は資産運用、資産の保管、運用状況の監査、その他一般事務の一切を外部の専門家に委託します。この中で資産運用の受託は投資法人資産運用業の認可を受けた会社(資産運用会社)のみが行うことができます
◆西天満の宇治電ビル
K124宇治電ビル


[241-20101012]
REIT(リート)とは

不動産投資信託は、投資家から集めた資金をオフィスビルや商業施設などの不動産に投資することにより運用します。不動産投資信託は、不動産から得られる賃貸収益や不動産の入れ替えに伴う売却益などを分配金として投資家に配当する金融商品です。これまで投資信託の主要な投資対象は株式や債券などの有価証券に限られていましたが、投信法の改正により平成12年11月から不動産を主要な投資対象とすることが可能となりました。米国では1960年に誕生し、Real Estate Investment Trust、略してREIT(リート)と呼ばれています。

What is a REIT?

Real estate investment trusts are managed by investing the funds collected from investors in real estate such as office buildings and commercial facilities. A real estate investment trust is a financial product that distributes rental income obtained from real estate and gains on sales associated with the replacement of real estate to investors as dividends. Until now, the main investment targets of investment trusts were limited to securities such as stocks and bonds, but with the revision of the Investment Trust Law, it has become possible to make real estate the main investment target from November 2000. .. Born in 1960 in the United States, it is called Real Estate Investment Trust, or REIT for short.

◆大阪市の某民家
K123某民家

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック