FC2ブログ

マイアミコンドミニアム崩壊:NIST調査アップデート11/8 NCST その5

マイアミコンドミニアム崩壊:NIST調査アップデート11/8 NCST その5
jeffostroff

そこで彼らはついに、ここでこれらの工学研究と分析をどのように行うかについての計画を発表しました。 ですから、ここで彼らがしている2人の共同リーダーの下で、彼らが始めている6つのプロジェクトがあります。 したがって、ここでの最初のプロジェクトでは、左側のコード履歴の方法で建物を調査し、次にここで調査します。 プロジェクト2は証拠の保存を含むので、どこに保管するのか、損傷しないようにどのように保管するのか、そしてどのようにカタログ化するのかなどです。 ここでのプロジェクト3は、リモートセンシング分析であり、前のスライドで私たちの何人かが見始めました。


プロジェクト4は材料科学であるため、これらはコンクリートの材料の断片を取り始めるような化学試験を行い、おそらく高度な寿命試験を行い、現在のpHが何であるかを確認するためのあらゆる種類の試験を行います。コンクリートが弱くなるほどpHが下がりすぎましたか?コンクリートには適切な量の骨材が含まれていましたか?これはおそらく最も有益だと思います。そして、ここにあるプロジェクト5は、地盤工学です。土壌のすべてのテストを開始すると、コンクリートから土壌にボーリングを始め、コアを引き上げて、音波やあらゆる種類のものでテストを開始する可能性があります。土を特徴づけるためだけに、その上に建物を建てるのが適切でしたか?それは本当に問題ですか?地下水面が高すぎませんか?それはこれらの人がすることです。そして、ここでのプロジェクト番号6は構造工学なので、プロジェクト4と6は、それらが持ち込む構造工学の2つの最も重要なものだと思います。彼らはそれを見る他のすべての賢い構造エンジニアです。

そして、これらの柱に適切な量の鉄筋が入れられましたか? そしてスラブはなぜプールデッキのそばでそのせん断応力が起こったのですか? どのように1つの柱が落ちて建物全体を引き下げるのか、それは私がすべてに尋ねられる質問です。 その時は、そのビデオを公開する準備もできています。それから、ここで彼らは、協調的な調整と協力の重要性について話しました。 そして、このチャートに表示されているこれらすべての人々が、これが完全に実現するためにすべて協力する必要があるように、あなたは人々を服従させる必要はありませんが、私は以前の人々を非難しました、そして私はそれをもう一度言うつもりです 。 nistは、この国家建設安全チーム法の下で召喚状の能力を持っていることを忘れないでください。 私は彼らが完全に召喚していることを期待しています。少なくとも2、3人があなたが最初に私からそれを聞いた私の言葉をマークします。 あなたはこの調査の人々に何人かの不本意な参加者を見つけるでしょう


Miami Condo Collapse: NIST Investigation Update 11/8 NCST

so they also there finally announced their plan of how they're going to do these engineering studies here and the analyses. so under the two co-leaders here what they're doing there's six projects that they'er starting. so the first project here will study the building in the code history way over here on the left and then over here. project two will encompass evidence preservation so where are they going to store it how are they going to keep it so that it doesn't get damaged and how are they going to catalog it and everthing. project three here will be remote sensing analysis a lot of it which we started to see some of us here in the previous slides and then.

project four is material science so these are the guys that like start taking pieces of the material of the concrete and they'll do chemical tests on it probably advanced life testing on it all sorts of tests to see what's the current ph of it. did the ph drop too much that the concrete got weakened? was there the appropriate amount of aggregate in the concrete? this i think will be probably the most beneficial. and then project five right here is the geotechnical engineering that's when they start doing all the tests of the soil they might start boring down through the concrete and into the soil and start maybe pulling up cores and testing with audio waves and all sorts of stuff to just to characterize the soil was it suitable to have building on it. is ther really a problem? is the water table coming up too high there? that's what these guys will do. and then project number six here is the structural engineering so i think projects four and six are the two most important ones the structual engineerings that's where they bring in. they're all other smart structural engineer guys that will look at it

and was the right amount of rebar rods put in these colums? and the slabs why did we have that punching shear going on over by the pool deck? how does one column falling pull down an entire building which that's a question i get asked all. the time so we're getting ready to put a video out on that one as well too okay and then here they talked about the importance of collaborate coordinate and cooperate. and so that all of these people here that you see in this chart need to all work together for this to come out perfectly you don't want to have to go subpoenaing people but i pridicted earlier folks and i'm going to say it again. remember nist has subpoena capabilities here under this national construction safty team act. i expect them fully to be subpoenaing at least two or three people mark my words you heard it from me first. you're going to find some unwilling participants in this investigation folks


13:25/23:40

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック