FC2ブログ

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その3

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その3
Amit Sengupta

現在のウクライナの大統領を見て、簡単な概要を説明します。 彼はブラディミール ゼレンスキーです。 彼は2019年5月20日に大統領になりました。2014年から2019年まで彼の前に、ウクライナの大統領はペトロ ポロシェンコでした。 2010年から2014年にかけてさらにさかのぼると、ウクライナの大統領はヴィクトル・ヤヌコーヴィチでした。 総在任期間が10年を超えるこれら3人の大統領すべてに言及することが重要です。 1991年以来、これまでウクライナには合計7人の大統領がいました。しかし、ロシアの紛争を理解するには、これら3つの大統領任期中に起こった出来事を知る必要があるだけです。



さて、ウクライナの政党について簡単に説明しましょう。その後、私はこれらの3つの先例を彼らの政治的所属に従って分類し、ウクライナの幅広い政治的全体像をいくらか得るようにします。つまり、基本的にウクライナの政治は3つのカテゴリーに分けられますが、実際には主要なものは2つですが、その間に政治グループが存在するため、イデオロギーに関係なく、ウクライナのすべての政党を簡単に分類できる3つのカテゴリーがあります。最初のカテゴリーには、親欧米の政党が含まれます。 natoもサポートしています。彼らは親ヨーロッパ人です。彼らは西側諸国の自由な民主主義を信じており、反ロシア人でもあります。 2番目のカテゴリには、親ロシアであるすべての政党が含まれます。彼らは古いソビエト文化が好きです。彼らはユーロセプティックであり、ヨーロッパの組合を批判し、しばしば反アメリカ的であり、あまり寛大ではありません。 3番目のカテゴリーには、地域および地方の利益のみに焦点を当てる政党が含まれます。政治科学にはそれを表す用語があります。それは地域主義のイデオロギーと呼ばれ、このカテゴリーのほとんどすべての政党は比較的新しいものです。それらは基本的に過去5、6年かそこらで形成されました。あなたは彼らを、彼らの基盤を築こうとしているウクライナ国民の神経をまだ理解している新しい新興の政党と考えることができます。そして、彼らが十分な支持者になると、彼らがどちらの側を選ぶかを見るのは興味深いでしょう。地域の政治から移行すると、国の政治に直面する必要があり、どの国の国の政治も国際関係と直接的な相関関係があります。

国際レベルでは、それが気に入らない場合は、側に立つことを余儀なくされます。 中立になることはまったく不可能です。 重要度の低い問題について中立を目指すことはできますが、戦略的利益に関しては、これらが3つのカテゴリになるように、またはウクライナのすべての政党が属する政治キャンプと言うことができます。


Russia – Ukraine conflict / crisis Explained | Everything in detail | Geopolitics
Amit Sengupta

i'll give you a quick overview if you look at the current president of ukraine. he is vladimir zelinsky. he became the president on 20th may 2019. before him from 2014 to 2019 the ukrainian president was petro poroshenko. if you ho further behind from 2010 to 2014 the president of ukraine was vilktor yanukovych. it is important to mention all these three presidents whose collective tenure spans over a decade. in total there were seven presidents in ukraine till now since 1991. but to understand the russian conflict we only need to know the events that took place during these three presidential terms.

now let me quickly tell you about the political parties in ukraine. after that i will categorize these three precedents as per their political affiliation so that somewhat get a broad political picture of ukraine. so basically the politics of ukraine is divided into three categories actually the major ones are two but there are political groups who are in between so together so together there are three categories in which all the political parties in ukraine irrespective of the ideology can be easily categorized. the first category includes those political parties who are pro-western. they also support nato. they are pro-european. they believe in the liberal democracy of the western countries and they are also anti-russian. the second category includes all political parties that are pro-russia. they like the old soviet culture. they are eurosceptic meaning they criticize european union and they often anti-american and they are also not very liberal. the third category includes political parties that only focus on regional and local interests. in political science there is a term for it. it is called the ideology of regionalism and almost all the political parties in this category are comparatively new. they were formed in the last five six years or so basically. you can think of them as new emerging political parties who are still figuring out the nerve of the ukrainian public trying to build their foundation. and once they are going to be enough supporters it will be interesting to see which side will they choose. because onece you transition out of regional politics you then have to face national politics and national politics of any country has a direct correlation with international relations.

at the international level if you don't like it you will be forced to take sides. it's not at all possible to be neutral. you can try to be neutral on less important matters but then when it comes to strategic interests you will end up taking sides so these are the three categories or you can say political camps in which all the political parties in ukraine fall into.


6:30/34:30

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック