FC2ブログ

要介護状態になりにくいまち

[1382-20220413]
要介護状態になりにくいまち

資料

外出の機会となる社会参加が多く、つながりが生まれるまちづくりが介護予防においては重要である。しかし、行政と住民ボランティアによる取り組みだけでは限界がある。営利企業を含む事業者にも担い手になってもらうために「ソーシャル・インパクト・ボンド」(SIB)を含む成果連動型民間委託契約方式(PFS:Pay For Success)が注目される。実際に要介護リスク者が2.6倍多いまちがあり、それは社会参加や交流が少ないまちである。従来の予防施策のような「個人の努力」やボランティアだけに頼るのではなく、産官学連携で「社会参加しやすいまちづくり」を進め環境を変える発想が、これからの予防には求められている。


DSC_3657.jpg
大阪中之島
2021.09.16撮影

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック