FC2ブログ

アメリカの空家問題 その1

[1380-20220328]
アメリカの空家問題 その1

アメリカでは、20世紀初頭から経済発展を牽引してきた製造業などの衰退により、中西部及び東部の諸都市では住宅地の郊外化もあり特に中心部で人口が大幅に減少し空家が大量に発生した。その後、21世紀に入り、サブプライムローン利用者の返済が滞り、差押えによってさらに空家が増加した。しかし、空家問題への対応は日本のかなり先を行っている。

参考文献:アメリカの空き家対策とエリア再生

DSC_3639.jpg
大阪中之島
2021.09.16撮影

English



American vacant house problem part 1

In the United States, due to the decline of the manufacturing industry, which has been the driving force of economic development since the beginning of the 20th century, the population of residential areas has become suburban in the cities of the Midwest and the east, and the population has decreased significantly, especially in the central part, and a large number of vacant houses have occurred. Then, in the 21st century, the repayment of subprime loan users was delayed, and the number of vacant houses increased due to seizure. However, the response to the vacant house problem is far ahead of Japan.

References: Measures for vacant houses in the United States and area regeneration

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック