FC2ブログ

キャシー・ウッド:中国の崩壊はあなたが思っているよりもはるかに悪い その4

キャシー・ウッド:中国の崩壊はあなたが思っているよりもはるかに悪い その4
Casgains Academy

それらを元に戻すのは難しいでしょう。 中国の上位30の開発業者の3分の2が、少なくとも1つのレッドラインを越えています。 これらの3つの問題は、プロパティ開発業者が簡単に負債を減らすことができないということです。 境界線を満たす唯一の方法は、多くの開発業者が現在やろうとしていることとまったく同じ物件を販売することです。 恒大集団とカイサグループの持ち株会社は、できるだけ早く物件を売却しようとしています。 恒大集団は、香港本社を収容するタワーであるエバーグランデタワーの販売を検討しています。 ただし、その物件はまだ売却されていません。 カイサグループホールディングスは、合計470万平方フィート18のプロジェクトを市場に出しました。 そして恒大集団と同じように、kaisaカイサはまだこれらのプロジェクトを販売していません。



これらすべての物件が販売されている場合の問題は、利用可能な購入者がいないことです。 これは、他のすべての不動産開発業者もその3つレッドラインの要件を満たそうとしているためです。 市場にこのすべての物件の購入者がいない場合、唯一の解決策は、恒大集団とカイサが価格を下げることです。 そして、それらの価格が何度も下がると、市場は崩壊するでしょう。 これは、恒大集団が現金を調達するためにすべての物件に30%の割引を提供する計画を発表したときに証明されました。 30%の低下は大きな金額ですが、それでもバイヤーが一掃するのに十分ではありません。恒大集団の物件は、会社がローンの利息を完済するのに十分な速さで売れていません。 これは、エコノミストが何十年にもわたって驚かしてきた、以前は急速だった中国のgdpの成長を損なうことになります。

不動産開発は、中国の総経済生産高の29%を占めています。 gdpに何が起こるか想像してみてください。 連邦準備制度によると、このセクターが崩壊した場合、中国の今後の減速は中国国民にとって問題ではなく、世界中の人々にとって潜在的に問題です。 連邦政府は、中国の景気減速はリスク感情の悪化を通じて世界の金融市場に負担をかけ、世界の経済成長にリスクをもたらし、米国に影響を与える可能性があると述べた。 言い換えれば、中国の不動産市場が崩壊した場合、世界経済全体が苦しむことになります。 あなたが考えることができるほとんどすべての商品を製造するために、世界は中国を現実にしています。 2019年には、世界の製造生産量の28%以上が中国からのものでした。 中国は大きすぎて失敗できないと思われるかもしれませんが、この種の経済の減速は、私たちがこれまでに見たことのないものではありません。 危機は何十年も前に起こったが、日本の1989年の不動産の墜落は現在の中国と非常に似ている。

1980年代、日本は成長する経済の黄金のモデルでした。エコノミストは、日本が最終的に米国を追い抜くと考えていました。最大の世界大国として。ニュース報道によると、日本の理論上の地価は、米国内のすべての土地の4倍の価値がありました。世界の他の国々は、1980年代に平均年率3.89%で成長した日本の急速に成長している実質gdpを羨ましがっていました。何十年にもわたる経済成長の後、日本は巨大な債務危機に陥りました。中国と同様に、日本企業は財務省が企業借入を奨励した後、莫大な金額を借り入れました。財務省はまた、低金利、規制緩和、国内刺激策を推進し、年間約8〜10%の資金供給を増やしました。価格はどんどん高くなり、日本のgdpも高くなりました。しかし、日本は非常に早くランクを上げましたが、その経済はさらに速く崩壊しました。 1992年までに、日本のstoc市場はほぼ60%減少して15,900になりました。次の20年間で、日経指数は既存の60%の低下に加えてさらに45%低下しました。株価が何十年も回復しなかったため、このクラッシュは失われた数十年として知られています。キャシーウッドは、中国が非常によく似た状況にあると信じています。中国の不動産価格は、増大する債務危機に後押しされて、新たな高値に上昇しています。


Cathie Wood: China’s COLLAPSE Is FAR Worse Than You Think

it's going to be difficult to bring them back to the ground floor. two thirds of the top 30 chinese developers have crossed at least one red line. the issue with these three lines is that property developers can't just lower their liabilities with a snap of a finger. the only way to meet the lines is by selling properties which is exactly what many developers are trying to do right now. evergrande and kaisa group holdings are attempting to sell their properties as quickly as they can. evergrande is looking to sell the evergrande tower which is the tower that houses its hong kong headquarters. however, that property hasn't been sold yet. kaisa group holdings has put 18 of its projects with a combined square footage of 4.7 million square feet, on the market. and just like evergrande, kaisa still hasn't sold any of these projects.

the issue with all these properties going on sale is that there aren't any buyers available. this is because all of the other real estate developers are also trying to meet that three red line requirements. if there's no buyers for all of this property on the market, the only solution would be for evergrande and kaisa to lower their price. and when those prices are lowered over and over again, the market is going to collapse. this was evidenced when evergrande announced its plan to offer a 30% discount for all properties in an effort to raise cash. a 30% drop is a large amount, but even that is not enough for buyers to sweep in. evergrande's properties are simply not selling fast enough for the company to pay off its loan interest. this is going to hurt china's previously fast gdp growth that economists have marveled at for decades.

property developing represents 29% of china's total economic output. imagine what's going to happen to the gdp. if this sector collapses, according to the federal reserve, china's upcoming slowdown is not an issue for chinese citizens, but potentially for people all across the world. the fed stated that china's economic slowdown could strain global financial markets through the deterioration of risk sentiment, pose risks to global economic growth and affect the united states. in other words, if the chinese real estate market crashed, the entire global economy would suffer. the world realies on china to manufacture almost every good that you can think of. in 2019 over 28% of global manufacturing output was from china. you might think that china is too big to fail, but this type of economic slowdown is not one that we haven't seen before. though the crisis happened many decades ago, japan's 1989 real estate crash is very similar to china right now.

back in the 1980s, japan was the golden model for growing economies. economists thought that japan would eventually overtake the u.s. as the largest world power. news reports showed that japan's theoretical land value was worth four times more than all of the land in the u.s. other countries in the world envied japan's quickly growing real gdp, which grew at an average annual rate of 3.89% in the 1980s. after decades of thriving economic growth japan was in a humongous debt crisis. similar to china, japanese corporations borrowed immense amounts of money after the ministry of finance encouraged corporate borrowing. the finance ministry also promoted low interest rates, deregulation, and domestic stimulation that increased the money supply by around 8-10% per year. prices climbs higher and higher and so did japan's gdp. but even though japan rodeup the ranks extremely quickly, its economy collapsed even faster. by 1992, the japanese stoc market was down almost 60% to 15,900. over the next two decades the nikkei index dropped an additional 45% on top of the existing 60%fall. this crash is known as the lost decades because equity prices didn't recover for decades. kathy wood believe china is in a very similar situation. chinese real estate prices are elevated to new highs that are fueled by a growing debt crisis.


14:04/17:54

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック