FC2ブログ

コミュニティ レジリエンス:構築と維持 その1

コミュニティ レジリエンス:構築と維持 その1
TEDx Talks

私は20016年に火災が発生した後、災害復旧チームの一員でした。そして、すべてを失った住宅所有者に会いました。 たくさんのキャビンがありました。 家のブリキの屋根から金属をひねっただけだったので、キャビンがたくさんあると思います。 住宅所有者は彼らが彼らの家を再建するつもりであると言いました。 そして、彼らが谷を見下ろした丘の頂上で彼らが恋に落ちた高い砂漠のコミュニティ。 そして彼らは、彼らが彼らの夢を生きることを妨げるために私がすることは何もないと言いました。 この家族は荒廃し、彼らの喪失を悲しみましたが、彼らの生活と家を再建することを目的としており、すでにそれがありました。 ニュースに注目すると、ハリケーン・カトリーナ、福島の津波、スーパーストーム・サンディ、ハリケーン・マリアなどの自然災害の恐ろしい影響が見られます。


そして、私があなたの家族や町について共有したものはすべてを失ったというような話を聞いています。オクラホマのムーアとミズーリのジョブリンを襲った竜巻の爪痕を見てきました。さらに、どのように再構築するのかを自問するかもしれません。小さな町の話と小さな話を共有したいと思います。小さな話ではありません。私はミシシッピにいて、そしてそれは彼らが再建したのです。そして今、彼らは彼らが回復力を持ったように再建します。 1993年の夏、ミシシッピ川がイリノイ州のビルマッシャーで氾濫したのは1回ではなく、2回で、町に20フィートの水が運ばれました。それは町の生活全体で彼らの家と彼らの商売を壊滅させました。水が下がると、彼ら人々は町全体を東に100フィート高い標高に2マイル移動させる大胆な実験に署名します。これは私が言ったように2年かかった仕事であり、一部の人々は本当にそれをしたくありませんでした。しかし、これは私たちが災害回復力のあるコミュニティと呼んでいるものです。では、災害回復力とはどういう意味ですか。私たちが見ている定義は生態学から来ており、生態系とエコーシステムについて話します。私たちはコミュニティと呼ぶことができ、ここでの概念はこれらのコミュニティであるということです。

また、彼らに発生する問題を吸収する必要があり、彼らは繁栄し、生き残ることができます。そしてこれは彼らがしていることでもあり、彼らは自然環境から身を守り、共同社会の主体性を維持していると私たちは呼んでいます。では、どのように再構築して切り替えしますか。コミュニティのアイデンティティを維持し続けることはできますか?それが災害に対する回復力です。緊急管理と災害管理の分野では、回復力は脅威やその他の重大なストレス源にうまく適応するプロセスであると私たちは言います。弾力性は跳ね返る能力であり、それはバレマーイリノイのコミュニティが行ったことです。ニュースでは、これらの災害の間に起こった驚くべき彼女の仕事のレシピについて聞いていますが、コミュニティを再建するための同じように驚くべき英雄的な努力については聞いていません。人々は自分たちの町の断片を拾い上げ、再び元気になります。この回復は一夜にして起こりません。時間がかかる。計画が必要です。調整が必要です。さらに、回復力のある人が必要です。緊急事態管理者としての私のキャリアの中で、あなたはここで写真を見ることができます。私は時間をかけて健康な人と個人に焦点を合わせ、災害に備えて準備を整えました。個人と同じように、コミュニティ全体でこれを行うことができました。どうしようか。私たちは彼らに準備の仕方を教えます。ですから、私たちは、ここにいる近所の隣人グループのような組織として、隣人のために隣人と一緒にいます。それはあなたの近所の時計のようなものですが、それに災害のひねりがあります。


Community Resilience: Building it and Sustaining it

i was part of disaster recovery team after the blue cut fire in 20016. and we met with homeowners who lost everything. and there was a lot of cabin. well i can only guess there's a lot of cabin because what stood was just twisted metal from the tin roof of their house. the homeowners said they're going to rebuild their home. and the high desert comunity that they fell in love with on the hilltop they overlooked the valley. and they said there's nothing i was going to do to keep them from living their dream. this family was devastated and sad their loss however there was aimed and already to rebuild their lives and their home. if you pay attention to the news you'll notice that we've seen terrifying impacts of natural disasters such as hurricane katrina the fukushima tsunami superstorm sandy and hurricane maria they're examples there.

and we hear stories like that what i just what i just shared about your families and towns lost everything. we've seen the devastation of tornadoes that ripped through moore oklahoma and also joplin missouri. moreover you may ask yourself how do they they rebuild. i want to share a small story with story with you about a small town. not a small story. i 'm mississippi and it's they rebuilt. and now they do they rebuild they became resilient. in the summer of 1993 the mississippi flooded bil masher Illinois not once but twice bring you 20 feet of water into the town. it drownded their homes and their buisinesses in the town's entire way of life. when the rent waters receded the people of them are signed on for a bold experiment to move their entire town two miles to the east hundred feet higher elevation. and this is a undertaking that took like i said two years and people some people didn't really want do it. but however this is what we call a disaster resilient community. so what does disaster resilience mean. the definition that we take a look at comes from ecology and we talk about ecosystems and echo system. we can refer to as what a community and the concept here is that these communities.

we'll also have to absorb the issues that come to them and they can thrive and survive. and this is what they do also is they maintain themselves from ecology and what we call that is keeping community identity. so how do you rebuild and commute. can i continue to keep your community identity. that's what disaster resilience really is. in the field of emergency management and disaster management we say that resiliency is the process adapting well to threats and other significant sources of stress. resiliency is the ability to bounce back and that's what the community of valemar Illinois did. in the news we hear about amazing and her work recipes that happened during these disasters but we don't hear about the just as amazing and heroic efforts to rebuild the communities. people picking up the pieces of their town and becoming whole again. this recoverry doesn't happen overnight. it takes time. it takes planning. it takes coordination. moreover it takes people that are resilient. in my career as an emergency manager and you can see the photos up here. i've taken time to focus on healthy people and individuals to become ready and prepared for disasters and justas much as we do with individuals we could do this with the community as a whole. so what do we do. we teach them how to be prepared. and so we as organizations like the neighborhood neighbor group that's up here and with neighbor for neighbor. it's kind of like the your neighborhood watch but with a disaster twist to it.


4:19/13:26

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック