FC2ブログ

ケニアの国連への使節は、ロシアのウクライナへの侵攻を非難する際に植民地時代の過去を引用

ケニアの国連への使節は、ロシアのウクライナへの侵攻を非難する際に植民地時代の過去を引用
Guardian News 翻訳

ケニアは、ウクライナのドネツクとルハンスクの地域を独立国家として認めるというロシア連邦の発表に深く関心を持っています。 私たちの考えている見解では、この行動と発表はウクライナの領土保全に違反しています。 私たちは、これらの地域に深刻な安全保障上の懸念があるかもしれないことを否定しませんが、平和的な解決策を提供する能力を備えた複数の外交トラックが利用可能で進行中である場合を除いて、これらの地域を独立国家として今日認識していることを正当化することはできません。

Mr.大統領。 この状況は私たちの歴史を反映しています。 ケニアとほぼすべてのアフリカ諸国は、帝国の終焉によって誕生しました。 私たちの境界線は私たちの描いたものではありませんでした。 それらは、ロンドンやパリやリスボンの遠く離れた植民地時代の大帝国によって描かれましたが、アフリカのすべての国の国境を越えて今日それらが分裂した古代の国々は関係ありません。 私たちが独立時に深い歴史的文化的および言語的絆を共有する私たちの同胞は、民族的人種的または宗教的同質性に基づいて国家を追求することを選択しました。 何十年も経った今でも、私たちは血なまぐさい戦争を続けているでしょう。 代わりに、私たちは継承した国境を受け入れることに同意しましたが、それでも大陸の政治経済的および法的な統合を追求します。 危険な懐古で歴史をさかのぼって振り返る国を形成するのではなく、私たちは多くの国や人々がこれまで知らなかった偉大さを楽しみにすることを選びました。



私たちはアフリカ統一機構と国連憲章の規則に従うことを選びました。 私たちの国境が私たちを満足させたからではなく、私たちが平和にもっと大きなものを作りたかったからです。 私たちは、人種的民族の宗教的または文化的要因を含むあらゆる根拠に基づいて、民族統一主義と膨張主義を拒否しました。 今日も拒否します。 ケニアは、ドネツクとルハンスを独立国家として認めることに対する強い懸念と反対を登録しています。 私たちはさらに、多国籍主義が今夜その死の床にあることをほとんど考慮せずに国際法に違反するこの安全保障理事会のメンバーを含む強力な国家の過去数十年の傾向を強く非難します。

最近の他の強力な国家によって攻撃されたように、それは今日攻撃されました。 私たちは、事務総長の後ろに集結するようにすべてのメンバーに呼びかけ、多国籍主義を擁護する基準に私たち全員を集結させるよう要請します。 また、関係者が平和的な手段でこの状況を解決するのを助けるために、彼の優秀な役員を連れてくるように彼に呼びかけます。 Mr.大統領。 結論として、国際的に認められた国境内でのウクライナの領土保全に対するケニアの尊重を再確認します。 ありがとうございます。


【dictation】

Kenya's envoy to UN cites colonial past as he condemns Russian move into Ukraine

kenia is gravely cocerned by the announcement made by the russian federation to recognize donetsk and luhansk regions of ukraine as independent states. in our considered view this action and announcement breaches the territorial integrity of ukraine. we do not deny that there may be serious security concerns in these regions but they cannot justify today's recognition of these regions as independent states not when there are multiple diplomatic trucks available and underway that have the ability to offer peaceful solutions.

mr. president. this situation echoes our history. kenya and almost every african country was birthed by the ending of empire. our borders were not of our drawing. they were drawn in the distant colonial metropoles of london paris and lisbon with no regard for the ancient nations that they cleaved apart today across the border of every single african country live. our countrymen with whom we share deep historical cultural and linguistic bonds at independence had we chosen to pursure states on the basis of ethnic racial or religious homogeneity. we would still be waging bloody wars these many decades later. instead we agreed that we would settle for the borders that we inherited but we would still pursue continental political economic and legal integration. rather than form nations that looked ever backwards into history with a dangerous nostalgia we chose to look forward to a greatness none of our many nations and peoples had ever known.

we chose to follow the rules of the organization of african unity and the united nations charter. not because our border satisfied us but because we wanted something greater forged in peace. we rejected irredentism and expansionism on any basis including racial ethnic religious or cultural factors. we reject it again today. kenya registers its strong concern and opposition to the recognition of donetsk and luhans as independent states. we futher strongly condemn the trend in the last few decades of powerful states including members of this security council breaching international law with little regard multilateralism lies on its death bed tonight.

it has been assaulted today as it has been by other powerful states in the recent past. we call on all members to rally behind the secretary general in asking him to rally us all to the standard defends multilateralism. we also call on him to bring his good officers to bear to help the concerned parties resolve this situation by peaceful means. mr. president. let me conclude by reaffirming kenya's respect for the territorial integrity of ukraine within its internationally recognized borders. thank you.


3:44/3:44

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック