FC2ブログ

ウクライナへのロシアの攻撃はどのように見えるか? その3

ウクライナへのロシアの攻撃はどのように見えるか? その3
CaspianReport

しかし、敵との最初の接触を生き残る計画はなく、ウクライナの押し返しはありません。 公式の数で行くと、それは145,000人の軍隊の常備軍を持ち、推定30万人の退役軍人が待機しています。 ウクライナはまた、海外からいくつかのハイテク兵器を取得することさえ、何年もの間武器と弾薬を備蓄してきました。 しかし、その兵器庫はまだ戦場を変えるのに十分な大きさではありません。 それどころか、ロシアには非常に有能な砲弾とミサイルシステムがあります。



その空軍力は実質的であり、世界最大の戦車艦隊を持っています。 ロシアの兵器は、全面戦争で遠くからウクライナの軍隊を荒廃させる可能性があります。 ウクライナでは、最初の1時間以内に数千人の死傷者が出て、翌日にはさらに数千人の死傷者が出るのは間違いはありません。 その結果は恐ろしいものになり、ショックは何百万人もの人々を西に逃げさせるでしょう。

しかし、ロシアにとっての本当の課題は、結果として生じる反乱です。 キエフ国際社会学研究所の世論調査によると、ウクライナ国民の3分の1は武力抵抗を喜んで受け入れています。 それらはロシア人にとって驚くべき数字です。 米国に基づく 反乱に首尾よく対抗するための軍事ドクトリンは、占領軍がウクライナの4,400万人の市民に合わせて調整された20人の居住者ごとに1人の反乱者の比率を必要とします。 それは、ロシア人が反乱軍を封じ込めながらウクライナの領土を占領するために、地上で少なくとも325,000のブーツを必要とすることを意味します。 そのサイズは、ロシアが長い占領とは対照的に、迅速な決定的な勝利を望んでいることを意味する作戦にはありません。

ロシア人にとって、それは理想的にはモスクワの意志を実現するためにキーウを強制することを意味します。 これは、ウクライナ政府の連邦化です。 そうすることで、主権を犠牲にしながら、国の領土保全を維持することができます。 具体的には、連邦制を導入することにより、ウクライナの各地域は、独自の文化経済と近隣諸国との外国との関係を決定する権限を与えることになります。

中央政府が統治するものは何も残っていないでしょう。 モスクワは、分割統治するキーウの政治的利益を削減するために、より小さな自治区を再統治する能力を獲得するでしょう。 あなたが連邦化されるならば、ウクライナは事実上キーウのすべての中心的な力を破壊し、単一のウクライナ国家の終焉をもたらすでしょう。 そして、この政治的譲歩は紛争よりも良いように見えるかもしれませんが、戦争ではあなたは一度だけ殺されることができます。 政治では、何度も殺される可能性があります。 私はカスピアンレポートからあなたの案内人のシバンでした。 私たちの仕事が気に入ったら、コメントを残して「いいね」ボタンを押してください。 それは簡単で無料ですが、それは私たちを大いに助けてくれます。


What a Russian assault on Ukraine would look like

however no plan survives first contact with the enemy and ukraine is no pushover. going by the offficial numbers it has a standing army of 145,000 troops with an estimated 300,000 veterans on standby. ukraine has also been stockpiling arms and ammunition for years even acquiring some high-tech weaponry from abroad. but its arsenal is not yet large enough to change the battlefield. russia on the contrary has very capable artillery rocket and missile systems.

its air power is substaintial and it has the world's largest fleet of tanks. russian weapons could devastate ukrainian military units from afar in all-out war. ukraine would see thousands of casualties within the first hour and thousands more the days following so make no mistake about it. the consequences would be terrifying and the shock would trigger millions to flee west

yet for russia the real challenge would be the resulting insurgency. according to a poll by the kiev international institute of sociology one third of ukraine's citizens are willing to take up armed resistance. those are alarming numbers for the russians. based on u.s. military doctrine to successfully counter an insurgency the occupation force needs a ratio of one counter insurgent per 20 residents adjusted for ukraine's 44 million citizens. that would mean the russians would need at least 325,000 boots on the ground to occupy the ukrainian territory while containing an insurgency a force. that size is not in the works which implies that russia wants a quick decisive victory as opposed to a lengthy occupation.

for the russians that means compelling kiev to fulfill moscow's will ideally. this would be the federalization of ukraine's government. doing so would preserve the country's territorial integrity while sacrificing its sovereignty. specifically by installing a federalized system each region of ukraine would be giving authority to decide its own culture economy and foreign ties with neighborring states.

there wouldn't be anything left for the central government to govern over. moscow would gain the ability to play off the smaller autonomous regions to curtail the political interests of kiev it's divide and rule. if you will be federalized ukraine would virtually destroy all of kiev's central power resulting in the end of a unitary ukrainian state. and though this political concession may seem better than conflict, in war you can be killed only once. in politics you can die many times over. i've been your host shivan from caspian report. if you like what we do, leave a comment and hit the like button. it's easy and it's free but it helps us tremendously.


14:41/14:41

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック