FC2ブログ

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学

ロシア–ウクライナの紛争/危機の説明| すべての詳細| 地政学 その1
Amit Sengupta

このビデオでは、進行中のロシアのウクライナ紛争を理解しようとします。 あなたが理解しなければならない最初のことを見てください。ロシアとウクライナの間の緊張は主に2つの理由のためです。1つ目の理由は、ウクライナはロシアがウクライナのサイズを見ると戦略的に重要な問題です。 欧州連合とロシアのちょうど中間にある大きな国なので、これは非常に簡単です。これについては後で詳しく説明します。 2つ目の理由は、現在ロシアがクリミアを支配していることをご存知かもしれませんが、ロシアとウクライナの間にも領土紛争があり、ウクライナ東部にはドニスクとルハンシクと呼ばれる2つの地域があります。 したがって、これらが組み合わさって、ウクライナ東部のドンバス地域を形成します。 そのため、ウクライナは1991年以前、かつてソビエト連邦の一部でした。ウクライナは別の国になり、1991年8月24日に独立国と宣言しました。この地図を見るとわかるように、ウクライナはヨーロッパ連合とロシアの両方と国境を接しています。



しかし、旧ソビエト共和国として、それはロシアとの深い社会的および文化的つながりを持っており、ロシア語は特にウクライナの東側で広く話されています。今、あなたがロシアと国境を接している東ウクライナの地域を見ると、それはより多くのロシア語を話す人々を持っています。そしてそれは非常に自然な権利です。国や州の国境地帯の近くに行くと、国境の両側からの人々がここにいることがわかります。また、ウクライナ人とロシア人の両方がいますが、私たちが知っているように、ウクライナの民族性の後にウクライナは当然ソビエト連合の一部でした。ロシア人の民族グループが最大であり、ウクライナの東部地域にロシア語を話す人々が増えることは言うまでもありません。国境地域で非常に一般的なもう1つのことは、政治的であると同時に武装しているグループが存在し、独自の地域的利益を持っているということです。つまり、ウクライナ東部には、親ロシア人である政治的グループと武装グループが存在するということです。当然のことながら、政治が関与している場合、ロシアは独自の利益を確保するでしょう。

地政学の観点から見れば、驚くべきことではありません。 モスクワのロシアの政治的友愛がこれらの東部のウクライナ語-ロシア語を話すグループをサポートする場合、それは地政学では完全に正常です。 同様に、ウクライナでもそれを行うことができます。 しかし、ロシアと比較すると、ウクライナは比較的新しい国であるため、ウクライナが長い歴史を持つロシア文化に対抗することは困難です。


【dictation】

Russia – Ukraine conflict / crisis Explained | Everything in detail | Geopolitics

in this video we'll try and understand the ongoing russia ukraine conflict. see the first thing that you have to understand is that the tension between russia and ukraine is primarily because of two reasons, one ukraine is a matter of strategic importance to russia look at the size of ukraine. it is a big country that is right in between the european union and russia so this is very straightforward and i will tell you more about it in a while. and second reason is there is also a territorial conflict between russia and ukraine as you may know currently russia is in control of crimea and then there are two region on eastern ukraine which is called donisks and luhansk. so these together combine to form dombass region of eastern ukraine. so ukraine was once part of the soviet union after 1991. ukraine became a separate country and declared itself an independent country on 24th august 1991. as you can see this map ukraine shares borders with both the european union and russia.

but as a former soviet republic it has a deep social and cultural ties with russia and russian language is widely spoken there especially on the eastern side of ukraine. now if you look at the eastern ukrainian regions which are bordered with russia it has more russian-speaking people and that is very natural right. if you go near the border areas of any country or state you will see that people from both sides of the border exist here. also you will find both ukrainian as well as russian people but then as we know ukraine was part of soviet union naturally after ukrainian ethnicity russian ethnic group is the largest and needless to say there will be more russian-speaking people on the eastern regions of ukraine. now with that one more thing that is very common at border areas is that there will be groups who are both political as well as armed who will have their own regional interests. that means there are political as well as armed groups in eastern ukraine who are pro-russian. naturally when politics is involved definitely russia will have its own interests secured.

if you look at it from geopolitics point of view one should not be surprised. if russian political fraternity in moscow support these eastern ukrainian-russian-speaking groups, it's totally normal in geopolitics. similarly even ukraine can do it. but then compared to russia ukraine is comparatively a new country so it's difficult for ukraine to counter the russian culture that has a long history


2:21/34:30

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック