FC2ブログ

ウクライナへのロシアの攻撃はどのように見えるか? その2

ウクライナへのロシアの攻撃はどのように見えるか? その2
CaspianReport

いずれにせよ、最初のフェーズはウクライナ南部のロシアの戦車に焦点を当てる可能性が高く、クリミアから来る軍隊は海岸線を取り、オデッサの街を取り囲みます。 一方、ロシアの水陸両用上陸作戦は、クリミアに入る供給ラインを強化しながら、黒海からウクライナを遮断するでしょう。 興味深いことに、6隻のロシアの揚陸艦が1月中旬にバルト海を出港し、大西洋に向かった。 彼らの目的地は黒海であり、水陸両用攻撃をさらに実行可能にすると考えられています。 最終的には、ロシア人はオデッサの北で彼らの軍隊に加わり、その後、合法的にモルドバの一部であるロシアが支援する分離主義地域であるトランスニストリアまで前進したいと思うでしょう。




同時に、まだフェーズ1にあるロシアの特殊部隊が、ドニエプル川の南部に侵入しました。 彼らの使命は、川を渡るウクライナの物流を混乱させることです。 クリミアにおけるロシアの広大な砲兵隊は、地上の特殊部隊との攻撃を調整するでしょう。 それによって、空軍に支援されたドンバスロシア軍で同様に東からウクライナ軍を試すことは、東ウクライナの塊を取り、そこからドニエプル川でデニプロとザパロズニアの都市を奪うでしょう。ロシア人は自由にクリミアに向かって前進し、ドンバスからトランスニストリアに向かう連続した陸橋を形成するでしょう。

ウクライナ南部がロシアの支配下に入るとすぐに、クレムリンは、それがうまくいかない場合、政治的降伏のための政治的条件を口述し始めます。それはフェーズ2に進みます。 極東ロシアから来る重装歩兵は、ウクライナで2番目に大きな都市カーキフを取り囲むことになります。 空軍に支えられて、ロシア軍はポルタヴァで前進し、ドニプールに停泊します。 ハリコフとポルタヴァは囲まれます。 ガス電気と食料の供給は、包囲の数週間後に遮断されるでしょう。 都市はおそらく降伏するでしょう。

第二段階では、ロシアはダニャプールの東にあるウクライナの領土の多くを占領していたでしょう。 交渉の2番目が始まり、これらが失敗した場合、ロシアはその計画のフェーズ3を開始します。 この最後の侵攻では、ロシア軍は西ウクライナの塊を奪おうとしますが、ニッパーを越えるのは難しいかもしれません。川を渡る最も安全な方法は、川を渡るのではなく、ベラルーシから西ウクライナに移動することです。

昨年12月、ルカシェンコ大統領は、ベラルーシがウクライナをもとに戻すためにあらゆることを行うと述べました。つまり、ベラルーシは選択肢の多くではなく、発射台として機能するということです。 どちらの方法でもベラルーシからロシア軍はウクライナの西に移動します。 しかし、彼らはチェルノブイリ放射層を一周し、最初にコロシュチンの町を占領しなければならないでしょう。 同時に、2番目のロシアの派遣団はロシアから北東ウクライナの残りの部分に移動します。 その後、典型的な挟み込み戦術では、2つの北の派遣団が同時にキーウで前進します。 ウクライナの首都は東と西から包囲されます。 現在、キーウは大都市圏であるため、ロシア人は外で待機し、ウクライナ政府に強制的に降伏させる可能性があります。 フェーズ3の終わりまでに、ウクライナのおよそ3分の2がロシアの支配下に置かれるでしょう。


What a Russian assault on Ukraine would look like

either way the first phase is likely to focus on southern ukraine russian tanks and troops coming from crimea would take the coastline and surround the city of odessa. meanwhile a russian amphibious landing operation would cut ukraine off from the black sea while strengthening the supply lines going into crimea. interestingly six russian amphibious ships departed the baltic sea in mid-january heading towards the atlantic ocean. it is believed their destination is the black sea which makes an amphibious assault all the more feasible. eventually though the russians would want to join their forces north of odessa and then advance as far as transnistria a russian-backed separatist region legally part of moldova.

at the same time still in phase one russian special forces would infiltrate the southern portion of the dnapur river. their mission would be to disrupt ukrainian logistics going across the river. russia's vast artillery forces in crimea would coordinate their attacks with the special forces on the ground. thereby trying up ukrainian forces likewise from the east in donbas russian troops backed by air force would take a chunk of eastern ukraine and then take the cities of denipro and zaparoznia by the dinipra river from there. the russians would be free to advance towards crimia and form a continuous land bridge going from donbass to transnistria.

as soon as southern ukrane comes under russian control the kremlin would start dictating terms for a political for a political surrender if that doesn't work it's on to phase two. coming from the north east russian mechanized infantry would surround ukraine's second largest city khakiv. backed by the air force the russian army would advance on poltova and anchor by the dnipur. kharkiv and poltova would be encircled. gas electricity and food supplies would be cut off a few weeks into the siege. the cities would likely capitulate.

in the second phase russia would have taken much of ukrainian territories east of the dhanyapur. the second of negotiations would start and if these fail as well russia would launch phase three of its plan. in this final push russian troops would seek to take a chunk of western ukraine but crossing the nipper might get tricky the safest way to cross the river is not to cross it but to move from belarus into western ukraine.

in december last year president lukashenko stated that belarus would do everything to bring ukraine back into the fold that means belarus would serve as a launching platform not that it would have much of a choice. either way from belarus russian troops would move into the west of ukraine. but they would have to go around the chernobyl radiation zone and take the town of koroshtin first. at the same time a second russian contingent would move from russia into the remainder of northeast ukraine. afterwards in typical pincer movement tactics the two northern contingents would simultaneously advance on kiev. the ukraine capital would come under siege from the east and west. now kiev is a large metropolitan site so the russians would likely wait outside and force the ukrainian gorvernment to capitulate. by the end of phase three roughly two-thirds of ukraine would under russian control.


11:03/14:41

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック