FC2ブログ

ウクライナへのロシアの攻撃はどのように見えるか? その1

世界中がコロナ渦で苦しんでいるときに、戦争なんてありえないでしょう。北京オリンピックの間にロシアとウクライナがここまで切迫するとは・・・、戦争とは二度とおこしてはならないものです。コロナ収束祈願と同様にこれも非戦祈願祈しなければなりません。困ったものです。経済にも影響しますので海外情報も取り寄せて見守りたいと思います。

ウクライナへのロシアの攻撃はどのように見えるか? その1
CaspianReport

戦争は夜の泥棒のように国にも忍び寄ることができます。 ロシアは、ソビエト連邦の崩壊以来、最高の戦闘の輝きを放っています。 ウクライナの諜報機関によると、127,000人のロシア軍がウクライナの国境近くに集まった。 動員の一部はベラルーシとの共同演習の一部ですが、地上の事実はロシアの指導者に東、南そして北からウクライナを攻撃する選択肢を与えています。 ロシアの軍事的優位性は圧倒的です。 それは非常に短い通知でウクライナを攻撃する可能性があります。 しかし、首都キエフを占領する使命を帯びたウクライナへのロシアの攻撃は、2003年のイラク以来見られなかった規模の紛争に火をつけるだろう。
それで、ウクライナへのロシアの攻撃はどのように縮小し、ロシアの究極の目的を構成するのでしょうか。 私はあなたのホスト役のシルワンです。カスピアンレポートへようこそ。


今日のエピソードは、世界最高の映画製作者の何千ものドキュメンタリーを提供するストリーミングサービスであるcuriositystreamによって後援されています。それは歴史愛好家のためのhuluであるとか、オタク好奇心ストリームのためのnetflixはほとんどのプラットフォームで機能します。世界中で利用可能であり、頻繁に新しい内容を追加します。ウクライナとロシアの膠着状態への追加の洞察については、ヨーロッパシリーズの物語とユーザーの最後の日々のプレーの状態を見てください。これらの2つのドキュメンタリーは、以下のリンクを使用して、ロシアの西向きの動機に関する追加の前後関係を提供します。月にたったの2.99、または年間でたった19.99で無制限にアクセスできます。これは素晴らしい取引であり、カスピアンレポートをサポートするための良い方法です。テストしたい場合は、より多くの内容を作成できるようになるからです。 30日間の無料トライアルが利用可能です。curiositystream.comcaspianにアクセスし、サインアッププロセス中にプロモーションコードcaspianを使用してください。国の幸福と繁栄は、その安全がしっかりと確立されない限り、達成することはできません。

ロシアでは、安全保障は他のすべての社会的経済的考慮事項を覆します。 時には、それらの担保権は隣人の政治問題にさえ介入します。 クレムリンは民主主義に対して特別なアレルギーを持っています。それは、ベラルーシのカザフスタンであろうとウクライナのロシアであろうと、民主的に統治された隣人の民主主義に耐えられないということです。 その玄関口で、その過程でeuやnatoのような制度と一致するその正当性と進歩的な価値観を発展させるために、必然的に西に目を向けるでしょう。 もちろん、これは、クレムリンがその模範に従って外交政策を形成するかどうかに関係なく、ロシア人がそれを真または偽であると見なす方法です。 ウクライナでは、2014年の革命により、数年前にキエフで民主的な支配がもたらされました。ウクライナは現在、euとnatoに参加することを目指して、地政学的再編の最終段階にあります。

しかし、ウクライナを特別なケースにしているのは、その地理です。 ウクライナの平坦な地形は、ロシアの領土と継ぎ目なく融合しています。 国際的な境界を示す地理的特徴はありません。 ウクライナがNATOに加盟した場合、ロシアは軍事費を増やし、西側の側面を確保するために軍隊の規模を拡大する必要があります。 したがって、せいぜいウクライナへのNATOの拡大は、軍事的にも経済的にもロシアを破産させ、最悪の場合、ウクライナにおけるNATOの存在は、ロシアの領土保全を脅かすでしょう。 ウクライナの黒海沿岸は、カスピ海までわずか約750kmです。 プロの軍隊は1日か2日でその距離を横切って移動する可能性があり、そうすることで、ロシアの国家を麻痺させる北コーカサスからロシアの中心部を切断する陸橋ができます。 ウクライナの危機に緊急性を与える最後の要素は、キエフが戦略兵器を左右に購入するタイミングです。

第一に、主に米国と英国による対戦車ミサイルの備蓄が増えています。第二に、ウクライナは、ロシアの兵器に対して致命的な効果があることが証明されているトルコの戦闘ドローンを製造するための認可施設も建設しました。そして第三に、ウクライナは、ロシアの中心部を脅かす可能性のある独自のミサイルプログラムを開発しようとしています。同じように、ロシアは5年であろうと10年であろうと、時間内にウクライナの中心部を脅かしています。戦略核兵器の拡散は、ウクライナへの侵入に非常に費用がかかるようになります。国は徐々に自国を守り、ロシアの領土を攻撃するための武器を保有するためのより良い装備を備えているでしょう。ロシアが待つ時間が長ければ長いほど、侵略を延期する時間が長くなります。より強力なウクライナが得られ、より高価なロシアの戦闘計画は、それが聞こえるほど厳しいものになります。行動の時が過ぎるまで躊躇するよりも、迅速に行動する方が良いです。ロシアのリーダーシップがどのように進むかは誰の推測でもあります。ただし、脅威は、政治的および地理的な観点からも、タイミングにおいても現実的です。

クレムリンがチャンスをつかんでウクライナを攻撃することを決定した場合、最も信頼できる戦闘計画を立てるためのいくつかの戦略があります。これは、2021年初頭のロシアの軍事通信の傍受の疑いから来ています。
傍受の内容は分類されたままであるが、ドイツの新聞社と話しているNATO当局者はロシアの計画を次のように要約した。 戦争が始まると、ロシア軍は北の東ベラルーシのドンバスと南のクリミア半島から攻撃する可能性があります。 暴行は3つの異なる段階で行われるため、特定の地域を占領した後、外交的譲歩の余地が生まれます。 交渉が失敗した場合、ロシア軍はキエフが叱責するまで次の目標に進むことができます。 そしてモスクワの政治的目的は達成されます。


つづく


What a Russian assault on Ukraine would look like

war can sneak up on states like a thief in the night. russia is at its highest combat radiness since the collapse of the soviet union. according to ukrainian intelligence 127,000 russian troops have gathered near ukraine's borders. a portion of the mobilization is part of a joint exercise with belarus but the facts on the ground give the russian leadership the option of attacking ukraine from the east south and north. russia's military advantage is overwhelming. it could assult ukraine at very short notice. however a russian assault on ukraine with the mission to capture the capital kiev would ignite a conflict on a scale not seen since iraq in 2003.
so how would a russian attack on ukraine go down and what would constitute russia's ultimate objective. i'm your host shirwan and welcome to caspian report.

today's episode is sponsored by curiositystream a streaming service that offers thousands of documentaries from some of the world's best filmmakers. it's the hulu for history buffs or the netflix for nerds curiosity stream works on the most platforms. it's available worldwide and they frequently add new content. for additional insight into the ukraine russia stalemate have a look at state of play in the story of europe series and the last days of the user. these two documentaries provide additional context as to the motives for russia's westward porsche using our link below. you will get unlimited access for only 2.99 a month or just 19.99 for the whole year. that is a terrific deal and a good way to suport caspian report because it lets us make more content now if you want to test things out you can. there is a 30-day free trial available just go to curiositystream.com caspian and use the promo code caspian during the sign up process. the well-being of a nation its peace and prosperity is unattainable unless and until its security is firmly established.

in russia security overrules all other social economic considerations. at times those security interests even intrude into political affairs of its neighbors. the kremlin has a particular allergy to democracy that's just how it's wired whether it's in belarus kazakhstan or ukraine russia cannot tolerate a democratically governed neighbor democracy. at its doorstep would inebitably look to the west to develop its legitimacy and liberal values aligning with institutions like the eu and nato in the process. of course this is how the russian see it whether true or false doesn't matter the kremlin shapes its foreign policy according to that paradigm. in ukraine the 2014 revolution brought forth democratic rule in kiev fast forward a few years and ukraine is now in its final phase of a geopolitical realignment by looking to join the eu and nato.

yet what makes ukraine a special case is its geography. the flat terrain of ukraine merges seamlessly with russian territory. no geographic features mark the international boundaries. should ukraine join nato, russia would have to increse military spending and expand the size of its army to secure its western flank. so at best nato expansion into ukraine would bankrupt russia both militarily and economically at worst nato presence in ukraine would threaten russia's territorial integrity. ukraine's black sea coast is only about 750 kilometers to the caspian sea. professional military could move across that distance in a day or two doing so would result in a land bridge that cuts the russian heartland from the north caucasus paralyzing the russian state. the final element that gives urgency to the ukrainian crisis is timing kiev is buying strategic arms left and right.

firstly it has a growing stockpile of anti-tank missiles mainly by the united states and the united kingdom.secondly ukraine has also established licensed facilities to produce turkish combat drones which have proved deadly effective against russian weaponry. and thirdly ukraine is looking to develop a missile program of its own one that can threaten the russian heartland. in the same way russia threatens the ukrainian heartland in time whether it's 5 years or 10 years. the proliferation of strategic weapons will make invading ukraine exceedingly costly. the country will gradually be better equipped to defend itself and harbor weapons to strike into russian territory. the longer russia awaits the longer it puts off an invasion. the stronger ukraine gets and the costlier russia's battle plans become so as grim as it sounds. it's better to act quickly than to hesitate until the time of action is passed. how the russian leadership will proceed is anyone's guess. the threat however is real in both political and geographic terms as well as in timing.

should the kremlin decide to take its chances and attack ukraine there are a few strategies to go for the most credible battle plan comes from the alleged cia interception of russian military communications in early 2021.
while the contents of the interception remain classified nato officials talking to the german newspaper build summed up the russian plan as follows. should war commence the russian army could strike from donbass in the east belarus in the north and crimea in the south. the assault would come in three distinct phases thereby allowing breathing room for diplomatic concessions after taking a specific region. and if negotiations fail the russian army could move on to the next target and so on until kiev rebukes. and moscow's political objective is met.


7:11/14:41

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック