FC2ブログ

キャシー・ウッド:中国の崩壊はあなたが思っているよりもはるかに悪い その3

キャシー・ウッド:中国の崩壊はあなたが思っているよりもはるかに悪い その3
Casgains Academy

連邦準備制度でさえ、中国の住宅バブルに注目しています。 連邦準備制度理事会は、中国の不動産の減速が最終的に米国経済に打撃を与える可能性があると信じているためです。 連邦準備制度理事会は、中国の不動産セクターのストレスが米国への波及効果で金融システムに負担をかける可能性があると述べた。 この主張を裏付けるために、FRBは中国の政府と地方の債務を主要な懸念事項として挙げました。 多くのエコノミストは、中国の急成長している国内総生産は経済的繁栄のしるしであると考えています。 しかし、その成長のかなりの部分は、不動産だけでなく中国の経済全体における巨大な債務バブルによって促進されました。



所得と国内総生産の両方に関連する中国の家計債務は、過去20年間で大幅に増加しています。 家計債務はGDPに不釣り合いに増加しています。 中国のGDPが信じられないほど急速に成長しているのは事実ですが、さらに急速に成長しているのは中国の債務収支です。 債務危機は非常に深刻になりつつあり、GDPのパーセンテージとしての中国の総債務は先進国のそれとほぼ一致しています。 中国のような経済大国が先進国とほぼ同じくらいGDPに対して相対的な債務を抱えていると想像してみてください。 そのような過度の拡張は、否定的な結果をもたらすに違いありません。

連邦準備制度理事会が引用したもう1つの問題は、不動産評価の拡大と、中国共産党の取り締まりがこれらの評価をどのように崩壊させる可能性があるかということです。 その声明は、中国政府が不動産セクターに実施している3つのレッドライン政策に関連していた。 3本の赤い線は、不動産開発業者が引き出せる借入レベルのしきい値を示しています。 3つの要件には、70%未満の資産に対する負債の比率が含まれます。 純負債資本比率は100%未満であり、現金対短期負債比率は1です。 これらのしきい値を満たす企業は、遵守するレッドラインごとに、債務レベルを毎年5%ずつ増やすことができます。 そのような政策を制定することは合理的ですが、政府は何年も前にそれを実施すべきでした。



Cathie Wood: China’s COLLAPSE Is FAR Worse Than You Think

even the federal reserve has taken note of china's housing bubble. as the fed believes that china's real estate slowdown could ultimately hurt the u.s economy. the fed stated that stresses in china's real estate sector could strain the financial system with possible spillovers to the united states. to back up this claim the fed cited china's government and local debt as a major concern. many economists assume that china's fast-growing gdp is a sign of economic prosperity. however a significant portion of that growth was fueled up by humongous debt bubble not just in real estate but in china's entire economy.

chinese household debt relative to both income and gdp has increased sizably over the past two decades. householddebt is growing disproportionately to gdp. it's true that china's gdp has been growing incredibly quickly but what's growing even faster is china's debt balance. the debt crisis is becoming so severe that china's total debt as a percentage of gdp is almost in line with that of developed countries. imagine an economic powerhouse like china having almost as much relative debt to gdp as developed countries. such an overextension is bound to come with negative consequences.

another issue that the fed cited is a stretched real estate valuations and how the chinese communist party's crackdowns could crash those valuations. that statement was in reference to the three redlines policy that the chinese government is implementing on the property sector. the three red lines outlined thresholds for the level of borrowing that real estate developers can take out. the three requirements include a liability to asset ratio under 70%. a net debt-to equity ratio less than 100%, and a cash to short-term debt ratio of one. companies that meet these threshholds will be able to increase their debt level by 5% per year for each redline that they comply with. such a policy is reasonable to enact, but the government should have implemented it many years ago.


10:09/17:54

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック