FC2ブログ

キャシー・ウッド:中国の崩壊はあなたが思っているよりもはるかに悪い その1

キャシー・ウッド:中国の崩壊はあなたが思っているよりもはるかに悪い その1
Casgains Academy

中国は過去20年間で経済大国に成長しました。 世界で中国と同じレベルの成長を経験した国はありません。 しかし、もし私があなたに中国の全体がすべて泡だったと言ったらどうしますか? それが、アークの最高経営責任者であるキャシー・ウッドが、中国の成長を日本の30年にわたる経済停滞と1990年代初頭に例えていると考えていることです。 不動産バブルが主導した日本のGDPと同じように、中国は現在、歴史上最大の住宅バブルを経験しています。 このビデオでは、世界が中国の運命の崩壊にどのように目覚めようとしているのかを上から下までカバーします。



過去20年間で、中国の経済は大幅に成長しましたが、そのかなりの部分は不動産から来ています。 不動産開発業者は、不動産ポートフォリオを数百の都市に拡大するために資金を借りてきました。 私たちは、中国のすべての都市にあるモダンなガラスとスチールのアパート、オフィスビル、家について話しています。 投機家は、価格の上昇を唯一の目的として住宅を購入し始めました。 結局のところ、中国国民の観点からすると、住宅価格は何十年にもわたって年々上昇しています。 これは、中国が経験した急速な人口増加に一部起因していましたが、それ以上に憶測が高まっていました。 住宅価格は年々上昇し続けているため、中国国民の大多数は、北京や上海などの都市で標準的な家やアパートを買う余裕がなくなっています。

論理的な動きは、都市の近くにある物件を購入することですが、価格が安くなるのに十分な距離で購入することです。そしてそれはまさに多くの市民がしたことです。人々は、中国の都市ではなく、10マイルまたは15マイル離れた家やアパートに群がり始めました。都市の近くの住宅に対する需要の高まりにより、価格は上昇し始め、主要な市民は都市からさらに遠くに拡大し始めました。不動産開発業者は、この拡張が続くと信じていたので、先行して家をどんどん建てていきました。今日、北京や上海の外を1、2時間運転すると、非常に奇妙なことに気付くでしょう。素晴らしい状態の近代的な建物がたくさんありますが、1つの問題があります。そこには誰もいません。それらの都市が存在する唯一の理由は、投機家が価格が上がると考えているため安くしては売りません。これらの都市はゴーストタウンと呼ばれています。これは、中国の成長する不動産バブルの証拠であり、国の経済の重要な推進力です。中国で最も有名なゴーストタウン、オルドスニュータウンをご覧ください。市の人口は100万人と予想されていましたが、2016年にはその数は30万人に減少し、最終的には10万人に減少しました。トップスクールを市内に移した後、オルドスの新しい町は空の家を埋めることができました。これらのタイプの空のユニットは非常に広範であるため、スペースの総量は文字通りイタリア全土を収容することができます。 20年間の評価の後、中国の不動産セクターは現在50兆ドル以上の価値があります。米国の2倍そして中国のGDP全体のほぼ4倍です。

投資会社のloomissaylesは、中国の全資産の70%を推定しました。中国では、市民が1つの不動産を購入するためだけに何十年もお金を蓄えているのを見るのは珍しいことではありません。都市の近くの不動産価格は収入に比べて非常に高いので、何年も貯蓄した後でも、市民は住宅を買うためには住宅ローンに頼るしかありません。これは、不動産価格の上昇が市民に買えない恐れを感じさせ、最終的に市民に危険なレベルのローンを借りることを余儀なくさせるという事実によって誇張されています。住宅を購入するのに最も手ごろな価格の都市のトップ10のうち4つは、すべて中国にあります。この種の有難い話は懸念されており、永遠に続くことはありません。これは2008年のアメリカの不況で以前に見られましたが、中国でも同様の兆候が見られます。中国の住宅市場は価格が加速し続けているため、中国の不動産ブームはすでに大幅な減速の兆しを見せています。不動産開発業者は不動産ポートフォリオを可能な限り迅速に拡大するために何でもしました。金融危機の前と同じように、貪欲に支配され、開発者はすぐに処理するには多すぎる債務に悩まされました。

これらの開発者の1人には、中国の不動産開発の縮図である恒大集団が含まれていました。恒大集団は、世界最大の不動産開発業者の1つです。 恒大集団は、国際投資家に発行された社債を使用して、不動産ポートフォリオを5億6500万平方メートル以上の開発用地に拡大しました。これが可能だったのは、恒大集団が3000億ドル以上の債務を引き受けたからです。資本へのそのような巨大なアクセスは、恒大集団を繁栄させました。 2018年、恒大集団は世界で最も価値のある不動産会社になりました。投資家が恒大集団が大きな問題に直面していることに気づいたとき、この前向きな感情はすぐに劇的に変化し始めました。信用機関は最近、会社が2億6000万ドルの利息の支払いを返済できなかったため、恒大を債務不履行に分類する必要がありました。これに対応する信用の抗議は、恒大集団の債券価格が過去数か月で大幅に下落したため、極端なものでした。国際的な債券保有者は現在、債務危機に対応して恒大集団を訴えると脅迫しています。これらの闘争の一部は、中国の不動産セクターを取り締まっている習近平大統領と関係があります。


つづく


Cathie Wood: China’s COLLAPSE Is FAR Worse Than You Think

china has grown to become an economic powerhouse over the past two decades. not a single country in the world has experienced the same level of grouth as china. but what if i told you that the entire grouth of china was all a bubble? that's what the ceo of ark invest, cathie wood, thinks as she likens the growth of china to japan's 30 year economic disaster and the early 1990s. just like japan's gdp that was spearheaded by a real estate bubble, china is currently experiencing the largest housing bubble in history. in this video i'll cover from top to bottom how the world is about to wake up to china's destined collapse.

over the past 20 years, china's economy has grown substantially, but a considerable portion of that has come from real estate. property developers have borrowed money to expand their real estate portfolio to hundreds of cities. we're talking about modern glass and steel apartments, office buildings, and houses all across cities in china. speculators began purchasing houses with the sole purpose of price appreciation. after all, from the perspective of chinese citizens, housing prices have been increasing year after year for decades. this was in part from the rapid population growth that china experienced, but the speculation grew even further than that. because housing prices just kept increasing year after year, the majority of chinese citizens could no longer afford a standard house or apartment in cities like beijing or shanghai.

the logical move would be to purchase a property within the vicinity of cities, but far enough so that price would be cheap. and that's exactly what many citizens did. people began flocking towards houses and apartments, not in chinese cities, but rather 10 or 15 miles away. because of the increasing demand for houses near cities, prices began to increse leading citizens to expand even further away from the cities. property developers believed that this expansion would continue, so they preemptively built houses further and further out. nowadays, if you drive an hour or two outside of beijing or shanghai, you'll notice something very strange. there are plenty of modern buildings great condition, but there's one issue, there's nobody there. those cities are named the ghost cities because the only reason why they exist is because speculators think prices will increase. this is a testament to china's growing real estate bubble, a significant driver of the country's economy. take a look at china's most renoened ghost town, ordos new town. the city was expected to house 1 million people, but that number went down to 300,000 and finally to 100,000 in 2016. only after moving top schools into the city ordos new town was able to fill its empty houses. these types of empty units are so widespead that the aggregate amount of space can literally house the entire country of italy. after 20 years of appreciation, the chinese real estate sector is now worth over $50 trillion. two times more than the u.s. and almost four times more than china's entire gdp.

loomis sayles, an investment firm, estimated that 70% of china's entire wealth. in china, it's not atypical to see citizens put aside money for decades just to purchase one property. property prices near cities are so high relative to income that even after years of saving citizens will have no choice but to rely on mortgages to afford shelter. this is exaggerated by the fact that increasing property prices make citizens feel the fear of missing out, ultimately forcing citizens to take out dangerous levels of loans. four out of the top 10 of the most unaffordable cities to purchase housing in are all located in china. this type of appreciation is concerning and won't continue forever. we saw this before in america's 2008 recession and we're seeing similar signs in china. china's real estate boom is already showing signs of a substantial slowdown. because the chinese housing market just keeps accelerating in prices, property developers have done anything to expand their real estate portfolios as fast as possible. just like before any financial crisis greed took the center stage and developers were soon stuck with too much debt to handle.

one of these developers included the epitome of chinese real estate development, evergrande. evergrande is one of the largest real estate developers in the world. by using corporate bonds issued to international investors, evergrande grew its real estate portfolio to over 565 million square meters of development land. this was only possible because evergrande took out over $300 billion in debt. such enormous access to capital led evergrande to thrive. in 2018, evergrande became the most valuable real estate company in the world. this positive sentiment soon began to shift dramatically as investors realized that evergrande was in major trouble. credit agencies recently had to categorize evergrande in default after the company failed to repay a $260 million interest payment. the credit outcry in response to this has been extreme as evergrande's bond prices have fallen significantly over the past few months. international bond holders are now threatening to sue evergrande in response to its debt crisis. part of these struggles has to do with president xi jinping, who has been cracking down on the chinese real estate sector.


5:05/17:54

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック