FC2ブログ

トンガ沖の海底火山が噴火した後のオーストラリア東部の津波の脅威| ABCニュース動画 翻訳

トンガ沖の海底火山が噴火した後のオーストラリア東部の津波の脅威| ABCニュース動画 翻訳

トンガの海底火山が噴火し、ニュージーランドやオーストラリアを含むいくつかの南太平洋の島国に津波警報が発令されました。 衛星画像は、巨大なキノコ雲の火山灰を空に送り出したハンガートンゴフンガハイパ火山の噴火を捉えました。 ソーシャルメディアに投稿されたビデオは、土曜日に家やビジネスオフィスの周りを渦巻くトンガの沿岸地域に漂着する大きな津波を示しました。

去年から泡立っていて、今朝5時ごろにこの大規模な噴火がありました。 そして、驚くほどこの巨大な爆発は、衛星画像で確認されました。 今、私たちは火山が津波を発生させることを知っています。 最もよく知られているのはインドネシアの1883年で、36,000人が死亡しました。 しかし、この地域でのこの種の出来事は大きな驚きです。



南太平洋地域で津波警報が再度出ましたので、東海岸のビーチは閉鎖されました。 ノースフォーク島のロードハウ島の低地に住む人々の避難はすでに進行中です。低地の沿岸地域の住民に、高台に移動するように勧告があり1メートルを超える波が記録されました。 クイーンズランド沖のフレーザー島から南タスマニアまでの海岸で、30〜40センチメートルの波が観測されました。

警告はアメリカの太平洋岸にも出されました。 ハワイとアラスカで小さな波が検出されたため、予防措置として南カリフォルニアのビーチと桟橋が閉鎖されました。

トンガの火山噴火についてもっと詳しく見ていきましょう。サラ・スカリーはオーストラリア気象局の上級気象学者であり、今朝のプログラムに参加するのは素晴らしいことです。 サラ、オーストラリアの津波警報をどの地域でカバーしているのかを教えていただけますか。

現時点では、タスマニアの東海岸から東ギップスランド海岸、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州の南東海岸までをカバーしています。最新のニュースは、ノーフォーク島の沖合の島々の土地の脅威です。ロードハウ島は格下げされました。それらは陸の脅威でしたが、今では海の脅威に格下げされています。これらの警告は、6時間の重要な観測がなくなるまで特定の場所に表示され続けるため、火山噴火による影響とエネルギーが分散し、海に出ている人にとって危険ではなくなることを確認するのを待っています。

そしてサラがちょうど言っていたのは、なぜビーチは海としてその6時間の間閉鎖されたままになるのかということです。

そうです、数時間前にニューサウスウェールズの南海岸のツーフォルド湾で重要な観測と見なされたものがありました。そのため、警告がリセットされ、さらに6時間の待機期間があり、 航海データと関連データのいずれかを使用して、残留エネルギーが通過しないことと、脅威が本当に通過することを確認します。

これが私たちの潮汐と波の高さに与えた詳細と影響は何ですか。

最も影響を受けたのは沖合の島々です。ノーフォーク島で1.27メートルの重要な潮汐データのピーク増加を受け取りました。それは昨夜の午後9時でした。その右の潮汐データの一般的な増加がありました。数時間前にニューサウスウェールズの南海岸のツーフォルド湾で重要な観測と見なされたものがありました。そしてそれは私が別の6つがあると思う警告をリセットします。1時間の待機期間では、航海データと関連データを綿密に監視し続け、残留エネルギーが通過していないこと、および脅威が通過したエネルギーを本当に通過していることを確認しますが、ピークに達しました。午後9時に、波は時間の経過とともにゆっくりと減少するため、警告は海に格下げされました。また、東海岸でも0.82メートルの波が記録され、ニューサウスウェールズの港で0.77メートルの波が記録され、2つ折りの湾でさらに0.65メートルの波が記録されたため、東海岸に沿って記録されました。これらの波高の増加を見て、警告が現在のものであることをエリア全体で十分に認識していることを確認しました。

これがトンガと太平洋にどのような影響を及ぼしたかについて、私たちはより広く感じていますか?そして、あなたはその最前線で何を聞いていますか?

噴火は昨日の東部夏時間の3:10に最初に発生しました。メディアで使用されている1.19波は、最初の噴火から約2時間10分後にすべての通信が切断されましたが、実際の火山島の非常に小さい衛星画像から見ると、過去5年ほどで独自の島を作っている島なので、実際の火山には誰も住んでいませんが、海から突き出た小さな島で、衛星データからその島を見るとわかります。その島の中央半分はその後削除または完全になくなったため、この地域の地理にはかなりの変化がありましたが、トンガに関しては、この段階ではわかりません。通信はなく、火山の活動について私たちに伝えていた地震データや情報は届いていません。したがって、私たちが頼らなければならなかったのは、2004年のボクシングの日の津波の後に導入されたアヒルの航海であり、それらはインド洋と太平洋の周りに散らばっていて、高さの変化を測定して、差し迫った津波の脅威に備えるのに役立っています。実際には、昨日の午後遅く夕方に私たちに警告を発したのはそれらのアヒルの航海であり、潮の変化があり、その後オーストラリア地域全体に警告が発せられました。

それではサラ、ついに水面ではすべてがかなり正常に見えます。 しかし、これを非常に危険なものにしている表面の下で何が起こっているのでしょうか?
ええ、津波の波は本当に強力です。それは、この火山や地震によって放出されるこれらの巨大なエネルギーの急増があるためです。この場合はもちろん火山であり、そのエネルギーは海面下に閉じ込められているため、分散して拡散し、 非常に長い距離を移動し、衝撃が遠くに感じられたため、火山の噴火や地震は、世界中で感じられるこれらの影響をもたらす可能性があります。日本、カナダ、アメリカ、ハワイに対して警告が出されたので、その影響はその太平洋海面全体に感じられました。
サラ・スカリーは、オーストラリア気象局の上級気象学者です。今朝私たちがあなたの洞察を得たことは素晴らしいことです。私たちはそれに従うでしょう。 お時間をいただき、誠にありがとうございます。


Tsunami threat for eastern Australia after underwater volcano off Tonga erupts | ABC News  (Australia)

an underwater volcano of tonga has erupted triggering a tsunami warning for several south pacific island nations including new zealand and australia. a satellite image captured the eruption of the hungertongohunga hayipa volcano which sent a huge mushroom cloud plume of ash into the sky. video posted to social media showed large waves washing ashore in tongan coastal areas on saturday swirling around homes and busineses.
it's been bubbling away since last year and at about five o'clock there was this massive eruption. and this huge explosion which is so much amazingly was captured on satellite imagery. now we know volcanoes generate tsunami. one of the most well-known is 1883 in indonesia and it killed 36,000 people. but this type of event in this region is a massive surprise.
beaches have been closed across the eastern seaboard as a tsunami warning is reissued for the south pacific region. evacuations are already underway for people in low-lying areas of lord howe island at northfolk island a wave over a metre was recorded in residents of low-lying coastal areas of being advised to move to higher ground a tsunami warning remains current for the mainland east coast from fraser island off queensland to southern tasmania with waves of 30 to 40 centimeters detected.
warnings have also been issued for the pacific coast of america. beaches and piers have been closed across southern california as a precaution with small waves detected in hawaii and alaska.
let's get more on the volcanic eruption in tonga and sarah scully is a senior meteorologist at the australian bureau of meteorology it's great to have on the program this morning. sarah can you just take us through the tsunami alerts for australia what area does that cover.
well at the moment it's covering from the east coast of tasmania through the east gippsland coast right through new south wales and into the southeast coast of queensland and the latest news is that the land threat for the islands off the coast for norfolk island. lord howe island have been downgraded they were a land threat now they have been downgraded to a marine threat. those warnings will remain in place for a particular location until there are no significant observations for six hours so we're waiting to be really sure that the impacts and the energy from the volcanic eruption has dispersed and it's no longer of a danger to any people out on the water.
and sarah was just saying is that why the beaches will remain closed for that six hour period as the sea
that's right there was what's considered a significant observation at two-fold bay on the south coast of new south wales a couple of hours ago and so that resets the warnings i suppose where there's another six hour wait period where we continue to really closely monitor any of the voy data and any of the tied data just to make sure that there's no residual energy coming through and that the threat is truly passed.
what are the specifics and the impact that this has had on our tides and wave heights
it's the offshore islandsthat were most impacted. we received a peak increase in significant tide data at norfolk island of 1.27 metres and that was at 9 pm last night. there was a general increase in that tidal data in the that's right there was what's considered a significant observation at two-fold bay on the south coast of new south wales a couple of hours ago and so that resets the warnings i suppose where there's another six hour wait period where we continue to really closely monitor any of the voy data and any of the tied data just to make sure that there's no residual energy coming through and that the threat is truly passed s of energy that were coming through but it did peak at 9 pm and we have seen that the waves just subsequently slowly decreasing over time hence that warning has been downgraded since to a marine. and it's very similar for the east coast we had a 0.82 meter wave that was recorded at the gold coast 0.77 meter wave at port in new south wales and another 0.65 metre at two-fold bay so it's been along that east coast that we've seen these increases in wave height that we've been made sure that with the whole area has been made well aware that the warning is current.
do we have a sense of what impact this had on tonga and on the pacific more broadly? and what are you hearing on that front?
the eruption first occurred at 3:10 eastern daylight saving time yesterday. and the wave the 1.19 wave that has been used in the media came through around 2 hours and 10 minutes after that initial eruption since then all of the communications has been cut but looking from the satellite imagery of the actual volcanic island that is a very small island that's been making its own island over the last five or so years so there's the actual volcano has no one living on it but it was a small island that was protruding through the sea and looking at that island from the satellite data now you can see that the middle half of the that island has since been removed or gone it's completely gone so there's been a fair bit of change to the geography of the area but with regards to tonga it's hard to tell at this stage. there's no communication and any of the seismic data or the information that was telling us about the activity of the volcano hasn't been coming through. so all we've had to rely on is the duck voys were introduced after the 2004 boxing day tsunami and they're scatterd around the indian and pacific ocean and they measured changes in height to help prepare us to prepare for any impending threat for a tsunami and it was actually those duck voys that alerted us late yesterday afternoon early evening that there was a change in the tide and subsequent warnings were issued across the australian area.
so sarah, just finally on the surface of the water everything looks to be reasonably normal. but what's happening under the surface that makes this so dangerous?
yeah look tsunami waves are really powerful and that's because there's these huge surges of energy that are released by this volcano or earthquake in this case it's a volcano of course and that energy is trapped beneath the ocean's surface so that's why it's dispersed and spread out and travels for such a long distance and impacts have felt so far away so the volcanic eruptions and earthquakes can have these effects that are felt right across the globe. there were warnings that were issued for fuji japan, canada, us,hawaii so the impacts were felt right across that pasific basin.
right sarah scully a senior metorologist at the australian bureau of meteorogy it's great to have your insights this morning we'll keep across it. thanks very much for your time.


7:27/7:27

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック