FC2ブログ

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その10

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その10

但し、それが主要な種類の住宅ローンである国は2つだけです。アメリカ合衆国とデンマーク。これは奇妙なことです。この発明は世界中で普及していません。他の国でも入手できますが、これは2か国だけに固有のものです。カナダでは入手できません。見つけることができると思いますが、他の場所では一般的ではありません。外国に行くたびに、固定金利の住宅ローンを持ってみませんか?と、そこの人に聞いてみたら、私は必ずしも良い答えを得るとは限りません。私はそれがうまくいかなかった理由を理解しようとしてきました。それから私は最近、労働党政権下にあったそのアリスター・ダーリングを見ました。保守政権が引き継ぐまで、英国の大蔵大臣です。彼は、英国最終的に長期住宅ローンを採用する必要があります。問題は、長期の固定金利の住宅ローンを持たない国は、米国が大恐慌でしたのと同じ問題に陥るリスクを冒しているということです。そのようなある種の危機は、人々が多くの家を失うことを意味するかもしれません。それで彼は英国が彼らの住宅ローンのために10、20、あるいは25年でさえ借りる人々を得るのを見たいと言いました。しかし、代わりに起こったことは、保守的な政府が引き継いだということでした。しかし、英国では、長期の住宅ローンを取得することができます。私はそれが世界のほとんどの国で真実だと思います。彼らはそこでは一般的ではありません。ちょっとしたパズルです。



これを一般的に行っているのはなぜ2か国だけなのですか? 私にはそれが何故であるかを提供するいくつかの理由があります。 それらの1つは、一般大衆はより高い利子を請求するため、長期住宅ローンに抵抗するということです。 貸し手が30年間それを保証しようとしている場合、その保証は彼らに何かを要するので、彼らはあなたにもっと高い料金を請求しなければならないでしょう。 そして消費者はより高い料金を支払うことに抵抗します。 それが問題の一部です。 問題の他の部分は、銀行にとってリスクがあるため、銀行規制当局が銀行にこれらの融資を行うように勧めない可能性があることです。 銀行が30年間お金を拘束し、一度にお金を引き出すことができる預金者がいる場合、銀行は、もし実行があったら、破綻する可能性があります。 彼らはこれらの住宅ローンをすぐに清算することはできません。 したがって、規制当局がこれらの概念を受け入れることを最初に確認するには、政府の協調的な取り組みが必要です。 そしてそれは銀行システムの可能性のある公の救済にいくらかのリスクを置きます。そして、あなたは国民の抵抗を乗り越えなければなりません。 固定金利の住宅ローンを取得するとき、それはクリーンな契約であることを一般の人々に理解させる必要があります。 時々発生する問題とは対照的に、私たちは30年間心配していません。


10. Real Estate No.10

however, there's only two countries where it's the major kind of mortgage. united states and denmark. this is a strange thing. this invention has not caught on around the world. it's unique to only two countries, although you can get in other countries. it's not available in canada in any number, i guess you could find it, but it's not common elsewhere. every time i go to a foreign country, i ask the people there, why don't you have fixed rate mortgages? i don't necessarily get good answers. i've been trying to understand why it hasn't caught on. then i recently saw that alistair darling, who was under the labour government. chancellor of the exchequer in the united kingdom until the conservative government took over. he issued a statement saying that u.k. should finally adopt the long-term mortgage. the problem is that any country, that does'nt have a long-term fixed rate mortgage, runs the risk of falling into the same problem that the united states did in the great depression. some kind of crisis like that could mean that people would lose their homes in great numbers. so he said he'd like to see the u.k.. get people borrowing at 10, 20, or even 25 years for their mortgages. but instead what happened was, the conservative government took over. but you can, in the u.k., get long-term mortgages. i think it's true in most countries of the world. they're just not common there. it's a bit of a puzzle.

why is it that only two countries do this generally? i have a couple of reasons to offer why it is. one of them is that the general public is resistant to long-term mortgages, because they charge a higher interest. if the lender is going to guarantee it for 30 years, they're going to have to charge you a higher rate, because that guarantee costs something to them. and consumers are resistant to paying the higher rate. and that's part of the problem. the other part of the problem is that bank regulators might not encourage banks to make these loans, because it's risky for banks. if banks tie their money up for 30 years, and then they have depositors who can withdraw their money at antime, the banks could go under, if there was ever a run. they can't liquidate these mortgages fast at all. so you need a coordinated effort of a government to first make sure the regulators accept these concepts. and it puts some risk on the public of the possible bailout of the banking system. and then you have to get past public resistance. you have to make the public understand that, when you get a fixed rate mortgage, it's a clean contract. we have no worries for 30 years as opposed to problems that have sometimes occurred.

47:28/1:08:43

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック