FC2ブログ

マイアミ-コンドミニアム倒壊の推定要因 その3

[1356-20211120]
マイアミ-コンドミニアム倒壊の推定要因 その3
テンションケーブル構造で中間ポイントにアンカーがないと仮定した場合

詳細

夜に建物がきしむ音が聞こえると言う住民の証言があったようですが、高層ビルや鉄筋コンクリートの建物がきしむべきではない。夜にきしむ場合は、これは、建物が夜に熱収縮を起こしているためです。 しかし、それらのストレスのいずれも建物のきしみを引き起こすことはない。テンションケーブル構造の建物の場合、これらのケーブルはダブルまたはトリプルで緊結されており、アンカーポイントは最後に互いに非常に床の端に接近しています。6年という短期間の間に、目視でコンクリートの破砕や鋼線の腐食が至るところで確認できたことに加え、もし中間ポイントでアンカーがないと仮定した場合、これは重要な倒壊推定要因になります。


DSC_2086.jpg
大阪 肥後橋
2021.03.15撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック