FC2ブログ

マイアミ-コンドミニアム倒壊の推定要因 その2

[1355-20211118]
マイアミ-コンドミニアム倒壊の推定要因 その2
コンクリート破砕

詳細

ポストテンション構造の建物ではアンカーがスラブの端まで完全に出て壁の端まで出てきます。そして、これらのアンカーが腐食するとケーブルの張力が解放されスラブは本質的に構造上の完全性をすべて失い、腐食したケーブルの数が多すぎると、建物が実際に崩壊する可能性があります。海岸沿いの建物では塩水を含んだ空気がコンクリートに入り、それはコンクリートのphを下げ、鋼の周りの不動態層を減らします。これにより、鋼が錆び、錆びると膨張します。これは、酸化第一鉄または錆が鋼の4倍の体積であるため、圧力が発生し、コンクリートが吹き飛ばされます。これらはコンクリート破砕と呼ばれます。これは重要な倒壊推定要因になります。


DSC_2082.jpg
大阪 肥後橋
2021.03.15撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック