FC2ブログ

マイアミサーフサイドの崩壊 誰が責任を負っていたのか? その3

マイアミサーフサイドの崩壊 誰が責任を負っていたのか? その3
Mike Bell

プールデッキが塔を倒したため、多くの視聴者がなぜ接続されているのかと尋ねました。 これは良い質問です。 ただし、1階の床が主要な安定板になるのが標準的な方法です。 それは再び揺れる塔の柱を支えます。 地下室の側壁は地表の重さから内側に崩壊します。 床は基本的な支えを提供します。 地下の壁が陥没した場合に備えて、現在、周囲の歩道はバリケードで囲まれています。プールデッキが塔を倒壊させてはいません。 この不運な梁の構成のために、塔は倒れました。 それらは塔の柱に致命的なダメージを与える上で重要な役割を果たしたと思います。



重要な柱には、コンクリートの内側に埋め込まれた鋼で作られた8本の鉄筋がありました。 鉄筋は塔の約半分の重量を支えます。 重複に結合された鉄筋は、ねじれた部分により、荷重を垂直にまっすぐに運ぶことができました。 この重複結合とねじれの配置は標準的な構造です。 巨大な負荷の下で、ねじれは外側に膨らもうとします。 この外向きの力は、鉄筋の輪と床によって抑制されます。 ここのロビーで見ることができるように、スラブはきれいなカットで引き裂かれていました。 そして、より大きな損害をもたらすことはありませんでした。 しかし、これらの梁の場所では、それは極めて異なる話でした。 梁は支柱に対して回転し、大きなテコ腕の力を加えて、大きな損害を与える粉砕と滅多切りを引き起こしました。

梁には大きな鉄筋があり、大きな引っ張り力がかかりました。 それはねじれの最も弱い点で引っ張った。 両方の力が一致して働き、このように鉄筋を歪ませたり曲げたりしました。 このアクションにより、上の鉄筋が引き下げられました。 柱の鉄筋の多くが壊れて破壊されました。 損害を受けた柱は約7分間保持されましたが、その後破壊して落下しました。 それらは床を引きずり下ろし、床を引き裂いて塔を崩落させました。

ここで紹介する分析は、建築家としての私の建築知識と構造エンジニアとの話し合いから得られたものです。 公式の法医学的調査結果が原因を特定するのを待つ必要があります。 鉄筋を貫通する適切な応力がなかったため、構造に欠陥があったと思います。 正しい構造用鋼があれば、プールデッキもタワースラブも崩壊せず、悲劇は回避されたでしょう。 この失敗は、潜んでいる危険を無視し、お金を節約するために手抜きをすることがいかに大惨事につながる可能性があるかについての大きなメッセージを送ります。

より広いレベルでは、私たち一人一人が、地球を安全な生息地に保つ微妙なバランスを崩す役割を果たしています。 気候変動は私たちの沿岸の建物を根本的に脅かしています。 Wrenは、二酸化炭素排出量を測定できるこの素晴らしいサイトです。 植林や熱帯雨林の保護により、環境への影響を相殺するための価格オプションを提供します。 それは気候危機について何かをし、私たちの世界を救うのを助ける最も簡単な方法です。 二酸化炭素排出量を相殺するために毎月の寄付を行うためにサインアップすると、植樹、熱帯雨林保護、およびサポートするその他のプロジェクトから毎月更新を受け取ります。 あなたはあなたが植えた木とあなたのお金が何に使われているかを見ることができます。 気候危機を終わらせるには多くの時間がかかります。 あなたは今すぐ助け始めることができます。 説明に紹介リンクを使用すると、wrenはサインアップした最初の100人に10本の追加の木を植えます。 彼らのサポートのためのwrenに大いに感謝します。


MIAMI SURFSIDE COLLAPSE pt3 - Who was at fault?

because the pool deck brought down the tower, many viewers asked why they were connected. this is a good question. however it is standard practice for the ground floor slab to be a key stabilizer. it braces tower columns again sway. the side walls of the basement will collapse inwards from the weight of the earth. the slab provides essential bracing. the perimeter sidewalk is currently barricaded off in case the basement walls cave in. the pool deck should never have pulled down the tower. the tower fell because of this ill-fated configuration of beams. i believe they played a crucial role in mortally damaging tower columns.
the critical columns had eight reinforcing bars made from steel embedded inside the concrete. the rebar carries about half the weight of the tower. the bars joined with overlaps. kinked sections allowed the load to carry down in a straight vertical line. this arrangement of overlaps and kinks is standard construction. under the immense load the kinks want to bulge outwards. this outward force is contained by rebar loops and the floor slab. the slabs tore loose in a clean cut as can be seen here at the lobby. and did not result in wider damage. but at these beam locations it was a very different story. the beams rotated against the columns applying a huge lever arm force causing crippling crunching and mangling.
the beams had substantial rebar which applied a large pulling force. it pulled at the weakest point of the kink. both forces worked in unison which distorted and bent the rebar like this. this action pulled down the bars above. much of the column rebar was mangled and destroyed. the crippled columns held for about seven minutes but then they failed and dropped. they dragged down the floors which tore loose bringing down the tower.
the analysis presented here comes from my building knowledge as an architect and discussion with structural engineers. we need to wait for the official forensic findings to be certain of the causes. i believe the structure was flawed from day one because it lacked proper punch through rebar. with the correct structural steel neither the pool deck nor the tower slabs would have failed and the tragedy averted. this failure sends a loud message of how ignoring lurking dangers and cutting corners to save money can lead to catastrophe.
on a broader level we each play a part in disrupting the fine balance which keeps our planet a safe habitat. and climate change fundamentally threatens our coastal building. Wren is this great site where you can measure your carbon footprint. they give you price options to offset your impact on the environment, by planting trees and protecting rainforests for you. it is the easiest way to do something about the climate crisis and help save our world. once you sign up to make a monthly contribution to offset your carbon footprint, you receive monthly updates from the tree planting, rainforest protection and other projects you support. you get to see the trees you planted and what your money is spent on. it will take a lot to end the climate crisis. you can start helping right now. use may referral link in the description and wren will plant 10 extra trees for the first 100 people who sign up. a big thanks to wren for their support.


9:47/10:01

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック