FC2ブログ

マイアミサーフサイドの崩壊 誰が責任を負っていたのか? その2

マイアミサーフサイドの崩壊 誰が責任を負っていたのか? その2
Mike Bell

大きな柱は特別な梁を支えていました。 西側の塔の柱は地面まで伸びています。 玄関の車道の柱は、計画に合わせてさまざまな位置にありました。 移動梁と呼ばれるオレンジ色のこれらの大きな梁は、垂直荷重を下の柱に向け直しました。 ここでのこの無類の移動梁は、これらの支柱が駐車場レベルの交通を妨げるのを防ぎました。 移動梁はこの崩壊の原因ではありませんでした。

倒壊した柱は屋根から基礎まで連続していた。 ここでは、小さいH字型の移動梁が解体された現場に残されています。 これらの塔の柱はまだ無傷でした。 それらは圧縮荷重で崩壊しませんでした。 床が柱に弱く接続されていたため、建物が倒壊しました。建物は柱から引き裂かれ、落下しました。シャンプランタワー南は、崩壊時に発生した衝撃波によって悪化したせん断応力により主に倒壊しました。



視聴者は、なぜ建物に梁がなかったのかと尋ねました。 この建物は、梁がなかったためではなく、せん断応力に耐える鉄筋がなかったために倒壊しました。 これはフラットスラブ構造と呼ばれます。 それは標準であり、適切に行われていれば安全です。 梁は破壊的でスペースを必要とします。 柱頭またはドロップパネルも強度を追加します。 しかし、これらすべてが建物を高くし、建設を遅らせますが、これは実現不可能です。

これらを排除すると、きれいで途切れのない天井がもたらされ、建物の高さが低くなります。 構造図は、スラブと柱の接続でこの鉄筋を示しています。 これは、せん断応力鉄筋がどのように見えるかの例です。 シャンプランタワー南がどんな種類のせん断応力補強をしていたという証拠も見つかりません。 設計図や瓦礫の写真にはありません。 これは裸の骨の鉄筋でした。

ハリケーンを含む通常の条件下では、パンチ補強の欠如は問題ではなかったでしょう。 建物はその耐用年数の間ずっと起きていたでしょう。 しかし、複数の正面柱を失うというこの異常な出来事の間に、せん断応力鉄筋の欠如は壊滅的であることがわかりました。


MIAMI SURFSIDE COLLAPSE pt3 - Who was at fault?

the larger columns suported special beams. the tower columns on the west extend all the way to ground. the lobby driveway columns were in different positions to suit the plan. these hefty elements in orange called transfer beams redirected the vertical load into the columns below. this standalone transfer beam here prevented these columns from obstructing traffic in the parking level. the transfer beams were not a contributor to this collapse.
the columns which failed were continuous from roof to foundation. here the smaller H-shape transfer beam is visible in the cleared out site. these tower columns were still intact. they did not fail from compression load. the building fell because the slabs were too weakly connected to the columns. the building ripped loose from the columns and dropped.champlain south failed primarily from punch through aggravated by the shock waves generated in the collapse.
eliminating these brings nice clean uninterrupted ceilings and reduces the building height. the structual drawings indicated this rebar at the slab to column connection. this is an example of what punch share rebar looks like. i find no evidence champlain south had any type of punch share reinforcement. not in the engineering drawings or in the photos of the rubble. this was bare bones steel reinforcement.
under normal conditions including hurricanes the lack of punch reinforcement would not have mattered. the building would have stayed up for all its useful life. but during this freak event of losing multiple facade columns the lack of punch rebar proved catastrophic.


5:52/10:01

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック