FC2ブログ

マイアミサーフサイドの崩壊 誰が責任を負っていたのか? その1

マイアミサーフサイドの崩壊 誰が責任を負っていたのか? その1
Mike Bell

プールデッキはマイアミのこの13階建ての建物をどのように崩壊させたのでしょう? シャンプランタワー南に関する私の以前のビデオには多くの素晴らしいコメントがありました。 私は提起された主な質問に答え、この悲劇をさらに解明します。 怠慢と腐食が根本的な原因でした。 おそらくそうではありません。 説明します。 このビデオを後援してくれたwrenに感謝します。

最後に、建物の柱をダメにしたと私が信じる原因を見てください。 まず、最も意味のある崩壊の連鎖を要約してみましょう。 この柱は、柱間隔が長すぎるために最初に潰れた可能性があります。 紙に鉛筆を突き刺すように床に打ち抜かれた柱です。 エンジニアはこれをせん断と呼んでいます。 プールデッキのこの部分は、すばやく連続して崩壊しました。およそ7分後、2021年6月24日にタワーの半分が崩壊しました。

プールデッキがひどくダメになり、崩壊する1年前に、即座に抜本的な修繕が必要であるという兆候がありました。 エンジニアが床スラブに開けたテスト穴は、不吉な構造的ダメージを明らかにしました。 コアは、スラブがどのように崩壊し、部分的に崩壊したかを示しています。 これらは、鉄筋とも呼ばれるスラブ内の鉄筋の棒です。 しかし、何か不思議なことがあるので、よく見てください。 鋼はさびがあまりないようです。 結局、腐食は中心的な要因ではなかったのでしょう。

崩壊の原因は、不十分な構造設計と非堅固な建設が原因である可能性が高くなります。 非堅固な床は、何年にもわたってひび割れ、崩壊していた可能性があります。潜んでいる危険は視界から隠されていました。 床は長い間崩壊の危機に瀕していたが、警告なしに突然崩壊した。 内部の崩れは柱の周りに局在していた。これらの写真は、プール床が無傷であることを示しています。 コアサンプルはこれらの場所からのものでした。 公式の調査官は壊れた建物の破片を持っています。 彼らは、危険な構造の腐食チェックの程度を評価し、それが図面に従って建築されたかどうかを確認できます。根本的な原因を特定することは不可欠であるため、これは二度と起こりません。

多くの人が、柱がいかに厄介に見えるかについてコメントしました。 高層ビルには、風や地震による横揺れに抵抗するための実質的な補強要素が不可欠です。 それらは赤で示されている耐震壁と呼ばれます。 この建物のせん断壁は不十分でした。 この階段塔のすべての壁はしっかりしているはずです。 しかし、1つだけがコンクリートでできていました。 これは、お金を節約するために構造の角を切り取る幅広いパターンの一部です。

MIAMI SURFSIDE COLLAPSE pt3 - Who was at fault?

how did a pool deck break this 13-story building in miami? there were many great comments in my previous videos on champlain towers south. i will respond to the main questions posed and demystify this tragedy further. was neglect and corrosion the root cause. perhaps not. i will explain. thanks to wren for sponsoring this video.
at the end see the action which i believe crippled the tower columns. first let's recap the collapse sequence that makes most sense. this column may have been first to fail because of excessive spans. the column punched through the slab much like a pencil through paper. engineers call this punch shear. this portion of the pool deck collapsed in a quick continuous cascade. roughly seven minutes later, half the tower collapsed on june 24, 2021.
the signs were there that the pool deck was strutually crippled and required immediate and drastic action, one year before it failed. test holes drilled into the pool slab by engineers revealed ominous structural distress. the cores indicate how the slab had crumbled and partially disintegrated. these are bars of steel reinforcement inside the slab also called rebar. but look closer because there is something curious. the steel does not seem to have significant rust. perhaps corrosion was not a central factor after all.
and the cause of the failure more likely due to inadequate structural design and weak construction. the weak slab had likely been cracking and disintegrating over years. the lurking danger was hidden from view. the slab had been on the brink of failure for long then without warning it failed suddenly. the internal crumbling was localized around the columns. these views show the pool slab intact. the core samples were from these locations. the official investigators have the broken building pieces. they can evaluate the extent of corrosion check for dodgy construction and verify if it was built according to the drawings. pinpointing the root causes is essential so this doesn't happen again.
many commented how rickety the columns looked. it is essential tall buildings have substanatial bracing elements to resist the sideways sway from wind or eathquakes. they are called shear walls shown in red. this building had inadequate shear walling. all walls of this stair tower should have been solid. but only one was made of concrete. this is part of a broader pattern of cutting corners on the structure to save money.


3:27/10:01

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック