FC2ブログ

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その5

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その5

これらは、1960年に米国議会の行為によって作成されました。 そしてそれは金融の民主化のもう一つの例でした。 そして私はそれがここアメリカで始まったと信じています。 現在、それらは世界中でコピーされています。 彼らは1960年以降、やや遅いスタートを切ったが、劇的に成長しました。 アイデアは、私たちは信託が一般大衆のために、小さな投資家のために投資を生み出すことを可能にするということです。 また、二重課税も発生しません。 ですから、不動産投資信託は法律に従わなければならず、そうすれば建物に投資することができます。 したがって、おそらく360州はリートにより所有されるかもしれません。

ただし、法人税はかかりません。 もう一度、議会は課税されない車両を作成します、誰もが尋ねるでしょう、まあ、私は私の会社をREITにしたい。 そのため、一般に利用できないように定義する必要がありました。 それは不動産に限定されています。 したがって、法律によれば、会社の資産の75%は不動産または現金でなければなりません。 収入の75%は不動産からのものでなければなりません。 彼らの収入の90%は、不動産の配当、利子、およびキャピタルゲインからのものでなければなりません。 これがすべて、あなたの教科書Fabozzi et al。にあると思います。 収入の95%を支払う必要があります。 長期保有者である必要があります。 収入の30%以下が4年未満の保有物件の売却によるものであってはなりません。 彼らは不動産をかき回す会社を望んでいません。 したがって、これらすべてを定義すると、REITが得られます。

つまり、1960年にさかのぼるその発明です。それは金融におけるそれらの事柄の1つです。 それはゆっくりと始まり、ほとんどの人はそれを聞いていません。そしてそれからそれは成長し始めます。 そして今、それらは世界中のいたるところにあります。 まあ、どこにでもあるわけではないかもしれませんが、多くの国でREITがあります。 米国のREITはブームの連続で成長しました。 最初のブームは1960年代後半で、米国の金利が預金の上限を超えて上昇しました。 政府が貯蓄銀行の預金金利に課した上限がありました。 そして突然、REITは貯蓄銀行よりも高額の支払いをし、国民は彼らに群がりました。

10. Real Estate

these were created in 1960 by an act of the u.s congress. and it was another example of the democratization of finance. and i belive it started here in the united states. now, they're being copied all over the world. they got off to kind of a slow start after 1960, but they have grown dramatically. the idea is that we will allow a trust to create investments for the general public, for small investors. and they won't be double-taxed,either. so, a real estate investment trust has to follow the law, and then it can invest in buildings. so, maybe 360 state is owned by reit.
but they are not subject to the corporate profits tax. now onece again, congress creates a vehicle that's not taxed, everyone is going to ask, well, i want my company to be a REIT. so, they had to define it so that it isn't generally available. it's limited to real estate. so the law says, 75% of the assets of the company have to be in real estate or cash. 75% of the income has to be from real estate. 90% of their income must be from real estate dividend, interest, and capital gains. this is all, i think, in your textbook Fabozzi et al. 95% of the income must be paid out. and there has to be a long-term holder. no more than 30% of the income can be from the sale of properties held less than four years. they don't want real estate churning companies. so, if you define all of that, you've got a REIT.
so, that invention, which goes back to 1960. it's one of those things in finance. it starts out slowly, and most people don't hear of it, and then it starts to grow. and now they're everywhere around the world. well, maybe not everywhere, but in many countries we have REITs. the u.s REITs grew in a succession of booms. the first boom was in the late 1960s, when the interest rates in the united states rose above deposit ceilings. there used to be ceilings that the government imposed on savings banks deposit rates. and so suddenly, the REITs were paying better than the savings bank, and the public flocked to them.


26:16/1:08:43

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック