FC2ブログ

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その4

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その4

だから裕福な人々のためのプロジェクトになる傾向があります。 今、私は企業が責任を制限されていることを述べました。 パートナーシップは一般的にはありません。 しかし、あなたは2つのクラスのパートナーを含むパートナーシップを持つことができます。 事業を運営する一般的なパートナーがあり、限られた責任はありません。 言い換えれば、事業が悪くなってお金を失うならば、一般的なパートナーは訴訟を起こすことができます。 しかし、限られたパートナーと呼ばれる他のパートナーもあり、彼らは受動的な投資家でなければなりません。 そして彼らは限られた責任を持っています。 それでは、何が起こるのか、不動産を理解し知る人によってDPPが作成されます。 360州通りを建設してもらいましょう。 それらが最終的に開通したら、彼らは360州通りの1階でスーパーを開くでしょう。

そして私はあなた達の誰かがあそこにいることに賭けます。 それはエール大学に最も近いスーパーマーケットです。 しかし、それはすべて誰かの計画の一部です。 この構造を考えた一般的なパートナーがいくつかあり、限られたパートナーを獲得し、建物を管理するか、建物の管理者を雇うか、事業計画と売却計画を持っています。 建物は消えてなくなりませんが、彼らはそれを他の誰かに売るでしょう。 私は本当に360州通りの状態の資金調達構造を知りません。 しかし、私は指摘しているだけで、そこで起こったことがありそうです。 それで、それは不動産の現代的な構造でした。 そして、彼らが建物の住宅ローンの場合、DPPはパートナーに代わって建物を求めています。 だから、米国の不動産金融、私はそれを書き留めるておきましょう。 DPPは直接参加プログラムです。 そしてそれは直接、あなたが投資家としてのあなたがその利益獲得に直接参加しているという意味です。 あなたはパートナーです。あなたは株主ではありません。



小さな投資家がこれらにアクセスできなかったため、DPPは20世紀に批判されました。 彼らは認定されなかったので、小さな投資家は閉じ込められました、彼らは十分に大きくも重要でもありませんでした。 彼らはこれらに投資することを許可されていませんでした。 それは彼らを守ることになっていたと私は推測します。 しかし、それは彼らが二重課税にさらされることから彼らをどのように保護しますか? だから、それはなぜ米国では私たち投資家のほとんどがこれらの有利な投資の機会から閉鎖されているのかという原因になりました。

基本的に、個人は商業用不動産に投資することができませんでした。 そして、すべての人々が言いました。まあ人々は多様化するでしょう。 彼らはさまざまな種類の投資を行うことになっています。 それで、なぜこれは彼らに限定されるのでしょうか? そのため、1960年に米国で開催された議会は、不動産投資信託または略称リートと呼ばれる新しいものをつくりました。


10. Real Estate

so it tends to be a project for wealthy people. now i menthioned that corporations have limited liability. partnerships do not in general. but you can have a partnership that involves two classes of partners. there's a general partner that runs the buisiness and does not have limited liability. in other words, if the business goes bad and loses money, the general partner can get sued. but there are other partners, called limited partners, and they have to be passive investors. and they have limited liability. so what often happens, is a DPP is created by someone who understands and knows real estate. let's get 360 state street built. you're going to know that eventually, because once they open, they're going to open a supermarket on the first floor of 360 state.
and i bet some of you will be over there. it would be the closest supermarket to Yale university. but it's all part of somebody's plan. there was some general partner who thought up this structure, and got limited partners in, and is managing the building, or hires a manager for the building, and has a plan and a close out plan. the building won't disappear, but they'll sell it to someone else. i really don't know the financing structure of 360 state. but i'm just pointing out, it's likely what's happened there. so that has been the modern structure of real estate. and if they mortgage the building, the DPP would mortgage the building on behalf of the partners. so, real state finance in the united states, i might as well write it down. DPP is a Direct Participation Program. and it's direct, in the sense that you as an investor are participating directly in the profits of it. you are a partner, you are not a shareholder.
the DPP became criticized in the 20th century, because small investors couldn't access these. small investors were confined, because they weren't accredited, they weren't big enough or important enough. they were not allowd to invest in these. it was supposed to be to protect them, i guess. but how does it protect them to subject them to double-taxation? so, it became a cause that why in the united states do we have most of our investors closed out of these lucrative investment opportunities?
basically, individuals couldn't invest in commercial real estate. and all people said, well people are supposed to diversify. they are supposed to hold different kinds of investments. so, why would this be limited to them? so, congress in the united states, in 1960, created something new called a real estate investment trusts. or abbreviated reits.


23:02/1:08:43

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック