FC2ブログ

中国の習総書記は、経済成長のために不動産価格の引き下げを望んでいる

中国の習総書記は、経済成長のために不動産価格の引き下げを望んでいる

CNBC Television 動画翻訳

困惑した中国の不動産開発会社恒大集団の会長は、スタッフへの手紙の中で、この会社は最も暗い瞬間から抜け出すだろうと述べています。 私たちの次の推測は、中国の経済問題は、問題を抱えた1つの会社が私たちに加わるよりも深刻であるということです。 現在はカイルバスの創設者であり、ハマン資本管理カイルの最高情報責任者です。 ジャーナルの最初のページには、習総書記が行った動きのいくつかの背景を説明し、それを文脈と要約にまとめようとする長い記事があります。 それは、40年前の鄧小平の改革のいくつかが中国経済の下で火をつけたということです。 資本主義を通じて、第3期を取得するために彼自身の利益のために、習総書記は、新しいタイプの経済を形成するためにそれらのいくつかを逆転させています。 それは政府主導であるという点ではるかに関与しているということは、あなたがそこで起こっているのを見ているということです。

習総書記が何をしようとしているのかを理解することは非常に重要だと思います。彼らは私たちが米国で経験しているのと同様の問題を経験しており、世界中の他の国々がご存知の通り最大の中央銀行で経験しています。中国の信用システムは、2008年から2009年の金融危機以来、毎年GDPの膨大な割合で成長しています。彼らはこの収束の時代に入り、システムに50兆ドル以上のクレジットがあり、それを視野に入れると約15兆ドルになります。私たちが金融危機に突入したときの米国のGDPは17兆、貸借対照表のクレジットは約17兆でした。また、12兆の簿外債務は、約3.6倍、約1.7倍でした。そして彼らは資本市場ビジネスに20年しかいませんでした。彼らはWTOに入った2001年に西洋のシステムを採用しただけです。そしてそれがすべて始まったので、起こったことは、中国の出生率が崩壊しているという全体像です。現在、女性1人あたりの出生数は1.3であり、実際に人口を維持するには2.1である必要があるため、中国の人口動態は危機的なレベルにあり、その理由は中国の男性が家を買う余裕がないためです。ですから、彼らは皆両親と一緒に暮らしており、恒大が信用過信で、すべての住宅を建てたという事実があります。そして中国の資産は、中央銀行が非常に多くのお金を印刷し続けたために上昇しました。 習がやろうとしているのは、不動産価格を抑えようとしていることであり、中国は持続不可能な道を進んでいるため、できるだけ早くそれをやろうとしている。それを持っているすべての人は、中国が年に6%で成長し、無限に成長すると誰も信じています。それは完全に間違っています。

しかし、私たちが中国についての価値判断から離れて、グローバルな計画の将来について考えるならば、私たちは常に中国の消費者について考えます。そして、私たちはかつて、中国に物を売るという共生的な方法で前進したいと思っていました。彼らの消費者は私たちから物事を手に入れます。そして私はあなたがそれが可能であると感じないかもしれないことを知っています。そして私はジムがいくつかの異なる点を持っていることを知っています。しかし、習総書記が現在行っている動きは、おそらく中国の成長を妨げるものであり、理論的には世界にとって良いことです。つまり、6大企業はすでに1兆ドルの価値を失っています。彼らは、中国の大きなリスクは習総書記が中国から出てくる起業家のエネルギーと革新の多くを抑制することであるとジャーナルに引用があると話している。もし彼らがもっと政府中心になり、もっと社会主義になったとしたら、言い換えれば、中国が私たちがここで取り組んでいる資本主義を受け入れる前の状態に戻るという心配です。

つまり、彼らが投資部門に何をしたかを見てください。 彼らが営利教育部門で何をしたか見てください。 彼らは基本的に彼らの経済の多くの部門の栓を抜いてきました。 彼らはテクノロジーで君臨しています。 彼らは、アリババのような企業の税率に加えて、利益の50%以上、そして共通の繁栄のために10%以上を要求しています。 あなたはそこで実際の市場に投資していないことに気づかなければなりません。 あなたはまだ閉鎖された資本勘定を持つ経済を持っています。 彼らは一方向に流れるドル資本を持っています。

Chinese President Xi wants lower property prices due to economic growth

in a letter to staff the chairman of embattled chinese property developer evergrand says this company will walk out of its darkest moment. our next guess is china's economic issues are more serious than one troubled company joining us. now is kyle bass founder and cio of haman capital management kyle. there is a lengthy piece on the front page of the journal that tries to give some background to some of the moves that president xi has made and put it into context and in summary. it's just that some of the reforms of deng xiaoping from 40 years ago that sort of lit a fire under the chinese economy. through capitalism that president xi in his own interest to get a third term is reversing some of those to form a new type of economy. that is much more involved in terms of being government led is that what you see happening there.
i think it's very important to understand what president xi is looking to do and they're experiencing similar problems that we are in the u.s and that other nations around the world are experiencing with the largest of the central banks you know. china's credit system has grown at huge percentages of gdp every year since the financial crisis in 2008-2009. they're entering this period of weakness with over 50 trillion dollars worth of credit in their system and their is around 15 trillion to put that into perspective. the u.s as we entered into our financial crisis had 17 trillion of gdp and about 17 trillion of on balance sheet credit and another you know call it 12 trillion off balance sheet point being is there about 3.6 times and we were about 1.7 times. and they've only been at the capital markets business for 20 years right. they have only adopted a western system in 2001 as they entered the wto. and that's when it all began so what's happened is that is the greater picture is chinese birth rates are collapsing. they're now 1.3 births per woman and you need to be at 2.1 to actually just sustain your population so chinese population dynamics are at a critical level and the reason being is the chinese men can't afford houses. so they're all living with their parents and the fact that evergrand went on a credit binge and built all of the housing. and chinese property took off because their central bank continued to print so much money. what xi is trying to do is he is trying to rein in property prices and he's trying to do it as quickly as possible because china's on an unsustainable path lower. everyone that has it everyone that believes china's going to grow at six percent a year and ad infinitum is just. it's just dead wrong.
but if we just divorce ourselves from any value judgments about china and think about the future of the plan of the globe it we always think about the chinese consumer. and we all at one point wanted to move forward in a symbiotic way where we sell things to china. their consumers get things from us and i know you maybe don't feel that that' possible and i know jim has some different points. but the moves that xi is making right now are possibly an impediment to chinese grouth which would be theoretically good for the world. i mean the six biggest companies have already lost a trillion dollars in value. they're talking about there's a quote in the journal that says the big risk for china is xi suppresses much of the entrepreneurial energy and innovation coming out of china. if they become much more government-centric and much more socialist in other words which we're grappling with here ourselves i mean is that the worry that china transforms itself back to the way it was before it embraced capitalism.
i mean look what they've done to their gaming sector. look what they did their for-profit education sector. they've basically pulled the plug on many sectors in their economy. they're reigning in tech. they're requiring 50% of profits or more on top of their tax rate of companies like alibaba and 10% for the common prosperity. you've got to realize that you're not investing in a real market there. you still have an economy with a closed capital account. they have one-way capital flows dollars.

4:46

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック