FC2ブログ

専門家はオーストラリアが20年でスラムに変わる可能性があると警告している その1

専門家はオーストラリアが20年でスラムに変わる可能性があると警告している その1
60 Minutes Australia

昨年8月にオープンしたとき、シドニーのオペルタワーは、最先端の住宅用超高層ビルの建設の驚異として不気味になりました。 所有者は392のアパートに何百万ドルも費やしており、購入に興奮していました。 しかし、クリスマスイブにすべてが変わりました。 築後4ヶ月の建物に危険な亀裂が現れた。 パニックに陥った住民は、新聞の見出しがいつ倒れてもおかしくないと警告したので避難し、非難ゲームが始まりました。 今夜、夜のネットワーク経済編集者のロス・グリーンウッドは、オペルタワーの何が悪かったのか、そしてこの建物の大惨事の結果がどのように起こったのかを報告します。

シドニーオリンピック公園のオペルタワーは、お金で買える最高の生活を送る贅沢品として販売されました。 人々は夢に投資するために数千から数百万ドルを支払うために群がりました。

シドニーオリンピック公園と言えばオパールタワーで、オリンピック公園で最高の住宅タワーに設定され、シドニーで最高のタワーの1つと言われました。

あなたが最初にその建物に足を踏み入れたとき、あなたのアパートが完成したのを見たときは幸せです。
私たちはそれについて非常に興奮しています。 美しく見えました。 それは豪華な建設の豪華な建物です。
そうだった。 私たちがエイリアンの夢を買っていたので、飲み物はそうではありませんでした。
そして、私たちは判明しなければなりませんでした。
残念ながら、これはおそらくこのタワーの所有者が人生で経験した中で最も困難なことでした。

シャディア・スカンダーとアンディ・ネバー・リーは、現在この建物を見上げている多くの所有者のうちの2人です。 どうしてそんなにうまくいかないのだろうと思っています。 クリスマスのイベントがあるため、各家族、各所有者、各居住者が影響を受けたパーティーは392あります。 前夜、誰もが悲痛な独自の物語を持っています。 警察は破城槌を持って建物に行進した。 サンタは去年のクリスマスイブにオペルタワーに来ませんでした。 家に帰れません。 私はすべてのものを混乱の中に持っています。 建物全体に大きなクラッキング音が響き渡り、大規模な避難が発生したり、建物に何かが折れたりしてドアが詰まった後、警察がそれらを壊さなければならなかったので、それを叩くのを恐れました。 私は妻から電話を受けました、そして彼女は私がいる前に家に向かっていました。そして彼はシャディアに通りがすべて封鎖されていると言いました。いたるところに警察や救急隊がある建物に行けません。 かつては緊急サービスがありました。 電車が止まっています。 それはかつてその地域から避難した。 あなたは建物が倒れるかもしれないという脅威で空にされたことを知っています。

あなたが思い出したことについて教えてください。冗談じゃないです。 上がっていた私たちは絶対にひどく驚いた。

4ヶ月前にオープンしたばかりの建物に何か深刻な問題がありました。ひび割れは、10階のスカイガーデンと呼ばれるコンクリートパネルで最初に発生しました。それらは監視カメラに捕まった。タワーが動いているので、開発者のエコは、さらなる損傷を防ぐために天井を支え、壁を補強する緊急安定化作業を開始しました。 60 minutesはこのエリアへの最初のメディアクルーです。つまり、これは10階でひび割れが発生したオペルタワーのグラウンドゼロです。
この壁に沿って、この地域の修復作業の一環として覆われています。現在、住民はもちろん、これが一般的に建物に支えられていると確信するまで心配しています。彼らは戻って来たくないので、これはここにあります。これらは主要な工業用先端柱です。
レベル10までの建物の中に900 * 900のような900があります。
だからあなたは人々があなたのアパートでこれらを調べていると言っています。
居間や寝室ではレベル10まで上がるので、これらを取り付けたままで入居することが期待されます。これはあなたにとって安全に見えましたか?
しかし、人々は彼らのアパートにこれらを持っています。
そうです、主要な工業用先端柱です。

Expert warns Australia could turn into slums in 20 years

when it opened in august last year the opel tower in sydney was spooked as a marvel of construction a state-of-the-art residential skyscraper. owners had spent millions on the 392 apartments were thrilled with their purchases. but on christmas eve everything changed. dangerous cracks apeared in the four-month-old building. panicked residents were evacuated as headlines screamed it might topple at any moment then the blame game started. tonight the night networks finance editor ross greenwood reports what went wrong with the opel tower and how the consequences of this building catastrohe. a pyxis.
the opel tower in sydeney's olympic park was marketed and sold as luxury living the best that money could buy. people flocked to pay thousands even millions of dollars to invest into the dream.
now the jewel if i could say of sydney olympic park was opal tower and it was set to be the best residential tower in olympic park and we were told one of the best in sydney.
when you first walked into that building when you've seen your apartment finished be happy.
we're very excited about it. it looked beautiful. it's a luxury construction luxury buildings.
so this was. the drink wasn't it because what we were buying into the alien dream
and we had to turn out.
well unfortunately this has probably been the hardest thing that owners of this tower have gone through in their life.
shadia skander and andy never li are two of the many owners now looking up at this building. wondering how it could all go so wrong. there's 392 a party each family each owner each resident has been affected because there are the events of christmas. eve everyone has their own story which is heartbreaking. police marched into the building with battering rams. santa didn't come to the opel tower last christmas eve. i can't get back home. i've got all my stuff inside chaos. and fear beating to it after a loud cracking sound reverberating through the building sparking a mass evacuation or something snapped in the building and doors got jammed the police hadto break them up. i got a call from my wife and she was heading home bfore i was and he said shadia there the streets are all blocked off. i can't get to the building that there are police and emergency services everywhere. it once moved out emergency services are there. train line is stopped. it once evacuated from the area. you know the building was emptied with the threat of that maybe falling over.
tell me about you thought out.
the joking i mean. we were so up we'll gobsmacked absolutely gobsmacked
something was seriously wrong with a building that had only been opened four months earlier. the cracking first occured in concrete panels of what's called a sky garden on the tenth floor. he was caught on the cctv cameras. the tower is moving so it's developer eco commenced emergency stabilizing works propping up ceilings and reinforcing walls to prevent further damage. 60 minutes is the first media crew into this area. so this is ground zero an opel tower where the cracking occurred on the 10th floor.
right along this wall it has been covered up as part of the remediation work in this area. now the residents of course are concerned until they're confident that this is generally shored up the building. they don't want to move back in. so what's this here so these are major industrial acro props.
there are 900 of these like 900*900 located through the building up to level 10.
so you're saying people look up these in your apartment.
during the living rooms or in their bedrooms they'll go all the way up to level 10 so it's expected that we move in with these still installed. did this look safe to you?
but people have got these in their apartments.
that's right major industrial props.


4:38/14:08

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック