FC2ブログ

中国の恒大集団の興亡 その1

中国の恒大集団の興亡 その1

Asianometry 動画翻訳

最近、恒大集団について何か聞いたことがあるかもしれません。 これは、数十億ドルの負債と少しの現金危機を抱える巨大な会社であり、抜け道を探しています。 何が起こるか誰が知っていますか。 すべてが宙に浮いていて、私たちは毎日新しいことを聞いています。 しかし、物語全体で、不動産会社がこれまでのところ、そして非常に速く成長した方法に興味を持ってくれました。 それが今日お話しすることです。 このビデオでは、かつて中国最大の不動産集団企業であったものの興亡を見ていきます。 現在3000億ドルの負債を抱えている会社です。

恒大の創設者であり、最近まで会長は許家印です。彼は1958年に、日中戦争で農民と退役軍人の息子として生まれました。彼の母親は、彼の家族が彼女の治療を求めるお金がなかったという事実のために、彼がわずか8ヶ月のときに敗血症で亡くなりました。 1974年に16歳で、許は高校を卒業しました。当時の大学入試は閉鎖されていたので、彼は最初の事業を立ち上げ、路上で建材を販売しました。その後、彼は一連の農村部のセメント工場労働者、村の警備員、およびトラクターの運転手に従事しました。 1978年、彼は2回目の大学統一試験の受け、周口市の1,000万人の学生のうち3位にランクされました。これは彼に武漢科学技術大学への入学を許可し、そこで彼は名誉をもって卒業しました。卒業後間もなく、彼は妻のヤン・フイインと出会い、結婚した。同様の貧しい背景の女性でした。そこから、彼は河南武陽鉄鋼会社で同社の鉄鋼圧延工場の熱処理作業場の副主幹として働きました。彼は300人以上の従業員を担当していました。彼は最初に鉄で管理している間、彼の労働者の福祉に注意を払いました。作業場での高い実績は彼の全体的な知名度を上げました。同社で10年間、取締役として7年間働いた後、許は、稼働時間外で金属くずを販売したとして調査された後、辞任しました。彼は床を片付けて労働者のためにより多くのお金を稼ぐためにそれをやっていたと言います。私は彼を信じるだろうと思います。

その後、商社である深圳中田グループに営業担当者として入社しましたが、すぐに事務役員に昇進しました。 今では、許が成功者であり、すぐに影響を与えることは明らかです。 彼は彼の前の会社・河南武陽鉄鋼会社との鉄鋼貿易同盟を導きました。 彼は二重給与システムを実施しました。そこでは、彼のトップワーカーが年間の給与の合計でボーナスを受け取ります。 そして1994年に、彼は中田に不動産市場への参入を促した。 会社の祝福を受けて、彼は広州に出発し、4人の労働者に運転手、レジ係、セールスマン、便利屋を連れて行きました。 これはすべて、不敬な冗談の始まりのように聞こえます。 そこで彼らは、文字通り真珠の島の庭を意味するzhudaogardenと呼ばれる不動産プロジェクトを開発しました。 彼らは豪華なホテルの部屋を借りて取引を成立させ、顧客を引き付けるために広告を掲載しました。 同社は、市場で際立った低コストで高価値の設計を実施しました。これは、当時製造されていた巨大で豪華なユニットとの重要な違いです。

初めて、中産階級が高級不動産にアクセスできるようになりました。 不動産事業に最初に参入してからわずか2年後の1997年半ばまでに、パールアイランドガーデンは深圳中田グループに3,100万米ドルの利益をもたらしました。 それにもかかわらず、許はまだ月額わずか450ドルの給料を引き出しました。 確かに、公務員のものの5倍以上ですが、それでも彼が会社にもたらした価値にはほど遠いものです。 彼は上司である深圳中田グループのCEOに昇給を求めましたが、拒否されました。 したがって、許は彼自身のことを始めるために去りました。 彼はその時およそ39歳でした。 1997年、許は広州で不動産会社の恒大集団を設立しました。 中国語の名前は、英語の名前と同様に、過去から現在に至るまで無限の意味を持っています。

わずか8人の従業員で、許は広州を探索して、開発するための最高の土地を探しました。彼は、中国の主要な不動産開発業者である万科企業、大連万達、碧桂園と競争していることに気づきました。彼らはより確立され、一等地を取得するためのより多くのお金と資源を持っていました。 許は頑張った。彼の最初のプロジェクトは、海珠区の工業通りにある古い殺虫剤工場の敷地に建てられたジンビガーデンと呼ばれる場所です。ご想像のとおり、110,000平方の地所には問題がありました。工場が多すぎ、都市インフラが不足し、深刻な汚染問題が発生しています。しかし、これらの同じ理由で、許は非常に低価格で地所を取得することができます。しかし、それでも、恒大は必要な500万元の頭金を支払う余裕がありませんでした。しかし、会社は政府に彼らが分割払いで地所を購入することを許可するように説得しました。したがって、恒大の生涯中毒が始まりました。彼らは銀行に行って借りました。彼らは600万元を借りました。そのうちの500万元は、最初の分割払いである頭金に充てられました。残りの百万元は建設を開始するために使われたようです。ジンビガーデンは1997年6月に完成しました。2か月後の1997年8月、住宅販売の最初のラウンドが一般に公開されました。 同社は各ユニットを1平方メートルあたり2,800元、つまり1平方フィートあたり約40米ドルで販売しました。 これはコストを下回っていました。 2時間で完売するというセールス大評判でした。 まるでアップル製品のように家を買うために、人々は昼夜を問わず並んでいました。 同社は8000万元または1200万米ドルの売り上げを上げ、中国語で言いたいようにそれは「彼らの最初の金のバケツ」を与えました。

恒大は時間を無駄にしませんでした。 ほぼすぐに、彼らは広州の他の13の区画で同時に開発を開始しました。 設立からわずか2年の1999年までに、恒大は広州で7番目に大きな不動産会社になりました。 その後、彼らは急速に拡大し、彼らの永遠の手順とビジネスモデルを洗練しました。 その後、2006年に全国展開を開始し、武漢、瀋陽、重慶、成都に200人の従業員を配置しました。 目標は、わずか3年で20のエバーグランドを再現することでした。 現時点で、同社の貸借対照表は、総資産が78億元または12億米ドルであることを示していました。 そのうち、68億元または10億米ドルの債務がありました。

The Rise and Fall of China's Evergrande Group <1>

you might have heard something about evergrande group recently. this is a sprawling company with billions dollars in debt, a little bit of a cash crunch and is looking for a way out. who knows what is going to happen. everything is all up in the air and we are hearing new things each day. but the whole saga has gotten me interested in how a real estate company has managed to grow so far, and so fast. that is what we will talk about today. in this video, we look at the rise and fall of what had once been china's biggest real estate conglomaerate. a company now with $300 billion in liabilities. evergrande's founder and until recently, chairman is xu jiayin. he was born in 1958, the son of a farmaer and veteran in the second sino japanese war. his mother died of sepsis when he was just eight months old, due to the fact that his family had no money to seek medical treatment for her. in 1974 at the age of 16, xu graduated from high school. the college entrance exams at the time were closed, so he set up his first business, selling building materials on the street. he then worked a series of rural job cement factory worker, village security officer, and tractor driver. in 1978, he took the gaokao on his second try and ranked third out of 10 million students in the city of zhoukou city. this granted him entrance into the wuhan universityof science and technology, where he graduated with honors. soon after graduation, he met and married his wife yang huiying. a woman of similar impoverished background. from there, he worked at the henan wuyang iron and steel company as an assistant director of heat treatment workshop of the company's steel rolling plant. he was responsible for over 300 employees. while he managed with an iron first, he paid attention to his workers'welfare. the workshop's high performance raised his overall profile. after ten years working for the company, seven as a director, xu left after being investigated for selling scrap metal in his downtime. he says he was doing it to clear out the floor and earn more money for his workers. i guess i'll believe him.sure why not. he then joined a trading company, he then joined a trading company, shenzhen zhongda group, as a salesperson but quickly rising to office director. by now it is pretty obvious that xu is a go-getter, making an immediate impact. he shepherded a steel trading alliance with his former company wuyang iron and steel. he implemented a double salary system, where his top workers get a bonus totaling an entire year's salary. and then in 1994, he pushed for zhongda to enter the real estate market. with company blessing, he set out to guangzhou, bringing with him four workers a driver, cashier, salesman, and handyman. this all sounds like the start of a profane joke. there they developed a real estate project called zhudao garden, literally meaning pearl island garden. they rented fancy hotel rooms to strike deals and posted adverts to attract customers. the company implemented a low-cost, high- value design that stood out in the market, a key differentiation from the massive, luxury units being made at the time. for the first time, premium real estate was accessible to the middle class. by mid-1997, just two years after first entering the real estate business, pearl island garden made zhongda a profit of $31 million usd. yet despite this, xu still drew a salary of just $450 a month. over five times what a civil servant would draw, for sure, but still far from the value he brought to the company. he asked his boss, zhongda's ceo, for a raise but was rejected. thus, xu left to start his own thing. he was then around 39 years old. in 1997, xu started evergrande industrial group in guangzhou a real estate company. the chinese name, like the english one, means something that is endless from the past into the present. with just eight employees, xu scoured guangzhou for a prime piece of land to develop. he found himself in competition with china's major real estate developers vanke, dalian wanda, and country garden. they were more established, with more money and resources to aquire prime pieces of land. xu persevered. his first project would be a place called jinbi garden, built on the site of an old presticide plant on industrial avenue in the haizhu district. the 110,000 square plot, as you might guess, had issues. too many factories, a lack of urban infrastructure, and a serious pollution problem. but for these same reasons, xu would be able to acquire the plot at an extremely low price. even then however, evergrande could not afford the required 5 million rmb down payment. but the company did convince the government to allow them to purchase the lot in installments. thus began evergrande's lifelong addiction. they went to a bank and borrowed. they borroed 6 million rmb. five of that went to the first installment, the down payment. the last million would be used to kick off construction. jinbi garden broke ground in june 1997. two months later in august 1997, the first round of housing sales opened up to the public. the company sold each unit at 2,800 rmb per square meter, or about $40 usd per square foot. this was below cost. it was a sales sensation, selling out in two hours. people lined up day and night to buy a house like as if it were an appple product. the company made 80 million rmb or &12 million usd in sales, giving it "their first bucket of gold" as they would like to say in chinese.

evergrande did not waste time. almost immediately they began development on 13 other plots in guangzhou simultaneously. by 1999, just two years founding, evergrande was guangzhou's seventh largest real estate company. they then rapidly expanded, refining their iternal procedures and business model. then in 2006, they began their national expansion, deploying 200 employees into wuhan, shenyang, chongqing and chengdu. the goal was to recreate 20 evergrandes in just 3 years. at this time, the company's balance sheet showed that it had 7.8 billion rmb or $1.2 billion usd in total assets. of that, it had 6.8 billion rmb or $1 billion usd debt.

7:43/33:03

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック