FC2ブログ

マイアミのコンドミニアムの崩壊:4つのエンジニアリング修正がそれを防いだかもしれません。 その3

マイアミのコンドミニアムの崩壊:4つのエンジニアリング修正がそれを防いだかもしれません。 その3
jeffostroff 動画翻訳

建築構造エンジニアの変更 No2

すべての柱の天井にドロップパネルを追加します。今私の意見では、すべてのガレージで、これはとにかく標準であるはずです。それはコンクリートの極厚のパッドを与えて、せん断応力に抵抗するのを助けるからです。繰り返しになりますが、フォートローダーデール・マリオット・ハーバービーチリゾートにいる間、それらのガレージで見たのですが、それらもこれらのドロップパネルを大いに活用していました。これが、天井までまっすぐに伸びる標準の柱です。そして、シャンプレーンタワーに対して行ったことを行う代わりに、ハーバービーチマリオットで行ったことは、上部にこれらのドロップパネルを追加することでした。したがって、これは、それらが形成した余分なコンクリートスラブのおそらく6インチほどのように見えます。そしてこれが何をするか、これはせん断応力に対して余分な強さを与えるということです。したがって、プールデッキの下のいくつかの柱にこれらを追加するだけで、プールデッキが崩壊するのを防ぐことができた可能性があります。せん断応力があると角度がそのようになりたいので、そのようにせん断応力で破壊されるとまるで携帯電話の塔またはキノコの頭のように見えます。しかし、この余分なパッド、この周りに形成されたコンクリートのこのドロップパネルは、その余分な強度を提供する価値があります。それは一般的にガレージで行われています。そして私は彼らがシャンプランタワーでこれを実装しなかったことに率直に驚いています。

これで、ガレージの残りの部分を見回すと、すべての列にそれがあることがわかります。 そしてそれらはまた角の保護を持っています。 これがどれだけ良いかはわかりませんが、これらの柱の角が欠けるのを確実に防ぎます。 本当に必要ないと思われる場合に備えて、鉄筋はその角の内側で1インチから3インチにしか設定されていないことを覚えておいてください。 そうです、車が時速5マイルで入ってくると、誰かが酔って、注意を払わずに衝突になります! あなたはおそらくそこの小さな塊を取ることができることを確認してください。 ですから、シャンプランタワーにはこれらがありませんでしたが、私はこれが大したことではないと思います。 建物が倒壊することはありません。 一緒に行って、他のもののいくつかを見てください。 もっと強化された強さを持っているのを見てください、私はここに思います。 それだけでなく、どうやってこれらの金属を手に入れたのか分かりますか? シャンプランタワーには柱にこれらがありませんでした。 しかし、ここではそれらがあります。金属の保護板を見ますか?車が問題を引き起こすことはないと思うのですが、それらがあることは良いことです。 今では、車が時速40マイルかそこらでコラムにぶつかったという報告があります。おそらくそれ以上でも柱は毎回勝ちます。 ここの柱の構造は、ドロップパネルが実際に強化を追加するものです。 そしてここであなたはそれらがガレージ全体にあるのを見ることができます。 ここにそれのより多くの例があります。 ガレージのいたるところにあります。

建築構造エンジニアの変更 No3

柱の上部に柱頭を追加します。繰り返しますが、これは私がいつも感じていたもので、すべてのガレージで標準化する必要があります。柱頭とは、上部の柱を広げることです。また、この柱の広がりは、せん断応力から私たちを保護するのにも役立ちます。柱頭について考えるとき、ドーリア式、イオン式、コリント式の柱が好きな古いギリシャ式の柱を思い浮かべます。しかし、今日は実際にははるかに機能的です。そして、あなたを保護し、これらの柱の上部により多くの力を与えるために特別に調整されています。ですから、これは具体的な構造からのものです。ネット、そして私は下のビデオの説明に彼らの記事へのリンクを置きます。ですから、これは2016年頃に起こったと思います。そしてこのガレージは請負業者によって不適切に建てられました。それで彼らは入ってそれを支えなければならなかったので、彼らが何をしたか見てみましょう。ですから、これは彼らができる修理の1つです。実際、これはすべてのガレージで設計によって行われるべきだと思います。とにかく柱で。つまり、鉄筋でこれを行うには、どれだけ余分な作業が必要ですか?したがって、柱が平らなスラブにまっすぐ上に来る代わりに、この柱頭をここに置くことで、柱が広くなることがわかります。したがって、この幅の広い柱頭を制作することで、せん断応力に対する弾力性が大幅に向上します。したがって、ここには、せん断応力の力に対抗する2つの異なる装置があります。この鉄筋がここにあるので、これがドローパネルのフォームです。だから彼らはここにドローパネルを作るつもりです。これらは、これらの柱に加えなければならなかった変更です。ここにいくつかの穴を開けただけです。ここに鉄筋を置きます。フォームの制作を開始します。さて、次のステップに進むまでに、これがあなたがここで見ているものです。それで彼らはそれをすべて組み立てて、木を所定の位置に置きました。彼らは注ぐ準備ができており、すべてが支えられています。そして、これがあなたの最終製品がここにどのように見えるかです。だから、彼らがこれらの素敵な広い柱頭をここに置いた方法がわかりますか?これだけで、おそらく私たちが見たせん断応力の一部を防ぐことができたでしょう。ここで、これらのドロップパネルで何をしたかを確認できます。これらは、先ほどお見せしたときにハーバービーチリゾートで見たドロップパネルよりもはるかに厚いです。ここでのこれらの柱は、幅が20インチまたは24インチのように見えます。 そして、それをシャンプランタワー南のこれらの柱と比較すると、建物が崩壊する前は、これらは16 x16の柱でした。 ここにあるものはすべて、12階建ての建物の下にあったことを覚えておいてください。 建物の下、プールデッキの下から出ると、さらに細くなります。 この静止画に見られるように、ここではフィオレラの現在有名なガレージビデオをご覧ください。 建物の南端の外に出ると、これらは12 x16です。覚えておいて下さい。 非常に単純な事です皆さん、柱幅を広くします。 今、私たちは皆、崩壊後も立ったままのシャンプランタワー南のマンションの一部で何が起こったのかを見ました。 それはまだそこにありましたね? 何が違うの? そして私は7月上旬に私たちのビデオの1つでこれをあなたに指摘しました。 建物のその部分には24インチの柱がありました。崩壊した建物の部分には16インチの柱がありましたが、これは少し狭すぎると思います。 私は20から24インチがはるかに良いと思っています。 建物の外にあるプールデッキの一部で、プールデッキだけがあり、それらの柱はわずか12インチ×16インチでした。 それで私はあなたに質問があります。 このコンドミニアムが崩壊するのを防ぐために、どのような建築またはエンジニアリングの変更を実装しましたか? 以下のコメントでお知らせください。 私はいつも他の人から他のアイデアを聞くのが好きです。

Miami Condo Collapse: 4 Engineering Fixes May Have Prevented It

architectural engineering change number two

add drop panels to the ceilings at every column. now in my opinion, in all garages, this should be the norm anyway. because it gives you an extra-thick pad of concrete to help resist punching shear. and again, while i was at the fort lauderdale marriott harbor beach resort, we saw in their garage, they also made great use of these drop panels. so here's your standard column going straight up to the ceiling, here. and instead of doing what they did to the champlain towers, what they did here at the harbor beach marriott, was they added these drop panels along the top. so this looks like maybe six inches or so, of extra concrete slab that they formed. and what this does, is this gives you extra strength against punching shear. so it's possible that just the addition of these onto some of the columns under the pool deck, could of prevented the pool deck from ever collapsing. because when you have a punching shear, the angle wants to go off like that, and like that, when it shears off, it creates almost like a, it looks like a cellphone tower, i guess you could call it when it's cut off, or a mushroom head. but that's worth having this extra pad, this drop panel of concrete formed around it here, will provide you with that extra stength. it's commonly done in garages, and i' frankly surprised that they did not implement this at the champlain towers.

now, as you look around the rest of the garage, you can see all of the columns have it. and they've also got the protection on the corners. i don't know how much good this does, but it certainly prevents the corners of these columns from getting chipped. and just in case you thinkyou really don't need it, remember the rebar is only set in maybe an inch to three inches, inside that corner. so yes, a car coming in, at maybe five miles an hour, somebody's drunk, not paying attention, boom! sure you can probably take a little chunk of there. so champlain towers didn't have these on there, but i don't think tha's a deal-breaker. that's not going to cause the building to collapse. go along, and look atsome of the other ones. see you have a lot more bolstered-strength, i think here. and not only that, you see how you got these metal? the champlain towers, they didn't have these on their columns there. but they have them here, see the metal guards? and those are good to have, because i don't think a car can ever cause a problem. now we've seen reports that have said that it would take a car hitting a column at 40 or so miles per hour, maybe even more, the column wins every time. the structure of the columns here would, the drop panel is what really adds to the beefing up. and here you can see they had it all over the garage. here's more example of it over here. all over the place, in the garage.

architectural and engineering change number three

adding capitals to the tops of our columns. again, this is something that i've always felt should just be automatic in every garage. a capital is a widening of the column up at the top. and this widening of the column also helps protect us against punching shear. now when you think of capitals on columns, you think of the old greek-style of columns thatyou like your doric, your ionic, your corinthian caps. but today are actually much more functional. and are geared specifically to protect you and give you more strengthto the tops of these columns. so this right hereis from concreteconstruction. net, and i'll put a link to their article in the video description down below. so this has happened back in, i guess in around 2016, or so. and this garage was built improperly by the contractor. and so they had to come in and shore it up, so let's take a look at what they did. and so this right here is one of the repairs that they can do. and actually this, i think should be done by design in all garages. with the columns anyway. i mean how much moreextra work is it to do this with the rebar? so instead of your column coming straight up into the flat slab, right there, you can see they make it wider by putting this capital here. so by making this wider cap, it makes it much more resilient to punchingshear. so you have two differentdevices here thatare opposing the forces of the punchig shear. so with this rebar up here, that's the form for your draw panel. so they're going to build a draw panel right here. these are the modifications they had to make to these columns. they just drilled some holes here, you put some rebar here. you start building the form. okay, so by the time you get to the next step, this is what you're lookingat here. so they got it all framed up, they got the wood in place. they're ready to dothe pour, everything's all shored up. and then here's what your final product looks like here. so you see how they just put these nice, wide caps up here? this alone, pobably would have prevented some of thet punching shear that we saw. so you can see here, what they did with these drop panels. these are much thicker than the drop panels we saw at the harbor beach resort, when i showed you that one earlier.
these columns here, look to either be 20 or 24 inches wide. and then you compare that to these columns at the champlain tower south, before the building collapsed, these were 16 by 16 columns. and remember, all of those over here, were underneath a 12 story building. and they're even skinnier once you get out from underneath the building, underneath the pool deck. so as we see in this still shot, here frm fiorella's now-famous garage video. memeber, these are 12 by 16s, once you get outside the southern edge of thebuilding. very simple folks, make the columns wider. now we all saw what happened in the part of the champlain towers south condominium that remains standing after the collapse. itwas still ther, ight? what was different about it? and i pointed thisout to you in early july on one of our videos. that part of the building had 24 inches columns,folks.
the part of the building that collapsed had 16 inch columns, which i think are a little bit too narrow. i'm thinking 20 to 24 inches is a lot better. and the part of the pool deck that's outside the building, where there's just pool deck, those columns were only 12 inches by 16 inches. but in my opinion,you can forget about the 16 side of that dimention. because if you haveanyforces going in the wrong direction, sheaaring throughthat 12 inches, that really means you've only got a 12 inch column, folks. hey, so i have a question for you. what would you have done? what architectural or engineering change would you have implemented in order to prevent this condo from collapsing? let us know in the comments below. i always like to hear other ideas from other peple.


16:25

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック