FC2ブログ

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その4

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その4

jeffostroff 動画翻訳

だから今ビデオに戻って、私は本当に私に飛び出す何かが他にあるかどうかを確認するつもりです。本当にそこには何もありません。 1979年の元の平面図の336ページのうち31ページにあるロビーの梁伏せ図を見て、少しズームインします。そして、私たちがどこにいるのかを覚えておいてください、皆さん、ここにLとMがあるので、傾斜路はここにあります。そのようなC字型を見ることができます。そこに、あなたはそれを見ますか?梁があります。梁33、34、35と書いてあり、両端がこれらの柱につながっています。フィオレッラのガレージビデオのスクリーン画像で今すぐお見せしますが、これがどこにあるか覚えておいてください。そして、柱27がここにあることを覚えておいてください。それは、どのように見たいかに応じて、M9.1またはM10です。違いはわずかインチです。ここに9.1があり、10がどのようになっているのかを確認してください。これは建物の南の境界です。したがって、これらは折りたたまれた柱です。だからあなたはそれとの関係を見ることができます。基本的には1つです。ここに柱27があり、駐車スペース27がここにあります。そしてそれらの柱はこのようにここに行きます。

だからここで私たちはガレージのフィオレッラのビデオを見ています、そして私はここでフリーズフレーム、スクリーングラブをしました。そしてここであなたはその大きなcの形を見ることができます。それは柱28ここから始まります。それはあそこまでずっと行きます、このようにここに来ますね?そして、ここに戻ってきます。だからあなたはそれがどれほど背が高くて厚いかを見ることができます。それが床にまっすぐに墜落したものです。さて、その下のこれらの柱はどうなりましたか?それらはただ崩れ、すべての重さから邪魔にならないように押しつぶしましたか?まあ、わかりませんが、それが私たちが見ていた残骸です。また、ここを見ると、「柱はなんでこんなに細いの?」とよく聞かれます。ええ、わかりません。これらは16 x 16です。これらの柱を今比較すると、わかりません。 1週間半前にアップロードした動画をご覧いただきたいと思います。しかし、数週間前に家族と一緒にフォートローダーデールに数日間滞在したときに、フォートローダーデールのマリオットハーバービーチリゾートのツアーのビデオを撮りました。そこにあるガレージの漏れをすべて指摘しました。ガレージの床に着地していた、非常にひどい損傷と崩れかけたコンクリート、そしてたくさんの破砕と錆びた鉄筋をお見せしました。だからあなたは間違いなくそれをチェックしたいはずです。

しかし、ハーバービーチマリオットが行っていることの1つは、ここのシャンプランタワーでは行っていないということです。これらの細い柱が天井にまっすぐに上がっているのがわかりますか? ここでは、フォートローダーデールマリオットハーバービーチの駐車場にあることがわかります。 ご覧のとおり、ここには非常に大きな柱がありますが、このように真上にパッドがあることがわかります。 そこで、先に進んで、図面のこれらの柱のいくつかに最初に付けた専門語のいくつかを修正します。 理由をお話しします。 「まあ、彼は自分が何について話しているのかわからないのですが、どうやって何が起こっているのかを知るのですか?」 それは問題ではありません。 つまり、私はすべてを丸で囲んだ。 ここで話している柱はわかっていました。 私は彼らが何であるかを知っていました。 確かに他のみんなもそうします。 しかし、多くの人々は、今ここでこれにラベルを付ける方法が間違っています。 だから私が何をしたのか、そしてなぜ私がしたのかをお見せしましょう。

だから、これが最初に起こったことと、なぜ私がちょっとボールを打って混乱し、ラベルを付ける方法がわからなかったのかです。建築家の元の平面図の336ページのうち9ページを見ると、ここにすべてがリストされています。 Lがここにあることがわかります。 K、J、I、H。これがどこに向かっているのかはすでにわかります。彼はすべての図面で標準を維持していなかったため、そこに列がありませんでした。それで最後に彼はここにいくつかの列を置きます、しかしそれらは合いません。これを見てください、彼はここに1、18、17、16、15を持っています、そしてこれは13だったでしょう。それでこれらは崩壊した列です。 10ページのようにここで一貫性を維持していれば、13であるはずですが、残りの図面全体で変更を開始します。だからここにあなたを連れて行きましょう。彼はまだ21ページまで同じようにそれらを持っています。しかしそれからここに枠組み図面があります。突然、彼はここで新しい戦術に切り替えます。今、彼はここで一番下の列を言っています、これらは崩壊した列です、今彼はそれが10であると言っています、そして今彼はここにLとMを持っています。ですから、これは多くの人が一緒に行ったようなものです。 しかし、皆さん、ここでもう少し行動をお見せしましょう。 ここにある別の枠組み図面で突然、同じ柱が9になりませんでしたが、9.1で横滑りしましたが、ここでわかる9.1の列はわずか数センチ離れています。 これにズームインします。 なぜこれが重要なのか、そしてなぜ誰もが異なる命名法を持っているのかをお見せします。 だからこそ、これを今ここでM10と呼んでいる人たちが、ここで柱を作っていると思います。あなたが見ると、9.1は実際にはこれらの柱の中心を通り抜けているので、間違っていると思います。 なぜ彼がこの10をここに持っているのかわかりませんが、私たちがここに来た場合、おそらくここにさらに何かがあることを除いて。 今、彼はその側に10.1を持っています。 だからこの柱は文字通り彼がそれを呼ぶ方法で図面のいたるところにいます。 したがって、この柱をM9.1またはM10と呼ぶことができます。 そのため、ここで上書きを実行するために戻ったとき、それをM9.1と呼ぶか、M10と呼ぶかを決めるのに本当に苦労しました。

両方のままにしておきます。そうすれば、混乱が生じた場合、人々は私が話していることを正確に知ることができます。なぜなら、それをM10とすると、「ねえ、それはM9.1です。あなたは間違っています。あなたは自分が何について話しているのかわからないからです。」は、そのままにしておきます。建物がまだスペース番号27を表していたときに、この列のガレージに27が印刷されているため、27の命名法をそのままにしておきます。私は常にこれを27/28の一種と呼んでいます。そしてこれは間違いなく11列目で、建物の外にあります。したがって、あいまいさはありません。それでは、図面に戻りましょう。見て、それでも彼らはそれを11.1と呼んでいます。それで、あなたはこれを何と呼びたいですか?それはばかげています。私たちはそれを11.1と呼んでいますか?だからこの男は非常に一貫性がなく、彼は私を非常にきちんとした建築家だとは思わない。実際、彼は1960年代にハリケーンで失敗した設計のために、取締役会から一時職務停止されました。そして彼はそれを訴えようとして負けました。それで彼は数ヶ月間職務停止されました。だから私にとってこれは驚くべきことではありません。私は彼がそれについてここで異なる間取り図の間で一貫性がなかった方法が好きではありません。ですから、このビデオが洞察に満ちていることを願っています。

Surfside Condo Collapse Site View NIST Video Ground Zero <4>

so now coming back to the video, i'm going to see if there's anything else that really jumps out at me. nothing really there. so as we look at the lobby framing plan here on page 31 out of 336 of hte original 1979 floor plan, i'm going to zoom us in a little. and remember where we're at, folks, cause here's L and M, so the ramp is right here. you can see that sort of a C shape. right there, do you see that? there's your beams. it says beam 33, 34, and 35. and they connect on both ends with these columns. and i'm going show it to you right now on the screenshot from fiorella's garage video, but remember where this is. and remember where our column 27 is right here, which is M9.1 or M10, depending on how you want to look at it. the difference is only inches. see how you have 9.1 here and 10. and it goes right through here through this. this are the southern border of the building. so these right here are those columns that collapsed. so you can see its relationship to it. it's basically one over. here's 27 right here, the parking space 27 is right here. and those beams go right here like this. so here we are looking at fiorella's video of the garage and i did a freeze frame here, a screen grab. and here you can see that big c shape. it starts over here on 28. it goes all the way over there, comes over to here like this, right? and then it comes back over to here. so you can see how tall and thick that thing is. that's what came crashing straight down onto the floor. now, what happened to these columns under it? did they just crumble and crush out of the way from the weight of everything? well, we don't know, but that's that piece that we were looking at. and also when you look here, people always ask me, " well, why were these columns so thin?" yeah, we don't know, these are 16 by 16. and if you compare these columns now, i don't know let me see. and i want you to look at the video that i uploaded a week and a half ago. but i did that video of a tour of the marriott harbor beach resort in fort lauderdale when i stayed there for a couple of days, a few weeks ago with my family. and i pointed out all of the leaks in the garage there. i showed you some really bad area of damage and crumbling concrete that was landing on the garage floor there, and lots of spalling and rusting rebar. so you definitely want to check out that. but the one thing that harbor beach marriott has going for it that they don't have going for them here at the champlain towers, you see how these skinny columns just go straight up into the ceiling? you can see here that in a parking garage at the fort lauderdale marriott harbor beach. and as you can see, they have really big columns here, but then you can see they've also got the pads right above them like this. so now we're going to go ahead and correct some of the nomenclature we originally had on some of these columns in my drawings. and i'll tell you why. "well, he doesn't know what he's talking about how is he going to know what's going on?" it doesn't matter. i mean, i had everything circled. i knew which columns here we were talking about. i knew what they are. certainly everybody else does too. but a lot of people are wrong in the way they were labeling this now here. so let me show you what i did and why i did. so here's what happened originally and why i just kind of balled and got confused and didn't know how to label stuff. because if you look at the architect's page 9 out of 336 here of his original floor plan, he's got everything listed here, right? so you can see L is here. K, J, I, H. so you can already see where this is going. he didn't maintain a standard across all of his drawings and then he didn't have the rows on there. so finally he puts some rows on here, but they don't jive. look at this, he's got 1, 18 here, 17, 16, 15, and then this would have been 13. so these are the columns that collapsed. they should have been 13 if he had just maintained a consistency here like on page 10, but then the whole rest of the drawings he starts changing them. so let me bring you down over here. he still has them the same way here all the way into page 21. but then here's the framing drawings now. all of a sudden he switches to a new tactic here. now he's saying the bottom row here, these are the columns that collapsed, now he's saying it's 10, and now he has the L and M over here now so this is sort of the one that a lot of people went with. but let me show you some more action here, folks. all of a sudden on another framing drawing here, those same columns, now they're no longer 9, he slips in a 9.1, but the 9.1st you can tell here, they're only inches off. i'm going to zoom in on this. i'll show you why this matters and why everybody has different nomenclature. that's why i think that people that are calling this now M10 here for the column, i think it's wrong because if you look, 9.1 actually goes right through the center of these columns. i don't know why he has this 10 over here, except that if we come over here, there's probably something further on over here. now he's got a 10.1 on that side. so this guy is all over the map literally with the way he calls it. so you could either call this guy M9.1 or M10. so that's why when i went back to do theis overlay here, i really had a hard time deciding should i call it an M9.1 or should i call it M10. so i'm going to leave it as both. that way, if there's any confusion, people will know exactly what i'm talking about, because if you put it as M10, "hey, that's an M9.1. you're wrong. you don't know what you're talking about." so i'm going to leave it like this. and i'm leaving the nomenclature of the 27 on there because this column has a 27 printed on it down in the garage when the building was still standing for space number 27. and i've always called this one sort of our 27/28. and then this one's definitely row 11, it's outside the building. so there's no ambiguity there. so let me go back to the drawing. see, and even then they call it 11.1. so what do you want to call this thing? it's just ridiculous. do we call it 11.1, you know? so this guy was very inconsistent and he doesn't strike me as a very neat architect. and in fact, he was suspended from the board for a design that failed under a hurricane in the 1960s. and he tried to appeal it and lost. so he was suspended for several months. so this to me is just not surprising. i don't like the way he was inconsistent among the different floor plans here about that. so i hope you found this video insightful.

19:51/28:13

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック