FC2ブログ

サーフサイドコンドミニアムの崩壊:これまでにわかっていること その3

サーフサイドコンドミニアムの崩壊:これまでにわかっていること その3

Practical Engineering グレイディさんの動画翻訳

このような悲劇は通常、多くの別々の要因が一致した結果であり、崩壊の一因となった可能性のあるいくつかの状況があります。 2020年にこの地域の陸と海のレベルの変化を研究している研究チームは、この建物の地域で年間数ミリメートルの異常な沈下を測定しました。 多くの地域住民は、地盤沈下とも呼ばれる長期的かつ大規模な沈下を経験していますが、サイトのさまざまな部分がさまざまな速度で沈下している場合、タワーの基礎に追加の構造的ストレスが発生する可能性があります。 また、瓦礫の写真の中には、特に柱と床の接続部で、元の設計図で要求したよりも鉄筋が少ないように見えるものがありました。 また、駐車場への地下水の定期的な侵入、隣接する高層ビルの最近の建設、および検討すべき建物の屋根への進行中の建設もありました。

これらすべての要因とさらに多くの要因が、崩壊の原因を調査している法医学チームによって再調査されます。これらの調査員の多くは、崩壊の原因の手がかりとなる可能性のあるがれきやがれきが文書化され、保存されていることを確認するために、復旧およびクリーンアップ作業中に現場にいました。建物の大部分は証拠として保存されているため、瓦礫は現場で選別され、目録作成のために近くの倉庫に運ばれました。これらの法医学チームのそれぞれがわずかに異なる質問に答えようとしていることを覚えておくことが重要です。サーフサイドの町は、崩壊の調査を開始するために、独自の調査員であるアリン・キルスハイマーを雇いました。サーフサイドには高層マンションが多数あり、市民の安全のために独自の調査が必要だと感じたのではないでしょうか。キルスハイマーが提供している他の重要なサービスは、情報に対する一般のニーズを満たすことです。そのため、サーフサイドの町を代表して彼がインタビューを行ったり、ニュース番組で話したりしているのを目にします。連邦レベルでは、米国国立標準技術研究所は、崩壊の完全な調査を開始すると発表しました。以前は標準局と呼ばれていたnistは、測定、材料、製造、エンジニアリングに関する多くの科学的研究を行っています。

2002年以来、彼らはまた、建物の崩壊が実質的な人命の損失をもたらす場合の失敗の原因を調査するための連邦政府の義務を負っています。彼らの調査は、鉄鋼、コンクリート、土壌試料の実験室試験、構造モデリングなど、おそらく最も徹底的なものになるでしょう。復旧作業中、彼らは、瓦礫が運び去られたときに詳細な記録を取り、非破壊検査を行って補強鋼を見つけ、コンクリート部​​材の特性を決定するための高度な機器を備えた現場にいました。彼らはまた、イベントの専門家、生存者、目撃者からのすべてのレポートと写真を確認します。彼らの最終報告書はおそらく完成するのに1、2年かかるでしょう。その調査の主な目的は、欠陥を見つけることではなく、構造工学と建設の分野における建築基準法と業界慣行の改善のための推奨事項を作成することです。保険会社、被害者、所有者、および設計者も、この悲劇の責任者を特定し、結果として損害賠償を請求する可能性があることを確認するための訴訟に関与します。それらの法務チームは、崩壊の詳細を調査する彼ら自身の専門家を雇うでしょう。しかし、彼らの焦点は、失敗の技術的原因よりも専門家としての責任を確立することに向けられます。最後に、郡は大陪審を呼び、建物の崩壊を調査した。大陪審は本質的に、さまざまな形で司法を管理するために使用される市民のグループです。

最も一般的には、大陪審は、人を犯罪で告発してから法廷で裁判にかけるまでのステップとして使用されます。ただし、コミュニティの代表として独自の調査を行うこともできます。大陪審が重大な過失または不正行為を発見した場合、崩壊の結果として犯罪捜査が行われることさえあります。それは、貧弱な設計、建設中の間違い、適切なメンテナンスの欠如、または3つすべての組み合わせでしたか?それが法医学チームが答えようとしている質問です。そして、期待を少し和らげるために、彼らは崩壊の最終的で明確な原因を見つけられないかもしれません。法医学エンジニアリングの難しさは、小さくて異なるパズルのピースから一連の出来事をつなぎ合わせようとしていることです。残念ながら、構造の下部で障害が発生した可能性が高いこの場合、これらのパズルのピースのほとんどは瓦礫の山に埋もれていました。この種の出来事は非常にまれであることを強調したいと思います。 2018年の検査報告書に示されているシャンプレーンタワー南のプールデッキの損傷は深刻ですが、隣接する建物自体の差し迫った崩壊を示すものではありませんでした。それから崩壊までの間にどれだけ悪化したかは正確にはわかりませんが、その報告書に示されている劣化のレベルだけに基づいて建物を避難させる構造エンジニアを見つけるのは難しいと思います。ほぼすべての建物は、適度なメンテナンスを行ってさえいれば、壊滅的な事態を恐れることなく40年以上も使用できます。最新の建築基準法は、まさにこの理由から、私たちの構造が冗長性と安全率で設計されていることを保証するように設計されています。私の心は、この言葉では言い表せない悲劇の犠牲者に向けられています。このようなことが二度と起こらないように、捜査官が崩壊とその原因の根底に到達できることを願っています。

Practical Engineering <3>

tragedies like this are usually the result of many separate factors coinciding, and there are several circumstances that may have contributed to the collapse. a researchteam studying changes in land and sea levels in the area in 2020 measured some unusual settlement of a few millimeters per year in the area of this building. although many arears experience significant long-term and large-scale settlement, also called subsidence, it's possible that if different parts of the site were settling at different rates, the tower's foundation could experience additional structural stresses. also, some photos of the rubble appeared to show less reinforcing steel than we called for in the original design drawings, particularly at the column-to-slab connections. there were also regular intrusions of groundwater into the parking garage, the recent construction of an adjacent high-rise building, and ongoing construction to the building's roof to consider. all of these factors and many more will be reviewed by the forensics teams who are alresdy investigating the cause of the failure. many of these investigators have been on site during the recovery and cleanup operation to make sure rubble and debris that may offer clues into the cause of the collapse are documented and preserved. major parts of the building are being preserved as evidence, so rubble was sorted on site and taken to a nearby warehouse for cataloguing. it's important to keep in mind that each one of these forensic teams is trying to answer a slightly different question. the town of surfside hired its own investigator, allyn kilsheimer, to begin looking into the collapse. surfside has a number of high- rise condos under their purview, so presumably they felt the need to conduct their own investigation for the safety of their citizens. another critical service that mr. kilsheimer is providing is to satisfy the public's need for information, which is why you see him doing interviews and talking on news shows on behalf of the town of surfside. at the federal level, the national institute of standards and technology announced that they would launch a full investigation into the collapse. formerly called the bureau of standards, nist does a lot of research and science around measurements, materials, manufacturing, and engineering. since 2002, they also have a federal mandate to investigate the cause of failure when a building collapse results in substantial loss of life. their investigation will likely be the most thorough, including laboratory testing of steel, concrete,soil specimens, and structural modeling. during the recovery operation, they were on site with sophisticated equipment to take detailed records as rubble was hauled away and performing non-destructive testing to locate reinforsing steel and determine properties of the concrete members. they will also review all the reports and photographs from professionals,survivors, and witnesses of the event. their final report will probably take a year or two to complete. the primary purpose of that investigation will not be to find fault, but rather to make recommendations for improvements to the building code and industry practices in the fields of structural engineering and construction. insurance companies, victems, owners, and designers will also be involved in lawsuits to try and establish who is at fault in this tragedy and potentially award damages as a result. those legal teams will hire their own experts who will be investigating the details of the collapse. however, their forcus will be toward establishing professional culpability more than the technical causes of the failure. finally, the county called a grand jury to examine the building's collapse. a grand jury is essentially a group of citizens used to administer justice in various forms. most commonly, grand juries are used as a step between accusing a person of a crime and trying them in court. however, they can also conduct their own investigations as representatives of their community. if the grand jury finds serious negligence or wrongdoing, there many even be criminal investigations that result from the collapse. was it a poor design, a mistake made during construction, lack of proper maintenance, or a combination of all three? that's the question the forensic teams will be trying to answer. and just to temper expectations a little they may not find a final and clearcut cause of the collapse. the difficulty of forensic engineering is that you're trying to piece together a sequence of events from small and disparate puzzle pieces. unfortunately, in this case where the failure likely began at the bottom of the structure, most of those puzzle pieces were buried in a pile of rubble. i want to emphasize that this type of event is extremely rare. the damage to the champlain tower south pool deck shown in the 2018 inspection report is severe, but it was not an indication of an imminent collapse of the adjacent building by itself. although we don't know exactly how much things worsened between then and the collapse, i think you'd be hard-pressed to find a structural engineer who would evacuate a building based only on the level of deterioration shown in that report. nearly all buildings, even with moderate maintenance, will last much longer than 40 years without fear of something catastrophic. modern building codes are designed to ensure that our structures are engineered with redundancies and factors of safety for exactly this reason. my heart goes out to the victims of this unspeakable tragedy. i hope that investigators can get to the bottom of the collapse and its cause so that something like this never happens again.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック