FC2ブログ

サーフサイドコンドミニアムの崩壊:これまでにわかっていること その2

サーフサイドコンドミニアムの崩壊:これまでにわかっていること その2

Practical Engineering 動画翻訳

しかし、水漏れは住民にとって単なる迷惑だけではありませんでした。鉄筋コンクリート構造自体が徐々に劣化していました。コンクリートと鉄筋に関する一連のビデオを制作したので、詳細が必要な場合は、そのプレイリストを以下にリンクします。鉄筋コンクリートは、丈夫で耐久性があり、比較的安価で、ほぼすべての形状に鋳造できるため、非常に用途の広い建築材料です。良くも悪くも、それは現代世界で最も遍在する建築材料の1つです。しかし、他のすべての建築材料と同様に、弱点があり、時間の経過とともに劣化する問題があります。これらの弱点の中で最も一般的なものの1つは、鉄筋の腐食です。埋め込まれた鉄筋は通常、コンクリートの不浸透性の覆いとそのアルカリ性によって腐食から保護され、鉄筋の周りに保護酸化物層を作成します。ただし、時間の経過とともに、コンクリートを流れる水が特定の成分に到達し、コンクリートの多孔性とアルカリ性が低下する可能性があります。これにより、鉄筋が腐食しやすくなります。これは、海からの塩分を含んだ空気が塩化物イオンを内陸の構造物に運ぶ可能性がある沿岸地域で特に当てはまります。塩化物イオンがコンクリートを飽和させると、鉄筋の周りの保護酸化物コーティングの劣化が加速します。腐食は鉄筋を弱めるだけでなく、体積を膨張させ、鉄筋コンクリート構造内に圧力を発生させます。最終的に、腐食は圧力が高すぎるポイントに達する可能性があります。周囲のコンクリートが壊れて、ひび割れ、剥がれたコンクリートの小さな領域である破片、または鉄筋のマットに沿ったコンクリートの部分が完全に分離されている層間剥離につながります。鉄筋がコンクリートで囲まれ保護されなくなると、腐食ははるかに速く進行し、最終的には構造上の破損につながる可能性があります。

エンジニアリングおよび建設業界は、主に連邦高速道路局と国際コンクリート修理研究所のおかげで、過去30年間でコンクリート構造物の設計と建設に大きな改善をもたらしました。ただし、シャンプランタワー南は、現代の建築基準法に過酷な沿岸環境でのコンクリート構造物のベストプラクティスが含まれる前に設計および建設されました。タワーを視察した技術者は、プールデッキの問題点を強い言葉で指摘し、近い将来、防水の交換に失敗すると、コンクリートの劣化の程度が指数関数的に拡大することになると指摘しました。水、特に塩水を鉄筋コンクリートから遠ざけることが重要です。不十分な防水が失敗の原因であることが判明した場合、それは初めてではありません。 2012年、オンタリオ州エリオットレイクのアルゴセンターモールの屋根が崩壊し、2人が死亡しました。崩壊の原因は、不適切に防水された屋上立体駐車場からの漏れによって引き起こされた建物の鉄骨フレームの腐食でした。現在の調査報道のほとんどからのシャンプランタワーの崩壊に関する一般的な理論は、特にプールデッキの故障が崩壊に先行したため、トリガーまたは少なくともビルディングの崩壊の主要な要因としてプールデッキを中心にあげております。

ただし、デッキ床は建物自体をサポートしていないため、崩壊におけるデッキ床の破損の役割については確信が持てません。 監視ビデオで見られるものは、構造の下の1つ以上の柱の破損を必要としたでしょう。 可能性の1つは、デッキ床が中間の柱を突き抜けて、建物の下の柱からシートのようにぶら下がるようにすることです。これは、懸垂行動と呼ばれることもあります。 ぶら下がっている床からの力が、建物の下の柱に耐えるように設計されていない方法で荷重をかけ、座屈させた可能性があります。 それがどのように起こったのかについての彼のアニメーションを共有してくれたマイク・ベルに感謝します。 ただし、これら柱が破損した正確なメカニズムはまだ不明です。

Practical Engineering <2>

but the water wasn't just a nuisance to residents. it was slowly deteriorating the reinforced concrete structure itself. i've produced a series of videos about concrete and steel reinforcement, so i'll link that playlist below if you want more details. reinforced concrete is an extraordinarily versatile building material because it is strong, durable, relatively inexpensive, and can be cast into just about any shape. for better or worse, it is one of the most ubiquitous building materials of the modern world. but like all building materials, it has its weaknesses and is subject to deterioration over time. one of the most prevalent of those weaknesses is the corrosion of steel reinforcement. embedded steel is usually safeguarded against corrosion by the impermeable covering of concrete and its alkalinity, which creates a protective oxide layer around the steel. however, over time, water flowing through concrete can reach certain constituents out, making the concrete more porous and less alkaline. that makes the steel more subject to corrosion. this is especially true in coastal areas where salt laden air from the sea can carry chloride ions toward inland structures. when chloride ions saturate the concrete, they accelerate the degradation of the protective oxide coating around the steel. corrosion doesn't just weaken steel, it also causes it to expand in volume, creating pressure within a reinforced concrete structure. eventually the corrosion can reach a point where the pressure is too much. the surrounding concrete breaks away, leading to cracks, spalls which are small areas of flaked off concrete, or delamination, where parts of the concrete along mats of reinforcing steel are completely separated. once the steel is no longer surrounded and protected by concrete, the corrosion can progress much more quickly and may eventually lead to a structural failure.the engineering and construction industries have made huge improvements in design and construction of concrete structures in the past 30 years thanks in large part to the federal highway administration and the international concrete repair institute. however, champlain towers south was designed and built before modern building codes included best practices for concrete structures in harsh coastal environments. the engineer who inspected the tower pointed out the problem with the pool deck in strong language, starting that failure to replace the waterproofing in the near future will cause the extent of the concrete deterioration to expand exponentially. keeping water, especially salty water, away from reinforced concrete is vital. if inadequate waterproofing turns out to be the cause of the failure, it won't have been the first time. in 2012, the roof of the algo center mall in elliot lake, ontario collapsed, killing two people. the cause of the collapse was corrosion of the building's steel framework instigated by leaks through the improperly waterproofed rooftop parking deck. the prevailing theories about the champlain tower collapse from most of the current investigative jounalism centers around the pool deck as a trigger or at least a major factor in the bilding's demise, especially because the pool deck failure preceded the collapse. however, there is less certainty about what role in the collapse the failure of the deck slab had, since it does not provide any support ot the building itself. what we see in the surveillance video would have required failure of one or more columns below the structure. one possibilitty is that the deck slab punched through intermediate columns such that it was hanging like a sheet from the columns below the building, sometimes called catenary action. the forces from the hanging slab could have loaded the columns below the building in a way they were't designed to withstand, causing them to buckle. thanks to mike bell for sharing his animation of how that might have happened. however, the exact mechanism in which those columns failed is still unknown.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック